犬が与えた食事を食べてくれない、という悩みの解決方法*


○○さん、
おはようございます。

Office Guriの諸橋直子です。

今回は、食事としつけの関係について
興味深いご質問をいただいたのでご紹介させていただきますね。

 

——————————————————–

■ドッグフードを食べてくれない、という悩み

——————————————————–

諸橋さん、はじめまして。

愛犬の食事についての相談でメールさせていただきます。
Tと申します。メルマガで採用していただけると嬉しいです。

 

以前捨て犬だった雑種の子を拾って、
今家の中で放し飼いで飼っています。

 

人間のご飯に味をしめてるのか、私達のご飯ばかり欲しがって、
固形のドッグフードをなかなか食べてくれません…。

 

どうしたら食べてくれるのでしょうか…。

 

——————————————————–

Tさん、ありがとうございます。

 

 

ここでのポイントは

「人間のごはんを欲しがる」
「ドッグフードを食べない」

の2点です。

 

 

人間のごはんを欲しがるので…と言う理由で
しょうがないなあ、と人間のごはんをあげてしまってはいませんか?

 

 

もし、Tさんが今後、その子と暮らして行くにあたって
ドッグフードを食べてほしい、ということであれば
それを「新しいお家のルール」として、犬に理解してもらう必要があります。

 

 

具体的には、

・人間が食事をしている時に欲しがってもあげないこと。
・ドッグフードを決まった時間に毎日与え、食べないようなら容赦なく下げること。

です。

 

こうすることで、その子は

「人間の食事をねだってももらえない」
「出されたものを食べないと、次の食事時間まで食べられない」

ということを学習します。

 

■そんなのかわいそう・・・いいえ、大丈夫です!

 

人間は1日3食食べるのが普通なので

 

「犬の食事が2回食で、朝食べなかったら夜まで食事抜きなんて、かわいそう!!」

 

と思われがちですが実はそうではありません。

 

犬はもともと「間欠捕食動物」と呼ばれる食習慣をもつ動物。

 

犬が野生で生きていた時代、
群れで獲物を取って食べていましたが
自然界ではこうした獲物がいつも手に入るわけではありません。

 

そのため、食事の間隔は開きがちです。

 

そして、獲物が手に入った時に大量に食べる、という食生活で生きてきた生き物です。

 

そのため、1日2回、または1回といった食事回数で大丈夫なのです。

 

そして、お腹が空いている状態で目の前に食べ物があって
食べない動物はいません。

 

1度出された食事を食べないで、
そのまま空腹で過ごして、次の食事に出されたものをペロリと平らげる子は多いです。

 

 

しかし、その途中で飼い主さんが我慢できずに

「かわいそうだからちょっとだけあげようかな…」

と、おやつや、その犬が欲しがるものをあげてしまうと犬の方で

「おねだりすれば、思い通りの食べ物が出てくるぞ」

と学習してしまいます。

 

 

 

これだと、言い方は非常に悪いですが
犬に飼い主さんがしつけられている状態ですね。

 

 

犬と人間が暮らしていく上でお互いが気持よく、楽しく過ごすためのルールは
お家によって異なります。

 

食事についても同じです。

 

食事に関するルールを決めたら
飼い主さんがそれを徹底して、犬に理解してもらうよう務める。

 

 

特に、食事は健康を左右する大切なものですから犬用に調理した手づくりごはんとは異なる
人間の食べ物をそのままあげる、という食習慣は早めに改善されることをお勧めします。

 

(終)
★この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
最新情報を受け取りたい方は、下記のバナーをクリックして
メールマガジンをご購読ください。ご購読は無料です。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。