あきらめる練習の重要性:犬の口腔ケア~我が家ではこうしています(3)


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

昨日、デンタルケア用に購入した精油3種が届きました。

https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&455m1

 

試作品を作ってまず自分で試してみます。

 

さて、今日も読者さんからの
「犬の口腔ケア体験談」メールをご紹介していきますね。

 

———————————————————

 

うちの子は現在5歳なのですが、昨年からデンタルケアにトライしています。

 

若かりし頃からしていなかったので嫌がり、
歯磨きシートやガーゼを指に巻き、
口に手を入れるのから始めました。

 

最近では子供用歯ブラシをカミカミして遊びながらですが、
長時間は難しく、実際は数本磨ければOKな状況です。

 

へたすれば歯茎以外に当たってしまうので
唇をめくりながら何とかかんとかしています。

 

デンタルケアは小さいころからやっていないので、
なかなか好きになってもらえず、いい方法がないか興味はあります。

(donさん)

 

———————————————————

 

盲導犬ユーザーです。

 

一頭目の子は7歳で引退したのですが、
若い頃から口臭がきつかったので気にしながらも
特別な処置はしていませんでした。

 

簡単な歯磨き程度では間に合わない状態だったようです。

 

全身麻酔をしての歯石除去をする勇気も無いまま引退!

 

ボランティアさんの所に行ってから5本も抜歯したとの事で、
本当に申し訳無く思っています。

 

二頭目の子は歯並びも良く、
今のところとても綺麗ですが、
前回の事の反省も込めて、
我が家に来た時から歯磨きおしています。

 

最初 歯ブラシを使ったのですが、
これって視覚障害者には角度が難しいんです。

 

それで今は「お口ブラシ」と言う、
短い毛が生えたような指サック状のブラシに、
チキン味の歯磨き剤を付けて磨いています。

 

チキン味が気に入ったのか、
わりに大人しくなすがままに磨かせてくれてます。

 

これで満足している訳ではなくて、
もっと他に良い方法はないものかと模索中ですが、
とりあえず私の方法を書かせて頂きました。

 

(匿名希望さん)

 

———————————————————

 

うちは最近病院でスケーリング処置をしていただきました。

 

東京では結構歯科に力を入れてる病院が増えています。
設備も充実していますし、
歯磨き講習なども500円くらいで行っています。

 

以前はやはり麻酔に対する飼い主の拒否反応があったため、
友達の勧めなどで無麻酔歯石取りなどに行っていましたが、
結果的にはこれがさらに歯石を付きやすくしてしまったようです。

 

(歯石の付き具合と頻度だと思います。個体差もあるのかな?)

 

歯周病が進んでしまって土台の骨が溶けてしまうと
それこそ大変な手術になってしまうし、
実際にそうなってしまって術後も大変ストレスフルな生活を
送らなければならなくなってしまった子も知ってるので、決心しました。

 

結果的にはやって良かったと思います。
すでにグラグラの歯もあり
(はずかしながら飼い主まったく気がついていませんでした。)
一番奥の歯を4本抜歯しました。

 

悪くても残した方が良い位置の歯はむやみに抜いたりはしませんよ。

 

そして手術をしたことで、これから特に気をつけなければいけない歯もわかったので、
その辺りを重点的に歯ブラシと
ガーゼを使って毎日磨くようになりました。

 

私的にはテーブルの上に乗せたりして
ワンコが少し高い位置にいた方が磨きやすいですね~。

 

終わりに硬めのご褒美をあげてるので、
いやいやながらやらせてくれています。

 

それから余談ですが、人間の歯医者さんで売っている
水から作られた歯石が付きにくくなる液体があるのですが(名前忘れました。)、
我が家はこれをワンコに使っています。

 

元が水なので飲んでしまっても大丈夫ですし、安いです。
犬用って何でも高すぎる~!

 

歯医者さん曰く、このあたりの商品はワンコで実験されてから
認可が下りるから基本犬に使って問題ないよ~との事でした。

 

愛犬家としては複雑な気持ちでしたけれど。

(広瀬 昌美さん)

 

———————————————————

 

こんにちは。
興味深コラムをいつも有難うございます。

 

ワンちゃんの歯磨きについてですが、
我が家の場合参考になるかわかりませんが、
人間同様に歯ブラシを使っています。

 

我慢しながらも一巡はさせてくれますが、
何故させるかは、終わった後のご褒美欲しさです。

 

何せ食い意地がはっているもので、そこへつけ込み、
終わったらご褒美ね と話しかけながらの歯ブラシタイムに
必死の我慢の様子です。

 

せっかく歯ブラシしたのですから、
ご褒美は小さな野菜になりますが。

 

これさからも我が家のエルが元気で生活出来るようにと
参考にさせて頂けたらと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

(ぼんさん)

 

———————————————————

 

諸橋さん こんにちは。静岡の亀本です。
いつもメルマガを楽しく読ませていただき、学ばせていただいてます。
ありがとうございます。

 

さて、歯磨きについて です。
我が家では、「歯石トルン 」という和紙を使ってます。

https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&455m2

 

使い捨てで衛生的こと、薬剤がついていない、ということで選びました。
少しお値段は高いですがここ数年使用しています。

 

あと、須崎動物病院の口内ケアセットを使用。
以前はハブラシも使用していましたが、
嫌がる上にしっかり磨けないないのでやめました。

 

磨き方は私が長座でなげだした足の間に仰向けにして固定してます。
最初は嫌がりましたが、何があってもヤル!と決めて
こちらが根負けしないことが大事ですよね。

 

現在12歳4ヶ月のミニチュアダックス、10歳の時と12歳1ヶ月で
麻酔かけて歯石除去を2回しましたが
年齢的に、もうできれば麻酔はしたくないので
朝晩2回、きっちり丁寧にというわけではないですが(汗)
日々ケアの忘れないよてにしています。

 

こんなケアですが、お悩みの方の参考になれば幸いです。
それではよろしくお願いします。

 

(亀本 眞弓さん)

 

———————————————————

 

donさん
匿名希望さん
広瀬 昌美さん
ぼんさん
ペット食育指導士の亀本眞弓先生

 

ありがとうございます!

 

頂いたメールをすべて拝見しての私からの感想ですが

 

「やはり歯磨きが”好き”って言う犬は少ないよね…」

 

を改めて実感しました。

 

確かに謎の器具を口に入れられ、
ごしごしこすられたりすることは、
犬にとっては「何すんだよ!」という行為だと思いますし

 

「歯磨かないと歯周病になるよ!」

 

と言っても通じないのが犬です。

 

なので、

「できるだけストレスなく(犬も飼い主さんもお互いに!)」

「できるだけ短時間で手早く」

「かつ効果が最大限に期待できるものを!」

ということになりますね。

 

 

我が家の犬2匹がたまたま「盲導犬パピー」ということもあり
パピーの頃から

 

●あきらめる練習

 

というのをやっていますので
これが何かのご参考になるかもしれませんので
今日はこれをご紹介しようと思います。

 

あきらめる練習はしょっちゅうやっていますが
写真を取る機会が実はあまりありませんでした。

 

比較的近い写真はこれです。

 

 

https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&455m3

 

盲導犬協会から、「あきらめる練習を自宅でやってくださいね~」と
指導されます。

 

やり方は、仰向けにひっくり返した状態で抱っこして
まとまった時間、じっとしていられるようにすること。

 

 

こうすることで犬に「あきらめる」ことを覚えさせるというものです。

 

この「あきらめる練習」はかなり重要で
病気等で獣医師の診察を受ける際に役立ちます。

 

せっかく盲導犬になった犬が病気になった、
適切な治療を受ければ元気になるのに、
体を触らせない、嫌なことに対して暴れる、だと
適切な治療を受けられず困ります。

 

それが原因でもし引退…ということになってしまうと
非常に残念なことになってしまうので
この「あきらめる練習」は日常的にやってくださいね、と指導されます。

 

マズル周り、足の指周りを触って
触られることに慣れさせてくださいね、とも。

 

これも「触られることに慣れておくことで、
いざというときにも抵抗なく触らせてくれる」を
小さい頃から訓練する意味があります。

 

おかげで我が家のラブラドール2匹、ぐりとニコは
獣医さんでも黙って体を触らせるので
獣医さんに喜ばれています。

 

(獣医さんの腕にたくさんある引っかき傷を見ると
お察しします…という気持ちになります)

 

どうひっくり返しても、犬が口の中をあれこれいじられるのは
楽しく…というのは難しいのかな、と思います。

 

それでも

 

●慣れ
●おやつもらえるからしぶしぶでも我慢すっか!
●歯磨きペースト美味しい!
●飼い主さんへの信頼

 

などで「にこやかに」ではなくても歯を磨かせてくれることが
重要なのではないか、と個人的には考えています。

 

なので、できれば短時間で効果的に磨きたいですし
口の中で雑菌が増殖しない
アフターケア用のデンタルスプレーなどがあるといいですね。

 

次号に続きます。

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。