ここだけの話。


○○さん、こんばんは!
諸橋直子です。

さて、今日は前回の予告通り

『AAFCO基準』

についてお話しますね(・∀・)♪

○○さんがペットフードを利用されている場合は
お店でペットフードを買う際に
この

『AAFCO基準』

という文字を目にされたことがあるかもしれません。

「このペットフードはAAFCO基準を満たしています!」

というよな表記がされている場合もあります。

それでは、AAFCOとは一体何を指すのでしょうか?

AAFCOとは、アメリカでペットフードを製造する際の
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
栄養基準値を発表している機関です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

分かりやすく言うと

「犬用のペットフードには、成犬用であれば
フード1kgの中にカルシウムは××%、亜鉛は××mgいれてね!」

というような基準を決めている、ということです。

そしてこの基準は、ざっくり言うと
健康を維持するために必要とされる各栄養素が
過不足なく、だいたいの許容範囲に収まるように
定められています。

つまり、この基準を満たしたフードを
決められた量食べていると
必要とされる栄養素は満たすことができますよ、というものなのですね。

ここまではご理解いただけましたか?

このように、

「このフードだけを食べ続けても必要な栄養素を満たすことができる、という
AAFCOが定めた条件をクリアしたもの」

が、AAFCO基準を満たしたフードなのです。

そのため、

「ドッグフードにトッピングをすると、フードだけで折角、
この基準値を満たしているのに
バランスが崩れてしまう!!」

という風に考える方もいるようです。

しかしながら…。

○○さんにぜひ心にとめておいていただきたいのは
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
この値はあくまでも基準値であって
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
絶対値ではありません、ということです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

基準値自体、実は頻繁に改訂が行われています。

なので、ここだけの話、
ドッグフードにトッピングをする程度で
犬の健康に重大な問題を引き起こすような
栄養バランスの崩れが起こるか?というと
そこは疑問が残るところです。

さて、ここまでお読みいただいていかがでしょうか?

このメルマガで、こうした

「××は犬によくない!」

という問題を取り上げる際に、必ず申し上げるのは

●何故、いけない!と言われているかという理由を知った上で
●我が家の場合はどうするか?という個別のケースで考えること

でしたね^^

そして、○○さんはどのようにお感じになりましたか?

ここが一番重要です。

次号では、私の場合はこのように考えます、という事例を
お話しさせていただきます。

そして折角の機会なのでぜひ、次号のメール配信までに
○○さんご自身のケースで考えてみてください。

それでは、また!

(終)

◇追伸1:

今回の「ペットフードにトッピングはよくないのでしょうか?」というような
疑問をはじめ、
さまざまな犬の食事に関する疑問をすっきり解決する

【ペット食育入門講座】

7月10日(日)札幌開講分、現在受付中です^^

「栄養バランス」
「犬にあげてはいけない食材」

といった不安・疑問に
ペット食育協会食育指導士(上級指導士)の
諸橋直子が直接お答えします。

尚、いつもメルマガをお読みいただいている○○さんには
特別に受講料が割引になるクーポンをご用意しました。

有効期限は5月30日までです。

お申し込み時にクーポンコードをご入力いただくと、
通常4,200円の受講料が3,700円になります。

クーポンコード:090B7
有効期限:2011/05/30

お申込み・詳細のご確認はこちらから!
https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&119m1

講座のことでわからないことがあれば
このメールに返信の形でお問い合わせください。

尚、5/26~5/27の2日間、
臨時休業をいただきます。

そのため、セミナーに関するご質問やお申込みへの
メール返信はすべて5月30日以降となりますので
ご了承くださいませ。

◇追伸2:

積み木で遊びたくて、思わず顔にシワがよってしまった
盲導犬パピー・カンナ(-“-
https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&119m2


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。