【電子書籍】春の誤食事故注意報!水仙の致死量は人間で10g、では体の小さな犬は?


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

「春先にチェックしておきたい犬の誤食情報」

 

春を迎えて様々な植物が芽を出すシーズンですが
こうした「ごく身近な一見何でも無さそうな植物」に
強い毒性を含むものがあることをご存知でしょうか?

 

例をあげましょう。

 

春先に良く話題になるのは「水仙」ですね。

 

ニラと間違えて人間が食べてしまい中毒になる騒ぎもありますが
犬も誤って食べてしまうケースが多く
春にはこうした事故が多発する傾向にあります。

 

「水仙」の致死量は人間の成人の場合で10gとされます。

 

そのため人間より体の小さな犬は、
少量でも中毒を起こす可能性が高いといえるでしょう。

 

人間のケースでも30分以内の
短い潜伏期間の後に症状が現れることが多いことでも知られます。

 

中毒症状としては嘔吐、下痢、流涎、頭痛、昏睡、低体温等が挙げられます。

 

…。

 

ペットの誤食事故は調査によると
年間20万件以上も発生しているといわれます。

 

そんな身近な中毒事故の中でも「まさかそんなものを食べるなんて!」といった
観葉植物やどこにでもある植え木などで起こっている事故も多いのです。

 

いかがでしょうか?

 

○○さんはこうした「まさか!というところで起こりうる深刻な中毒事故」から
愛犬を守りたいと思いますか?

 

Office Guriでは数年前から「犬が身近で出会う中毒食物リスト」を
電子書籍として無料配布してきましたが
このたび、この電子書籍を全面的にリニューアルしました。

 

掲載する中毒植物の数を増やし、
さらに植物のカラー写真と主な生育地等を掲載し
より飼い主さんが

 

「身近な中毒植物を見分けやすいよう」

 

改訂を行いました。

 

この「犬が身近で出会う中毒食物リスト」、ぜひ○○さんのわんちゃんを
危険から守るためにお役立て下さい。

 

↓   ↓

【新装版:犬が身近で出会う中毒植物リスト】
ご請求はこちらから。
(PC閲覧のみの対応となります)

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&350m1

 

 

*もしこの電子書籍がお役に立ちましたら
是非お友達にご紹介ください。

ご紹介くださった方にはプレゼントをご用意しています。

ご紹介方法についての詳しい説明は電子書籍内に記載していますので
ご確認ください。

本日は以上です。

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)


 

この記事はOffice Guriの公式メールマガジン【ぐり通信】のバックナンバーです。
あなたも愛犬の健康サポート情報を無料で購読しませんか?

 

今すぐバナーをクリックして無料購読をお申込みください!

↓    ↓


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。