犬のスキンケアのお勧めのハーブ3種の紹介~犬のスキンケアにハーブを活用!(2)


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

前回のメルマガより「犬のスキンケアにハーブを活かす」というテーマで
話を進めています。

 

 

知らないと本当は怖い、ハーブだから100%安全の嘘!?
 ~犬のスキンケアにハーブを活用!(1)

 

前回のメルマガでは

 

「ハーブと言っても色々ある。
 それなりに薬効成分を含むし、
 場合によっては避けるべき禁忌もある。

 なので植物由来だからといって
 100%安全だというのは”思いこみ”ですよ」

 

「デメリットとメリット、両方知って
 上手に活用しましょう」

 

と言うお話をしました。

 

そして今日は、予告通り

 

●犬のホームケアに役立つお勧めハーブ3種

 

をご紹介しますね。

 

その3種のハーブとは?

●ラベンダー
●カモミール・ジャーマン
●カレンデュラ

です。

 

一つ一つ見て行きましょう。

 

———————————————

●ラベンダー(真正ラベンダー)

———————————————

スキンケアと言う視点で考えた場合、
ラベンダーのドライハーブをお湯で煮出した「ティー」は
外用の皮膚の洗浄液になります。

 

脂漏症や接触性皮膚炎、ノミに刺されて起こるかゆみや痛みを
和らげてくれると言われています。

 

また、バクテリアによる感染症の際にも
効果があるとされています。

 

ラベンダーはアロマテラピー用のエッセンシャルオイルとして
よく知られていますが
例えば6カ月未満の子犬や、シニアの犬の場合は
エッセンシャルオイルを用いるよりも
より穏やかで、作用のやさしい「ハーブティー」を使う方が適している場合もあります。

 

ラベンダーのドライハーブを、普通のお茶を入れるときの感覚で
急須に入れてお湯を注ぎ、ハーブティーを作って冷ましたものを
犬のシャンプー時にリンスがわりに全身にかけてあげるのは
非常に効果的なスキンケアになります。

 

———————————————

●カモミール・ジャーマン

———————————————

 

カモミールには「ジャーマン種」と「ローマン種」がありますが
犬のケアに持ちいられるのは「ジャーマン種」が多いです。

 

今回はこの「ジャーマン種」でお話を進めていきます。

 

犬がノミに刺された場合に起きる接触アレルギーや
細菌、真菌(カビ、酵母の類)の感染症には
カモミール・ジャーマンのハーブティーを
冷たくした状態で洗浄液に使うことで抗菌効果が期待できるというデータもあります。

 

ハーブティーをしっかり冷まし、
フィルターなどできちんと濾して、
少量の食塩を加えて(生理的食塩水の濃度に近づけると尚よしです)
目にしみない洗浄液として用いる自然療法家もいます。

 

これは抗炎症作用、抗菌作用があるとされています。

 

細菌感染などでトラブルを起こした目の洗浄液として
ハーブティーを用いるというのはユニークな方法です。

 

もちろん、このハーブティーも「犬のシャンプー後のリンス」として用いることで
スキンケア効果が期待できるものです。

 

———————————————

●カレンデュラ

———————————————

 

カレンデュラは薬用のマリーゴールドとして栽培される種類で
黄金色の鮮やかな温かみのある色が特徴です。

 

その色だけでも見た人を元気づけますが
その中に含む成分が、非常に「スキンケア」には適しています。

 

例えば、フラボノイド、サポニン、カロテンなど
実に数多くの、複雑な薬効成分を持ち、

 

そのため、細胞の修復を助けたり
傷んだ皮膚から雑菌が侵入するのを防いでくれるとも言われています。

 

古くからカレンデュラの軟膏を塗ると、
擦り傷、切り傷などの痛みや腫れを素早く和らげることが知られており
デリケート肌のクリームのレシピにもよく用いられています。

 

また、カレンデュラのハーブティーは
ノミやうるしによるかぶれ、湿疹、日焼けなどで傷んだ皮膚の
修復を助ける皮膚の洗浄液として効果があるとされています。

 

このように、皮膚に関する様々な効果が昔から知られており
付いた異名が

 

「肌のガードマン」

 

です。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

ざっとお話ししましたが
こうしたハーブを使ったスキンケアは昔から私たち人間が
経験的に「効果がある」と実感し
世代を経て、現代まで大切に伝えてきたものでもあります。

 

また、今回ご紹介した3種のハーブは
ペットのための自然療法家が実際に多くの実践を重ね
適切に使用することで、犬にも安全に使用できることが
分かっているものばかりです。

 

こうした人間が経験を重ね、
受け継いできた知恵を家族である犬たちにも応用できるのは
嬉しいことですね。

 

我が家も冬の乾燥などで特別な効果のあるリンスを使いたい時は
ハーブを使ったハーブティーリンスを
人間も犬も楽しんでいます。

 

また、ハーブを使った手作り石鹸を組み合わせると
より効果的ですし
何より楽しみながら、犬をシャンプーしてあげることができます。

 

「ふーん、なるほど。
 ハーブをリンスに使うって良さそうですね。

 ところで、諸橋さんは何故犬のシャンプーに”石鹸”なんでしょうか?

 ハーブを使った手作り石鹸ってどういうものなんですか?
 液体のシャンプーと何がどう違うんでしょう?」

 

そうお考えの方も多いと思いますので
次号のメールでは

 

●手作り石鹸と一般的な液体シャンプーの違い

 

についてお話ししていこうと思います。

 

 

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。