犬の肘のカサカサや老犬の床擦れ、どうやってケアしたらいい?


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

今日より新しいテーマを取り上げて行こうと思います。

 

実は口腔ケアに関するメールの中で
新しいテーマのリクエストがありましたので、
そのメールを紹介させていただきますね。

—————————————————-

先日肉球クリームを購入したのですが、
肘のカサカサに塗っても大丈夫でしょうか?

中飼いではないので、肘がカサカサで破傷風などに
なるかもしれないのが心配です。

そういうお話など勝手に期待してます。
(老犬の床擦れなども心配です。)

(ハンコさん)

—————————————————-

 

シニア犬の飼い主さんから

床ずれのケアで良い方法があれぜひ知りたい

と言うリクエストをよく頂戴するようになりました。

 

また、床ずれまで行かなくても、いわゆる「寝ダコ」と呼ばれる
体重がかかる肘などの毛がスレてしまい
そこがタコのように固くなる、というケースもあります。

 

余談ですが、寝ダコは何もシニア犬に限ったことではなく
ウエイトオーバー気味の犬の場合もできやすいです。

 

本来、そこまで負荷がかからないはずなのに
自分自身の体の重みで、肘がすれているわけですから
肥満が原因で寝ダコが出来ているケースだと
タコをケアしつつ減量も大切になってきます。

 

そこでこのメルマガでは「床ずれ=皮膚が破れているような状態」
と「寝ダコ」「肘のカサカサ」を分けて考え
どのようにケアしていくか?を今日からお話ししていこうと思います。

 

まずは「カサカサ」および「寝ダコ」の場合。

 

>先日肉球クリームを購入したのですが、
>肘のカサカサに塗っても大丈夫でしょうか?

 

>中飼いではないので、肘がカサカサで破傷風などに
>なるかもしれないのが心配です。

 

ハンコさん、ぐり石鹸の肉球クリームを
ご愛用いただきありがとうございます。

 

肘のかさかさにも肉球クリームはお使いいただけますよ。

 

かさかさが進行して、ひび割れなどになると厄介ですし
犬も痛い思いをします。

 

ぜひ、乾燥防止のために肘のかさかさにもお使いになってください。

もちろん、「寝ダコ」のような個所に塗っていただいてもOKです。

 

>老犬の床擦れなども心配です。

 

床ずれに関しては私も色々とご相談を受けるので
このケアについては専門の獣医師からもお話を伺っております。

「アロマを使ってケアできないか?」

といったリクエストもいただくのですが
床ずれに関していうと、アロマ等は却って逆効果になるケースがあります。

 

「え??そうなんですか?」

「じゃあ、いったいどういう風にケアしたらいいんですか??」

 

はい、実は私自身が犬の散歩中に山で枯れ枝で負傷した際に
(どれだけワイルドな散歩コースだよ…と言う突っ込みはなしで)

 

実際にこの方法でケアして治りが非常に早かったのと…。

 

同様に、3歳の息子の靴ずれによる水ぶくれと、
それが破れてしまった際に
やはり同じ方法でケアした際に、
息子を泣かせることなく手当てできたので

 

「痛くない」

 

という点でも非常にお勧めのやり方になります。

 

そこで次回から、私と息子が実際に試してみて効果を実感した
獣医師もお勧めの「床ずれケアのやり方」についてお話ししていきますね。

 

ちなみにセミナーなどで

 

うちの子は皮膚がジュクジュクしていつも血がにじんでいます。
 この場合のシャンプー方法を知りたいです

 

といったご質問を受けた場合にもご紹介している方法ですので
皮膚トラブルでお悩みの犬のケアにも応用していただけます。

 

楽しみにお待ちくださいね。

 

本日は以上です。
良い週末をお過ごしください。

■本日、メルマガ内でご紹介している肉球クリームはこちらです。


【肉球ケア用スティッククリーム】
オーガニックラベンダー+ティーツリー!
犬の手と足のツボマッサージ動画マニュアル付き!(単品)
https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&461m1

 

まとめ買いセットもご用意していますよ。

https://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&461m2

 

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。