犬の口腔ケア~我が家ではこうしています(7)


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

犬の口腔ケアシリーズ、そろそろ終盤にさしかかってきました。

 

「今回のシリーズ、とても興味深く拝見しています。
いつもよりじっくり読んでいます!」

 

と言うメールもたくさん頂戴しています。

 

今日は飼い主さんの体験談をお届けする最後の回になります。

 

アロマを使った口腔ケアについては
後半でお話していきますね。

 

———————————————————–

 

諸橋さん、こんにちは。
アンケート等に参加を怠っていますが、
メールはしっかり読んでいます。

 

うちの子の歯磨きは、パイル地の指サック型の物を使っています。

 

歯磨き嫌なんでしょうね、
指入れるとクチャクチャして磨かせてくれません(笑)

 

おかげで歯石が奥歯に。犬歯の付け根にもついてしまいました(反省)

 

歯ブラシも挑戦したら、歯茎から出血させてしまい、
申し訳なくて、たまに使う位になっています。

 

確かに、病院では口頭、ザックリ説明でした。

 

友達ワンコは、歯磨きガムを活用しているそうです。
うちの子はまだ、口を触らせてくれるから良いですが、
触られるのが嫌な子は、悩みどころですよね。

(網田 利恵さん)

 

———————————————————–

 

こんにちは
いつもメルマガ楽しく読ませていただいています。

 

今回は歯磨きとのことですが、
我が家の犬2匹 はなこときなこ
小さい時から、体のどこを触っても怒らない子なので、
家に来た時から、多少抵抗はしますが、
歯磨きをさせてくれます。

 

一日の終わりにブラッシングと歯磨きとセットにしています。

 

病院で買った歯磨き粉 (チキンの味) を
乳幼児用の歯ブラシにつけて磨きます。
その時2匹とも横になっている状態です。

 

週一回自宅でシャンプーする時に、
指でこすります。

 

あとは、鹿の角を与えています。

 

歯は、大事にしたいと考えていますので、
毎日のケアを大切にしています。

 

(ももの母ちゃんさん)

 

———————————————————–

 

うちの愛犬ナッツ(トイプードル11ヶ月)は歯磨きをしたことがなく
昨日犬用の歯磨き粉を購入しました。

と言うのもデンタルケア用品を試したことがない訳ではないのですが
すぐに飽きてしまいデンタルケアが出来ていないのでは?
と感じたからです。

色々やった結果、デンタルガムが噛み噛みしてくれているみたいです。

(つり丸さん)

 

———————————————————–

 

いつも、メールありがとうございます。

ご質問のデンタルケアについてですが、
我が家の愛犬は13歳のコーギーです。

 

もともと、歯がもろいらしく、乳歯も大人の歯も、
犬歯?はわずかですが、先端が欠けてしまい、
奥歯も4歳位の時に骨をかじっていて欠け、
歯髄が見えてしまって、
人間の歯医者さんを息子に持つ獣医さんで埋めてもらいました。

 

その後も振り向いた拍子にコンクリートの段差にぶつけ、
歯が2個に欠けて、抜歯したりと、デンタルそのものが
事件の連続でしたね。

 

従って、できるだけ無理をせずにケアするように、
飲み水にマウスクリーナーを混ぜたり、
口にスプレーして歯石除去するものを使ってます。

 

やはり、直接スプレーするものは、飲み水に混ぜる物より、
効果が出やすいと思います。参考になれば幸いです。

(山田 ひろみさん)

 

———————————————————–

 

我が家のかかりつけの動物病院の先生は
歯のケアに比較的積極的に取り組んでいます。

 

以前からリーバⅢや、バイオティーンという
口腔内環境を改善するジェルを扱っています。

5歳のポメラニアンは噛みぐせがひどく、
今でも歯磨きは苦労しています。

 

年令とともに歯石が付いてきてしまい、
歯茎も腫れ始めてしまって今春、先生に相談しました。

まずヒルズのt/dにごはんを変えて様子をみました。

 

噛むコでないと効果は期待できませんが、
ごはんやおやつは比較的噛んで食べるほうなので
奥歯にびっしり付いていた歯石は本当に取れてしまいました。

おかげで腫れも徐々に改善されました。

 

今もおやつ代わりに何個かあげて、
後はジョイペット歯みがきシートで磨き
バイオティーンを塗っています。

このバイオティーンはおいしいのか(2匹とも)
舐めてくれるので塗りやすくとても助かっています。

 

4歳のポメラニアンは口を開けるのが大嫌いです。
触ろうとするだけで口を開かなくなってしまいます(涙)

ごはんも飲み込んで噛まずに食べるほうです。

 

去年は歯石取りをしてもらいました。

が、かなり酷い状態の歯が何本もあり抜歯を。
ついつい嫌がるのをいい事にケアをしてあげられず、
かわいそうな事をしてしまいました。

 

今は歯みがきシート、バイオティーン、デンタルジェルでケアしています。

下の歯はいまだに磨くことができませんが、
先生に聞いた所上の歯の方が付きやすから大丈夫と言われました。

 

あと前歯は敏感らしいのでそっと触ってケアしています。

長文になりましたが以上です。

(匿名希望さん)

 

———————————————————–

 

諸橋様

ここ最近のメルマガの「歯磨き」には、
いつもよりじっくり読んでいる気がします。

ウチのワンコ(ラブ♂9歳)もかなり歯磨きが嫌いです。

レッスンに行っている先生に薦めて頂いた、
合同会社アジルが販売元のデンタル専科(ペット用歯磨き剤)を
使用しています。

 

人間の歯磨き粉みたいな感じです。
使用していても、口の中を触られるのや、歯磨きが嫌いで、
きちんと磨けません。

なので奥歯は歯石だらけです。

今日のメルマガで、「歯石トルン」の存在を知り、
ソッコーでポチッと購入しました。

 

歯磨き剤は歯石が取れてからではないと意味がないらしいです。

また次のメルマガも楽しみにしています。

それから、先日肉球クリームを購入したのですが、
肘のカサカサに塗っても大丈夫でしょうか?

 

中飼いではないので、肘がカサカサで破傷風などに
なるかもしれないのが心配です。

そういうお話など勝手に期待してます。(老犬の床擦れなども心配です。)

(ハンコさん)

 

———————————————————–

 

網田 利恵さん
ももの母ちゃんさん
つり丸さん
山田 ひろみさん
匿名希望さん
ハンコさん

 

貴重な体験談をありがとうございました。

 

また、非公開希望で体験談をお寄せ下さった皆様にも
まとめての形となりますが
ここでお礼を申し上げます。
ありがとうございます。

歯磨き→その後、口内細菌が増えないようスプレー等でケアを
されている飼い主さんが多い、ということが分かり、
私自身も「マウススプレー」を製品化することで
アロマの抗菌・除菌ケアを希望される飼い主さんのお役に立てそうなことが
明らかになりました。

 

ところで、前回のメールマガジンにも書かせていただいた
アロマ精油を用いた口腔ケアですが…。

https://www.officeguri.com/archives/3911

 

現在、我が家の犬たちの口腔ケアに「アロマスプレー」を使用し
良好な結果を得ています。

 

さすがに口の中にスプレーをされるので、犬たちは「いい顔」はしませんし
スプレー後はびっくりしたような顔で
舌を何度もぺろぺろしていますが
アロマ精油を使ったマウススプレーを使用した際
こういう反応は正常なので、よしとしています。

 

 

ぐりの口臭も最近ではほとんど無くなりましたし
歯磨きと併用することで、
今後も口腔ケアに役立てることができそうです。

 

そこで…。

 

もし、○○さんがこの「アロマ精油による犬の口腔ケアスプレー」に
関心がおありでしたら…。

 

有料とはなりますが、
近日実施予定の「アロマ精油口腔ケアブレンド」の
モニター募集のご連絡を後日差し上げたいと思いますので
下記のURLをクリックしておいていただけないでしょうか?

 

(但し、てんかんをお持ちのケース、
6カ月未満のパピー、妊娠中の犬の場合は、
アロマテラピーは避けて頂くことをお勧めしています。

その他特定の疾患をお持ちのケースの場合は
獣医師にご相談の上、ご使用いただくケースがございますので
ご了承ください)

(リアルタイムでメルマガをご購読中の読者の方のみご利用いただけます)

 

 

*リンク先はOffice GuriのFacebookページです。

*クリック以外のアクションをしていただく必要はございません。

*時々、「申込みフォームがどこにあるかわかりません」という
お問い合わせをいただきますが、
クリックしていただくことで、後日クリックされた方にのみ
ご案内を差し上げるシステムになっております。
フォームによるお申し込みなどは必要ございませんので
あらかじめご了承ください。

 

2013年10月9日の18時までにクリックしていただいた方にのみ
後日、有料モニターのご案内を差し上げます。

 

本日は以上です。

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


アロマ精油を口腔ケアにどう活用する?:犬の口腔ケア~我が家ではこうしています(6)


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

今朝、レモン精油を2滴垂らしたコップの水でうがいをしたところ
爽やか過ぎてかなりハマリそうな予感です…。

 

私の手元にあるアロマ精油による口腔内微生物の抑制実験データ…によると
お勧めの精油の代表が3種類。

 

その精油を単独で使った場合と
混合液にした場合のデータの比較等が載っていて
非常に興味深いです。

 

私は普段、柑橘系の精油はあまり使用しません。

 

理由は、

 

●柑橘系の精油は劣化が他の精油に比べて早いこと。

●果皮から採取する精油は特に農薬などの影響が懸念される。

 

というあたり。

 

なので、犬用の製品に「柑橘系の香りが欲しい」場合は、
レモンユーカリ、シトロネラ、レモングラスと言った
香りはレモンぽいけれど
植物の分類としては全然柑橘系でない精油を
使うようにしています。

 

もしレモンの精油で安全なものを、となると
健草医学舎が輸入元である、この品質の精油が私個人のお勧めとなります。

レモン 【プラナロム精油】10ml
https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&458m1

 

健草医学舎では精油の輸入に対し、
農薬に汚染されていないものを輸入するために
ロット毎の精油サンプルを取り寄せ、
主に使用される農薬29種類のチェックを行っています。

 

なので、口腔内にも私自身、安心して使用している次第です。

 

精油のお話はメールの後半で引き続き…。

 

さて、今日も読者さんからの
「犬の口腔ケア体験談」メールをご紹介していきますね。

———————————————————

こんにちは。

歯磨きについてお答えさせていただきます。

トイプー♀ 5歳の子がいます。
うちの場合はほぼほったらかしでとてもお口が臭いです。
そんななので、結構歯石がついてしまいました。
歯磨きをしないといけないのは分かってるのですが、
嫌がるのとめんどくさいのとでなかなかできないのが現状です。

 

以前、トリマーさんに麻酔なしで
スケーリングしてもらったことがあります。

それ以来しばらくはガーゼタイプの指にはめる歯磨き
でちょいちょい磨いていましたが、
まただんだんしなくなってしまいました。
今また、歯石が付き始めています。
そうなると焦って磨いてもなかなか取れないんですよね。

 

ジェルタイプの歯磨きをたらしたり、
お水に入れるタイプのものを入れたり中途半端なことをしています。

しつけの先生はみんなしっかり歯磨きをしていて、
たまにスケーリングもするみたいですよ。

(Mackeyさん)

———————————————————
歯磨きについての体験談。

ホワイトのミニチュアシュナウザー、
5歳♀(避妊済み)の飼い主です。

歯磨きは、メルマガに書かれていた指に巻き付けるタイプのシートと
ワンコ用歯ブラシ&ペーストを併用しています。

 

最近はブラシ&ペーストで週に2、3回、磨いてやります。
口臭が気になるときは、散歩後の足洗いといっしょに
「歯磨きタイム!」と宣言して始めます(笑)。

 

決して喜んでる顔はしませんが(笑)、
ぐりくん同様に諦めつつ(笑)、
半分、顔を向こうへやって嫌々しながら、
我慢して付き合ってくれてます。

 

シートタイプのほうが犬歯や奥歯の裏側などやりやすいのですが、
ブラシのほうが歯間まできれいに磨けるような気がしているので、
普段はシートでささっと、週に1、2回はブラシでしっかり磨く、
という併用が一番いいのかなとは思っています。

 

ブラシでは強く磨かないように気をつけていますが、
ときどき血が滲むのか、ブラシが赤くなるので、
一度、歯の健康診断も受けさせようと思っていますが、
普通の街中の獣医さんて、歯科医師みたいな役割も担うのでしょうか?
(人間だと別々だけど、獣医はマルチに兼ねちゃうのですかね?)

 

嫌々はするけど、噛まれたことはありません。
歯磨きをしたからといって、
ご褒美のおやつをあげたりすることもありませんが、
まあまあお利口にしてます。

 

「しょうがないな~付き合うか」って感じでしょうか?

といった内容で体験談になりますでしょうか?

よろしくお願いします。本間@横浜

 

(本間 修さん)

 

———————————————————

はじめまして、ビーのぱぱです。
いつも為になるメルマガをありがとうございます。

今回とても興味のある内容でしたので早速ですが、
お話させていただきます。

 

我が家の歯磨きは幼犬の頃からやっております。
もともと歯並びの悪さが原因で格安犬だったのです。
2匹同時に2ヶ月齢で販売されていて、
幼いビーグルの片割れは8万円、愛犬は3万円でした。

振り返ると何だかとてもムカつきますが、お金の問題ではなく、
迷わず愛犬を選び、
その日のうちに我が家に連れ帰りました。

 

その後3日目にパルボ発症。

一時は「生存確率は恐らく半分もないかと。諦めてください」
とまで言われましたが、無事生還。

以後は衛生面を重視し、ワンコ育児、ケアをしてきました。

7歳のシニア犬になりましたが、
歯磨きは幼犬から今までほぼ毎日しています。

乳歯の並びが悪かったせいか、
永久歯の犬歯が前の歯と重なって生えてしまったため、
歯磨きをサボると歯石がすぐに溜まってしまいます。

 

赤ちゃん用のお口拭きウェットティッシュに
歯磨き粉(アースリーフ デンタルジェル)をつけてゴシゴシし、
その後歯ブラシで磨き、
仕上げに「シグワン ハミガキサプリ スプレー」を左右犬歯にシュッして、
ご褒美にグリニーズを与えて終了です。

 

気になる部分は1日1本、奥歯内側以外が限界ですが、
スケーラーでやさしく削ります。

 

一時期、歯磨きと併用して硬いガムをあげていたら、
奥歯が折れてしまいました。

 

以来、硬いものやおもちゃも噛まなくなってしまいました。
デンタル専門の動物病院に治療の問合せしましたら
30万~50万と言われ断念。保険が使えないようです。(ワンコ保険)

 

仕方ないので、かかりつけの獣医に聞きましたら、

 

「犬に硬いもの噛ませても歯磨きにはあまりなりませんよ。
一生懸命齧ってしまい、返って歯を傷めることにもなりかねない。
実際ひずめで歯が折れた子もいます。
今後は食べ物の厳選とケアをしっかりしてあげて」

 

と言われました。

 

以上の経緯があり、今までさまざまな道具や商品を使用してきました。
今の歯磨きジェルが終わったら「歯石トルン」という
特殊和紙で出来た指に巻いて磨くタイプを使う予定です。

 

和紙はお試しで10日間使用しましたが、
歯が綺麗になったのでビックリしました。

 

口臭も若干気になってきたので、
シグワンからリーバスリーに替え、併用しようと思ってます。

 

歯磨きの仕方からだいぶ話がそれてしまい。大変申し訳ありません。

いろんな歯磨きグッズや仕方を知りたいと思いますので、
出来ましたらメルマガには沢山の読者の意見を掲載していただけたらと思います。
長文にて失礼しました。

(ビーのぱぱさん)

 

———————————————————

歯磨きについてのアンケート

 

我が家には、4チワワと1ゴールデンの計5ワンコがおります。

歯磨きについては、私も悩んでまして、
チワワ達は人間の赤ちゃん用の歯ブラシと、
シートを指に巻いて使うデンタルケアをしています。

 

チワワの中でも歯磨き嫌いの子は、
なかなか歯磨きをさせてくれず、歯石が。。。

近くの獣医さんで、麻酔しないと取れないと言われたので、
歯石が溜まってきたら、抵抗出来ないように、
タオルでぐるぐる巻きにして、自宅で歯石を削り取ってます。

 

ゴールデンは、生後7ヶ月でカミカミ大好き!
特にブラシが大好きです。

歯ブラシは一瞬でボロボロにしてしまうので、
お掃除用の大きなブラシ(毛の柔らかい目のもの)をカミカミさせながら、
その隙にデンタル用のシートを指に巻いて磨いてます。

毛の柔らかいお掃除ブラシは、我が家で大活躍しております。

(テンママさん)

———————————————————

 

いつも楽しみに読ませていただいてます。

うちはイエローラブの4才女の子がいますが
歯磨きはほとんどやらないですが
週に2回ほど牛の膝の骨をかじらせています。

あと鹿の角など噛ませています。

それでも歯石がついてしまったら
スケラーで取るようにしていますがほとんど着かないです。

前にいたお婆さんラブも16才で亡くなりましたが
歯は全部抜けずにありました。

犬種や歯の丈夫さによると思いますがこまめにチェックしないと
歯石は直ぐについてしまうと思います。

(メイプルさん)

———————————————————

こんばんは。

歯磨きについて。お答えさせて頂きます。
家の神一は、今月28日に2才になる男の子です。
生後約3カ月で家に着ました。
そうですね、私の手もとに来て、
すぐぐらいから(乳歯の時)歯磨きを始めました。

なので、口元であろうが、どこを触っても大丈夫な子です。

基本、夜にディープケアをする事にしていまして、
まず最初に蒸しタオルで体を拭きます。

 

その時、神はゴロンします。

 

それが終わると歯磨きですが、
私が「歯~」というと分かります。

私の膝の上に仰向けし、上からハブラシを持っていきます。
ちょうど人間の赤ちゃんの歯を磨くスタイルです。

歯磨きが終わると、pet-cool で目、口の周りをスプレーし、
ぬれナプキンで拭き涙焼けや、
口の周りの黄ばみが付かないようにします。
ついで耳の中も拭きますよ。

 

触る前に、「口、 目、 耳」 とか短い言葉で声をかけてやります。
言葉覚えるんですね。

白色のミニチュアシュナウザーですので汚れが目立ちますから、
最低限この位毎日しています。
ですので、今のところ、白い歯と白い毛は保たれているようです。

一つ困ったことは、歯磨きペーストの味が好きなんでしょうか、
私が歯を磨きだすと、ジーっとこちらを見たら近寄って来て
「ちょっと舐めさせてよ~」 と来るんです。

(yumiさん)

———————————————————

こんにちは。

シェルティ7歳の女の子を飼ってます。

 

かかりつけの獣医さんから
大人になってからでは嫌がってしまうと言われ
ウチに来た時から歯磨きはやってます。

私も歯磨きの重要性を色々勉強しましたので、
講習会にも行き歯磨き方法を学びました。

 

まず、ガーゼでざっと口の中の汚れをぬぐい、
人間用の馬の毛の歯ブラシでやさしく磨いていきます。

うちの子は歯がとても小さいので、それで取りきれない部分は
人間用のワンタフトという1本用の歯ブラシを使います。

上の奥歯の頬側と歯と歯茎の境目に
特に歯石がつきやすいので重点的にやります。

 

歯磨き講習会の先生はメーク用の先のとがった綿棒もオススメと言ってました。

 

ウチは歯磨きペーストは使わずに歯ブラシを水でぬらしながらやってます。

歯茎が赤くなって炎症を起こしている時は
須崎動物病院のエキスをつけます。

最後に乳酸菌を塗りこんで終わりです。

 

本当は毎日やった方がいいのですが、
2日に1回になってしまうこともあります。

歯石がついてしまう周期が何時間が忘れましたが、
2日は空けないほうがいいそうです。
長くなりましたがこんな感じです。

(角田 眞由美さん)

———————————————————

Mackeyさん
本間 修さん
ビーのぱぱさん
テンママさん
yumiさん
角田 眞由美さん

体験談のメールをお送りいただきありがとうございます。

歯石トルンが人気ですね。

前々回のメルマガでご紹介しましたが
静岡のペット食育指導士:亀本 眞弓先生も
お勧めしてくださっています。

https://www.officeguri.com/archives/3883

 

ちなみに今調べてみたところ、200円(送料別)で
お試しパック(10枚)を購入できるところを見つけました。

●「歯石トルン」お試しパック
https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&458m3

私も非常に気になるので
このメールを配信した後に、早速オーダーしてみようと思っています。

また、「ワンタフト」という形状が特殊な歯ブラシも
今回メールで情報をお寄せいただきましたが
私自身も実は、過去に矯正中の歯を磨くのに使用していたことがあります。

●歯科向 プロフィッツ ワンタフト
https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&458m4

 

先のとがった形状なので、
確かに「犬の小さな歯と歯の隙間」を磨くのには便利そうですよね。

たくさんの具体的な方法をお寄せいただき、本当にありがとうございました。

 

 

さて、ここからアロマの話をしようと思います。

冒頭で、私自身が精油を使った歯磨き後のうがいで
口腔ケアをしていることをお話ししました。

アロマの精油には、抗菌・殺菌効果を持つものが多いですし
それを口をすすぐマウスウォッシュなどの形で水で薄めて利用することで

 

●患者さんの口臭が減少した

●菌の培養試験で明らかに有意な効果が認められた

 

という実験をされている歯科医師の方もいらっしゃいます。

 

ただ、これを犬に応用するとなると
ちょっと問題があります。

 

犬は「うがい」ができません。

 

つまり、口に含んだ水を、口の中をすすいだあと
吐きだす、という行為ができなということですね。

 

そのため、基本的にアロマ精油を使った口腔ケアを考えた場合

 

●呑み込んでも安全な濃度でスプレーを作成し、
 なおかつ1日の使用回数を守る

●または、希釈した精油をティッシュなどに含ませ
 歯を磨く際に使用する

●呑み込んでも安全な、残留農薬などが無いことが
 証明された精油を使用する

 

と言う部分が重要になってきます。

 

実際に、海外のアニマルアロマセラピストの書籍を参考にすると
醸造アルコールと精油、水を使ったマウスウォッシュレシピが多いようです。

 

または、植物オイルで希釈した精油を
直接口に垂らす、といった方法ですね。

 

ただ、植物オイルで希釈といった使用方法の場合
思いがけず大量の精油成分を摂取することにもなりかねないので
アロマテラピーの専門的な教育を受けた飼い主さんでないと
難しいのかもしれない、と考えています。

 

では、飼い主さんが楽に、特に難しい知識無しでも
アロマ精油を口腔ケアにどうしたらいいのでしょうか?

 

次号で引き続きお話ししていこうと思います。

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


歯垢(プラーク)を放置するとどうなるの?:犬の口腔ケア~我が家ではこうしています(5)


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

昨日はアロマの口腔ケアスプレーの試作品を作り
我が家の犬2匹に使用しました。

 

私も使ってみましたが非常に爽やかです。

 

ただ、犬は渋い顔でしたし
2匹のラブラドールのうち、年上のぐりさんは
走って逃げて2階の寝室まで逃げました。

 

今回のスプレーは口内細菌のバイオフィルム形成を
妨げることが実験で証明されている組み合わせと濃度で作成していますが
個人的には結構やみつきにやりそうな爽快感です。

 

バイオフィルムについては後ほど…。

 

さて、今日も読者さんからの
「犬の口腔ケア体験談」メールをご紹介していきますね。

 

———————————————————

 

我が家の歯磨きは、小さな頃から、
大好きなヨーグルトを歯磨き粉代わりにまずは舐めたり噛んだり、
口の中で歯ブラシを慣らすことから始めました。

 

愛犬にとって歯磨きは、あまり好きではないようですが、
ペロペロ舐めているので、なんとか現在でも続けられています。
褒めることも忘れずにしています。
「すごいね~」「上手だね~」と言っています(笑)

 

歯ブラシは、最初、人間の子供用を使っていましたが
前歯を磨くときにとても嫌がりました。
犬用の360度ブラシがあることを知り、試してみるとGOODでした!
ブラシが短く歯ぐきにも優しく痛くないようです。
磨きやすいので愛用しています。

 

体制は、椅子に愛犬と並んで座って、横から磨いています。

 

外側の歯は磨きやすいのですが、内側はやはり難しいです。
無麻酔の歯石取りを一度試したことがあります。
現在、9歳のミニチュアダックスです。
年齢もあるので再度きちんと取ってもらおうかとも考えています。
無麻酔の歯石取りに付いても情報の共有が出来たら嬉しいです。

 

シニア期に入り、ヨーグルトから殺菌の為に
マウスリセット(フィトンチッド入り)で磨いています。
あまり時間をかけずに、口の中をすすぐ位でも
マメにやることがポイントでしょうか。

 

我が家ではこんな感じです。

 

(クリンママさん)

 

———————————————————

 

犬の歯磨きについて…

我が家のくぅ(5歳トイプー)は、歯磨き嫌いです。

以前はガーゼを指に巻いて歯磨きしたり、
歯ブラシ使って歯磨きしたり
(歯ブラシの毛先?をカジカジしちゃって歯磨きになりません)、
口腔にちゅっと入れるだけでいい液体歯磨きを
使ってみたりしましたが…それも嫌がるので断念。

 

今は、毎食後にアキレススティックを
しっかり手に持って少しずつ両奥歯でカジカジ。

おやつにステックガムを1-2本。

 

それだけでもかなり口腔の状態はいいようです。

 

歯磨きしていると食器のなかなか取れないぬめりが
無くなるという話を聞いた事があり、
食後のくぅ食器は洗っていてもぬめりを感じた事がありません。

 

ただ、病院で口腔内の治療を嫌がってはいけないので、
遊びの中で、指を口の中に入れて
歯磨きのように歯を触ることはたまにしています。

(優布美さん)

 

———————————————————

 

諸橋 様

毎号楽しく読ませていただいてます。
犬のデンタルケア、犬と暮らし始めて15年以上経ちますが、
やっと習慣になりつつある状態です。

 

うちの場合ですが、歯磨きをするといいことがある、という
関連付けで今では飼い主が歯ブラシを手にすると
寄って来るまでになりました。

何をしたかといいますと、歯を磨いたあとにヨーグルトをあげる、
ただこれだけです。

 

ただこれだけなのですが、これは歯磨き以外の
いろんな場面での接し方・犬との向き合い方の土台作りがあったからこそ
歯磨きを受け入れてくれる犬になったと思っています。

土台作りには、しつけと称して叱ったり・怒鳴ったり・罰したり・
体罰(リードショックを含む)しないということと、
犬の社会化、ハズバンダリートレーニングなど飼い主の学びが必要となります。

 

飼い主が学び土台作りを丁寧にやっていくことで、
歯磨きのみならずお手入れや診察が苦手というという場合も、
緩和していくことが可能です。

予防医学の観点からも、諸橋さんのメルマガで学び、
自宅ケアができるワンちゃんがいっそう増えていくといいなと思います。

(中川 志保さん)

 

———————————————————

 

愛犬の歯磨きについて。

うちは3歳半のオスのノーフォークテリアを飼っております。

4ヶ月の時にブリーダーから引き取りました。
永久歯が生え始めた5ヶ月頃から、歯磨きと歯石取りを始めました。

 

最初は暴れて大変でした。

夫がまず歯石を取りますが、その間私が仰向けになったうちの犬の
下半身をずーっと押さえていました。

最初は嫌がって暴れていましたが、
1歳を過ぎる頃にはあきらめたのか暴れなくなりました。

 

今は夫でも私でもどちらでも一人で、下半身を抑えることなく、
ほぼ大人しく歯磨き、歯石取りをやらせてくれます。

飼い主としても忍耐の一言ですかね。

愛犬が年をとったときのことを考えると歯の健康はとても大事なので、
その一心であきらめずにがんばりぬきました。

 

子犬のころから定期的にケアをするのが大事かと思います。
歯磨き粉がチキン味なので、その匂いを嗅がせてから
歯ブラシを口に入れたりもします。参考になれば幸いです。

 

(成犬になってから始める場合は、少しずつ、
まず上の歯1本だけとかから行うのが良いのかもしれませんが、
経験がないので何とも言えません...)

(Limiさん)

———————————————————

メルマガの歯磨きの件、
うちはすっぽりと指に装着するガーゼのようなグッズと、
犬用の磨き剤を使っています。

毎日やらないといけないんだろうなと気になりつつも、
嫌がるので頻度は週一回程度です…。

歯磨き気になっていたので、特集嬉しいです。

(ふるやさん)

———————————————————

歯磨きですが、パピーの頃から始めたので・・・
なんとか続いています。

いまは、ベビー用の歯ブラシを使用しています。

14歳で他界したゴールデンも歯磨きをしていたので、
6歳になるいまの子はすんなりできました。

それでも奥歯に歯石が溜まりやすいです。

人も犬も歯磨きは大切ですね。

(ルビーさん)

———————————————————

歯磨きですが、2頭共、夕飯のあとにガムを与えているだけなんです。

奥歯が汚れているのが気になっていますが、
使い捨てタイプの指で磨いてあげるのを、
やらなくてはいけないかな?と思うのですが、
素直にやらせてくれるか自信がありません。

(はるさん)

———————————————————

いつも楽しみにしております。

新しい発見が沢山あってワン共々参考になります。

我が家は特別に歯磨き用グッズ(ガムなど)は使わずに
毎晩Petioのデンタルジェルと人用のPremiumcare歯ブラシ
(ゴールデンなので大きさはOKです)でピカピカです。

 

先生にきれいですねとほめられます。

パピー時代に習慣にしているので嫌がらずに
歯ブラシを見るだけで飛んできます。

手作り食をしておりますがカルシュウムの摂取量が心配になります。
以前は生食でしたので手羽元やネックなどをあげていましたが
今は加熱の為サプリメントに頼ってしまいます。

お魚の時には頭や大きな骨はたたいてくずしてあげていますが、、、
セミナー参加は九州ですので残念です。

(goluさん)

———————————————————

クリンママさん
優布美さん
中川 志保さん
Limiさん
ふるやさん
ルビーさん
はるさん
goluさん

 

体験談のメールをお送りいただきありがとうございます。

今回は、

「しつけの一環として、犬が嫌がらないように土台を作って始めた」

と言う体験談から、

「歯磨きは大事だってわかってるけど、ちょっと自信がなくて…」

というお話まで幅広くご紹介させていただきました。

 

 

歯磨きを犬に受け入れてもらうには
飼い主さんの努力も大切ですが
やはり「犬の性格や許容度」も大きく関係します。

 

と、言うのは…。

 

 

我が家は現在2頭のラブが暮らしています。

実家にはF2(1/4ゴールデン、3/4ラブの血が入った雑種第2代です)のカンナがいます。

3匹とも子犬の頃から見ていますが

●許容度

という意味では8歳の黒ラブ:ぐりが一番低いです。

 

 

3匹とも北海道盲導犬協会出身の犬ですが
やはり「できるだけ盲導犬になれる犬を」と交配を重ねているためか

 

8歳:ぐり
3歳:カンナ
0歳:ニコ

 

の順に手がどんどんかからなくなってきています。

 

(これは先日パピー担当の職員さんともお話ししましたが
性格のおとなしい、物事を許容する能力が
やはり交配のおかげで年々上がっているとのことでした)

 

ぐりはパピーのときにあまりに引っ張りが強く
散歩をした後はしばらく手が痛いくらいでしたが…。

 

カンナ、ニコに関していうと
引っ張りもほぼなく、非常に楽ちんです(対ぐり比)。

体のお手入れなども、あきらめて何でもさせるのはニコです。

ぐりはスプレー系は嫌いなので、スプレータイプの口腔ケアグッズは
2Fまで走って逃げたのは冒頭で書いた通りです。

 

なので…。

 

犬の性格、許容度に合わせて
地道に馴らしていくことが歯磨きの一つのポイントになると
私は考えています。

 

あまりに嫌がる子であれば
専門の訓練士さんに相談しながら進めるのも一つの選択肢ですね。

 

歯磨き、共に頑張りましょう!

 

 

ここから「プラーク(歯垢)」について
前回のお話の続きになります。

 

「プラーク(歯垢)」が実は細菌の塊であることは前回お話ししました。

 

今日は、このプラークを放置するとどうなるか?について
さらに詳しくお話ししていきます。

 

プラークと言うのは実は、細菌が自分を守るために
「ねばねばした物質」を産生した状態です。

 

この「ねばねばした物質」が環境変化や化学物質から
その「ねばねばした物質」内にいる細菌を守る役割を果たします。

 

これの厄介なところは、
医療においては、例えばカテーテル内に黄色ブドウ球菌などが
バイオフィルムを形成することが問題となります。

 

バイオフィルムで守られた細菌は、抗生物質や免疫に対する抵抗性が
高くなるからです。

 

歯科医療では、口腔二大疾患のう蝕(虫歯)と歯周病が共に

 

●バイオフィルム感染症

 

であることから、予防、治療、予後のどの場面においても、
抗生物質の効きにくい厄介なバイオフィルムにどう対処するかが
大きな課題となります。

 

「うーん、何のこっちゃ…頭がごちゃごちゃしてきたわ」

 

と言う方もいらっしゃるかもしれませんので
まとめると、

 

「細菌は自分を守るために”ねばねばした”物質を出して
 その中でぬくぬくと暮らしています。

 ”ねばねばした”物質は薬剤等が外部から侵入するのを防ぐ働きもあるので
 抗生物質が効きにくくなるといった厄介な問題も起こってきます」

 

「なので、歯磨きをして”物理的な力”を加えてちゃんと取り除きましょう」

 

ということになります。

 

「なるほど、やっぱり歯磨きって大事ですよね。
 細菌が犬の口の中で増殖して、歯周病になったり
 口臭が強くなるほど症状が進んでしまうと
 抜歯等の大変なことにもなってしまいそうで怖いです…。

 ところで、他の方もおっしゃっていましたが
 アロマの精油を使った口腔ケアって出来るんでしょうか?

 今回のメールでも”アロマの口腔ケアスプレー”を実際に作ってみたと
 書いてありますよね?

 そこのところが詳しく知りたいです…」

 

 

こんな風に思っている方も多いと思うので
次回は「メディカルアロマテラピーの考え方に基づいた」
アロマによる口腔ケアで何ができるのか?について
お話をしていこうと思います。

 

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

 

 

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。