5月30日までの限定です&ベジタリアンな犬の話


○○さん、こんにちは!
諸橋直子です。

実は先週のメルマガ配信後、
ちょっとびっくりしたことがあります(・∀・)♪

前回のメルマガでご紹介した
犬のごはんの
ある意味マニアックなこの書籍ですが…。
https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&118m1

クリック数が半端なかったです(笑)

みなさん、「ドッグフードにトッピング」というのは
やはり非常に気になるテーマなのだなあ…ということを
改めて知ることができました。

少し話は飛びますが、
先日セミナーで、受講者さんより

「ベジタリアンの友人が犬を飼いたがっているのですが
犬もベジタリアンで生きていけますか?」

というご質問をいただいた際に、
私は即、この書籍をご紹介させていただきました!
https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&118m2

はい、わんこ用のマクロビオティックご飯のレシピ本です(笑)
私も本やで見つけたときはびっくりしました!

わんこのごはんもここまで多様化しているのだな~と…。

一方で、実は世の中には
アレルギー体質でお魚もだめ、肉もだめ、卵もだめ…、
とにかく動物性たんぱく質がだめ!というような犬も
存在します。

でも、その子たちはベジタリアン生活をしながら
元気で生きている、という事実があります。

さて、ここで○○さんに
少し考えていただきたいのですが…。

栄養バランス、と聞くと私たちは
反射的に

「肉・魚・野菜・穀類など色々なものをバランスよく食べなきゃ…」

と考えがちです。

一方で、野菜と穀類のみ、と言った食事で元気に生きている子たちもいる。

そう考えると「栄養バランスって、そもそも何?」という風に
根本的に考えに疑問が生じてはこないでしょうか?

その一方で

「ドッグフードは完全栄養食!なので余計な物をたすのはよくない!」

という考えがありますが
その考えにも、実は根拠があります。

その根拠の大元になっているのが

『AAFCO基準』
(AAFCO=日本では「アアフコ」と呼ばれます)

と呼ばれるものです。

それでは、『AAFCO基準』とは一体どのようなものなのでしょうか?

これについて、次号で引き続き
詳しく解説していきます。

(終)

◇追伸1:

今回のような『犬の食に対する様々な疑問』を
約2時間の講座ですっきり解決する

【ペット食育入門講座】

7月10日(日)札幌開講分の受付を開始いたしました!

「栄養バランス」
「犬にあげてはいけない食材」

といった不安・疑問に
ペット食育協会食育指導士(上級指導士)の
諸橋直子直接お答えします。

尚、いつもメルマガをお読みいただいている○○さんには
特別に受講料が割引になるクーポンをご用意しました。

有効期限は5月30日までです。

お申し込み時にクーポンコードをご入力いただくと、
通常4,200円の受講料が3,700円になります。

クーポンコード:090B7
有効期限:2011/05/30

お申込み・詳細のご確認はこちらから!
https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&118m3

講座のことでわからないことがあれば
このメールに返信の形でお問い合わせください。

◇追伸2:

カヌーをいただきましたヽ(´ー`)ノ
https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&118m4

強引にマーチに乗っけました(笑)

さて、これで支笏湖に繰り出して
のんびり犬とカヌーを楽しめます。

が。

まだまだ北海道は寒いです(涙)
いつになったら温かくなるのか????

◇追伸3:
実家の盲導犬パピー・カンナも
来月で委託終了ですよ。

この2ショットも、じきにみられなくなるのだなと思うと
しんみりします。
https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&118m5


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。