アロマ精油を口腔ケアにどう活用する?:犬の口腔ケア~我が家ではこうしています(6)


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

今朝、レモン精油を2滴垂らしたコップの水でうがいをしたところ
爽やか過ぎてかなりハマリそうな予感です…。

 

私の手元にあるアロマ精油による口腔内微生物の抑制実験データ…によると
お勧めの精油の代表が3種類。

 

その精油を単独で使った場合と
混合液にした場合のデータの比較等が載っていて
非常に興味深いです。

 

私は普段、柑橘系の精油はあまり使用しません。

 

理由は、

 

●柑橘系の精油は劣化が他の精油に比べて早いこと。

●果皮から採取する精油は特に農薬などの影響が懸念される。

 

というあたり。

 

なので、犬用の製品に「柑橘系の香りが欲しい」場合は、
レモンユーカリ、シトロネラ、レモングラスと言った
香りはレモンぽいけれど
植物の分類としては全然柑橘系でない精油を
使うようにしています。

 

もしレモンの精油で安全なものを、となると
健草医学舎が輸入元である、この品質の精油が私個人のお勧めとなります。

レモン 【プラナロム精油】10ml
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&458m1

 

健草医学舎では精油の輸入に対し、
農薬に汚染されていないものを輸入するために
ロット毎の精油サンプルを取り寄せ、
主に使用される農薬29種類のチェックを行っています。

 

なので、口腔内にも私自身、安心して使用している次第です。

 

精油のお話はメールの後半で引き続き…。

 

さて、今日も読者さんからの
「犬の口腔ケア体験談」メールをご紹介していきますね。

———————————————————

こんにちは。

歯磨きについてお答えさせていただきます。

トイプー♀ 5歳の子がいます。
うちの場合はほぼほったらかしでとてもお口が臭いです。
そんななので、結構歯石がついてしまいました。
歯磨きをしないといけないのは分かってるのですが、
嫌がるのとめんどくさいのとでなかなかできないのが現状です。

 

以前、トリマーさんに麻酔なしで
スケーリングしてもらったことがあります。

それ以来しばらくはガーゼタイプの指にはめる歯磨き
でちょいちょい磨いていましたが、
まただんだんしなくなってしまいました。
今また、歯石が付き始めています。
そうなると焦って磨いてもなかなか取れないんですよね。

 

ジェルタイプの歯磨きをたらしたり、
お水に入れるタイプのものを入れたり中途半端なことをしています。

しつけの先生はみんなしっかり歯磨きをしていて、
たまにスケーリングもするみたいですよ。

(Mackeyさん)

———————————————————
歯磨きについての体験談。

ホワイトのミニチュアシュナウザー、
5歳♀(避妊済み)の飼い主です。

歯磨きは、メルマガに書かれていた指に巻き付けるタイプのシートと
ワンコ用歯ブラシ&ペーストを併用しています。

 

最近はブラシ&ペーストで週に2、3回、磨いてやります。
口臭が気になるときは、散歩後の足洗いといっしょに
「歯磨きタイム!」と宣言して始めます(笑)。

 

決して喜んでる顔はしませんが(笑)、
ぐりくん同様に諦めつつ(笑)、
半分、顔を向こうへやって嫌々しながら、
我慢して付き合ってくれてます。

 

シートタイプのほうが犬歯や奥歯の裏側などやりやすいのですが、
ブラシのほうが歯間まできれいに磨けるような気がしているので、
普段はシートでささっと、週に1、2回はブラシでしっかり磨く、
という併用が一番いいのかなとは思っています。

 

ブラシでは強く磨かないように気をつけていますが、
ときどき血が滲むのか、ブラシが赤くなるので、
一度、歯の健康診断も受けさせようと思っていますが、
普通の街中の獣医さんて、歯科医師みたいな役割も担うのでしょうか?
(人間だと別々だけど、獣医はマルチに兼ねちゃうのですかね?)

 

嫌々はするけど、噛まれたことはありません。
歯磨きをしたからといって、
ご褒美のおやつをあげたりすることもありませんが、
まあまあお利口にしてます。

 

「しょうがないな~付き合うか」って感じでしょうか?

といった内容で体験談になりますでしょうか?

よろしくお願いします。本間@横浜

 

(本間 修さん)

 

———————————————————

はじめまして、ビーのぱぱです。
いつも為になるメルマガをありがとうございます。

今回とても興味のある内容でしたので早速ですが、
お話させていただきます。

 

我が家の歯磨きは幼犬の頃からやっております。
もともと歯並びの悪さが原因で格安犬だったのです。
2匹同時に2ヶ月齢で販売されていて、
幼いビーグルの片割れは8万円、愛犬は3万円でした。

振り返ると何だかとてもムカつきますが、お金の問題ではなく、
迷わず愛犬を選び、
その日のうちに我が家に連れ帰りました。

 

その後3日目にパルボ発症。

一時は「生存確率は恐らく半分もないかと。諦めてください」
とまで言われましたが、無事生還。

以後は衛生面を重視し、ワンコ育児、ケアをしてきました。

7歳のシニア犬になりましたが、
歯磨きは幼犬から今までほぼ毎日しています。

乳歯の並びが悪かったせいか、
永久歯の犬歯が前の歯と重なって生えてしまったため、
歯磨きをサボると歯石がすぐに溜まってしまいます。

 

赤ちゃん用のお口拭きウェットティッシュに
歯磨き粉(アースリーフ デンタルジェル)をつけてゴシゴシし、
その後歯ブラシで磨き、
仕上げに「シグワン ハミガキサプリ スプレー」を左右犬歯にシュッして、
ご褒美にグリニーズを与えて終了です。

 

気になる部分は1日1本、奥歯内側以外が限界ですが、
スケーラーでやさしく削ります。

 

一時期、歯磨きと併用して硬いガムをあげていたら、
奥歯が折れてしまいました。

 

以来、硬いものやおもちゃも噛まなくなってしまいました。
デンタル専門の動物病院に治療の問合せしましたら
30万~50万と言われ断念。保険が使えないようです。(ワンコ保険)

 

仕方ないので、かかりつけの獣医に聞きましたら、

 

「犬に硬いもの噛ませても歯磨きにはあまりなりませんよ。
一生懸命齧ってしまい、返って歯を傷めることにもなりかねない。
実際ひずめで歯が折れた子もいます。
今後は食べ物の厳選とケアをしっかりしてあげて」

 

と言われました。

 

以上の経緯があり、今までさまざまな道具や商品を使用してきました。
今の歯磨きジェルが終わったら「歯石トルン」という
特殊和紙で出来た指に巻いて磨くタイプを使う予定です。

 

和紙はお試しで10日間使用しましたが、
歯が綺麗になったのでビックリしました。

 

口臭も若干気になってきたので、
シグワンからリーバスリーに替え、併用しようと思ってます。

 

歯磨きの仕方からだいぶ話がそれてしまい。大変申し訳ありません。

いろんな歯磨きグッズや仕方を知りたいと思いますので、
出来ましたらメルマガには沢山の読者の意見を掲載していただけたらと思います。
長文にて失礼しました。

(ビーのぱぱさん)

 

———————————————————

歯磨きについてのアンケート

 

我が家には、4チワワと1ゴールデンの計5ワンコがおります。

歯磨きについては、私も悩んでまして、
チワワ達は人間の赤ちゃん用の歯ブラシと、
シートを指に巻いて使うデンタルケアをしています。

 

チワワの中でも歯磨き嫌いの子は、
なかなか歯磨きをさせてくれず、歯石が。。。

近くの獣医さんで、麻酔しないと取れないと言われたので、
歯石が溜まってきたら、抵抗出来ないように、
タオルでぐるぐる巻きにして、自宅で歯石を削り取ってます。

 

ゴールデンは、生後7ヶ月でカミカミ大好き!
特にブラシが大好きです。

歯ブラシは一瞬でボロボロにしてしまうので、
お掃除用の大きなブラシ(毛の柔らかい目のもの)をカミカミさせながら、
その隙にデンタル用のシートを指に巻いて磨いてます。

毛の柔らかいお掃除ブラシは、我が家で大活躍しております。

(テンママさん)

———————————————————

 

いつも楽しみに読ませていただいてます。

うちはイエローラブの4才女の子がいますが
歯磨きはほとんどやらないですが
週に2回ほど牛の膝の骨をかじらせています。

あと鹿の角など噛ませています。

それでも歯石がついてしまったら
スケラーで取るようにしていますがほとんど着かないです。

前にいたお婆さんラブも16才で亡くなりましたが
歯は全部抜けずにありました。

犬種や歯の丈夫さによると思いますがこまめにチェックしないと
歯石は直ぐについてしまうと思います。

(メイプルさん)

———————————————————

こんばんは。

歯磨きについて。お答えさせて頂きます。
家の神一は、今月28日に2才になる男の子です。
生後約3カ月で家に着ました。
そうですね、私の手もとに来て、
すぐぐらいから(乳歯の時)歯磨きを始めました。

なので、口元であろうが、どこを触っても大丈夫な子です。

基本、夜にディープケアをする事にしていまして、
まず最初に蒸しタオルで体を拭きます。

 

その時、神はゴロンします。

 

それが終わると歯磨きですが、
私が「歯~」というと分かります。

私の膝の上に仰向けし、上からハブラシを持っていきます。
ちょうど人間の赤ちゃんの歯を磨くスタイルです。

歯磨きが終わると、pet-cool で目、口の周りをスプレーし、
ぬれナプキンで拭き涙焼けや、
口の周りの黄ばみが付かないようにします。
ついで耳の中も拭きますよ。

 

触る前に、「口、 目、 耳」 とか短い言葉で声をかけてやります。
言葉覚えるんですね。

白色のミニチュアシュナウザーですので汚れが目立ちますから、
最低限この位毎日しています。
ですので、今のところ、白い歯と白い毛は保たれているようです。

一つ困ったことは、歯磨きペーストの味が好きなんでしょうか、
私が歯を磨きだすと、ジーっとこちらを見たら近寄って来て
「ちょっと舐めさせてよ~」 と来るんです。

(yumiさん)

———————————————————

こんにちは。

シェルティ7歳の女の子を飼ってます。

 

かかりつけの獣医さんから
大人になってからでは嫌がってしまうと言われ
ウチに来た時から歯磨きはやってます。

私も歯磨きの重要性を色々勉強しましたので、
講習会にも行き歯磨き方法を学びました。

 

まず、ガーゼでざっと口の中の汚れをぬぐい、
人間用の馬の毛の歯ブラシでやさしく磨いていきます。

うちの子は歯がとても小さいので、それで取りきれない部分は
人間用のワンタフトという1本用の歯ブラシを使います。

上の奥歯の頬側と歯と歯茎の境目に
特に歯石がつきやすいので重点的にやります。

 

歯磨き講習会の先生はメーク用の先のとがった綿棒もオススメと言ってました。

 

ウチは歯磨きペーストは使わずに歯ブラシを水でぬらしながらやってます。

歯茎が赤くなって炎症を起こしている時は
須崎動物病院のエキスをつけます。

最後に乳酸菌を塗りこんで終わりです。

 

本当は毎日やった方がいいのですが、
2日に1回になってしまうこともあります。

歯石がついてしまう周期が何時間が忘れましたが、
2日は空けないほうがいいそうです。
長くなりましたがこんな感じです。

(角田 眞由美さん)

———————————————————

Mackeyさん
本間 修さん
ビーのぱぱさん
テンママさん
yumiさん
角田 眞由美さん

体験談のメールをお送りいただきありがとうございます。

歯石トルンが人気ですね。

前々回のメルマガでご紹介しましたが
静岡のペット食育指導士:亀本 眞弓先生も
お勧めしてくださっています。

http://www.officeguri.com/archives/3883

 

ちなみに今調べてみたところ、200円(送料別)で
お試しパック(10枚)を購入できるところを見つけました。

●「歯石トルン」お試しパック
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&458m3

私も非常に気になるので
このメールを配信した後に、早速オーダーしてみようと思っています。

また、「ワンタフト」という形状が特殊な歯ブラシも
今回メールで情報をお寄せいただきましたが
私自身も実は、過去に矯正中の歯を磨くのに使用していたことがあります。

●歯科向 プロフィッツ ワンタフト
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&458m4

 

先のとがった形状なので、
確かに「犬の小さな歯と歯の隙間」を磨くのには便利そうですよね。

たくさんの具体的な方法をお寄せいただき、本当にありがとうございました。

 

 

さて、ここからアロマの話をしようと思います。

冒頭で、私自身が精油を使った歯磨き後のうがいで
口腔ケアをしていることをお話ししました。

アロマの精油には、抗菌・殺菌効果を持つものが多いですし
それを口をすすぐマウスウォッシュなどの形で水で薄めて利用することで

 

●患者さんの口臭が減少した

●菌の培養試験で明らかに有意な効果が認められた

 

という実験をされている歯科医師の方もいらっしゃいます。

 

ただ、これを犬に応用するとなると
ちょっと問題があります。

 

犬は「うがい」ができません。

 

つまり、口に含んだ水を、口の中をすすいだあと
吐きだす、という行為ができなということですね。

 

そのため、基本的にアロマ精油を使った口腔ケアを考えた場合

 

●呑み込んでも安全な濃度でスプレーを作成し、
 なおかつ1日の使用回数を守る

●または、希釈した精油をティッシュなどに含ませ
 歯を磨く際に使用する

●呑み込んでも安全な、残留農薬などが無いことが
 証明された精油を使用する

 

と言う部分が重要になってきます。

 

実際に、海外のアニマルアロマセラピストの書籍を参考にすると
醸造アルコールと精油、水を使ったマウスウォッシュレシピが多いようです。

 

または、植物オイルで希釈した精油を
直接口に垂らす、といった方法ですね。

 

ただ、植物オイルで希釈といった使用方法の場合
思いがけず大量の精油成分を摂取することにもなりかねないので
アロマテラピーの専門的な教育を受けた飼い主さんでないと
難しいのかもしれない、と考えています。

 

では、飼い主さんが楽に、特に難しい知識無しでも
アロマ精油を口腔ケアにどうしたらいいのでしょうか?

 

次号で引き続きお話ししていこうと思います。

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。