犬の床ずれケア(3)ラップ療法のメリット~正常な細胞を殺さない方法


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日も犬の「床ずれ」のケアについてのお話です。

バックナンバーはこちらから。

 

犬の肘のカサカサや老犬の床擦れ、どうやってケアしたらいい?(1)

床ずれのケア「傷口が乾かないように覆う●●●療法」をご存知ですか?(2)

 

前回のメールでは「ラップ療法」のご紹介をしました。

 

これまで、傷口は「消毒液で殺菌消毒をし」「乾かす」
という方法でのケアが中心でした。

 

もちろん屋外でのケガなどで傷口が不衛生な状態の場合
殺菌消毒は必要です。

 

いっぽうで、床ずれなど

 

「自宅で寝たきりになり、
体重が体の一部に集中してかかることによって
発生した褥瘡(じょくそう)」

 

の場合は、ラップ療法が適しているケースもあります。

 

理由は、床ずれ部分を生理的食塩水などで洗うことによって
清潔を保つことが可能であることと
屋外で出来た傷などとは違って
消毒無しでも適切な管理が可能なケースが多いということです。

 

消毒液は雑菌を殺してくれますが、
同時に傷部分の正常な生きている細胞も殺します。

 

そのことが傷の治りを遅くするケースもあることが指摘され
それであれば、洗浄などで適切に管理が可能な場合は

 

●生理的食塩水+ラップ療法

 

を選択肢の一つに入れてみてもいいのでは?ということです。

方法は、

 

1:床ズレ部分を生理的食塩水で洗浄

2:ワセリンなどを清潔にした床ずれ部分に塗る

3:ラップをして、傷口が乾かないようにする

 

です。

 

「生理的食塩水ってなんですか?」

「傷口を乾かないようにするメリットは?」

 

これについては次号のメルマガでさらに詳しくお話ししていこうと思います。

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。