ガンの犬の食事は?フードと手作り食併用の際の注意点は?!


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、先週から「犬の食に関するセミナーで学んでみたいこと」を
募集しています。

 

興味深いご質問がたくさん届いていますので
今日もそれをご紹介して行こうと思います。

 

———————————————————

 

いつもメルマガを楽しませてもらっています

 

我が家ではてんかん発作発症をきっかけに手作り食にしてから
多分四年ほどになります。

 

ドッグフードの頃よりも体調は良くなっていたのですが、
先月脾臓と眼球に腫瘍が見つかり摘出手術を受けた所、
脾臓は良性でしたが眼球は悪性黒色腫でした。

 

9歳という年齢と、恐らく取りきれていて
今のところ転移はしていないと思われますが

 

今までは全て加熱食でしたが、調べると癌には生食が良い、
炭水化物は少なめ、もしくは全く与えないなど様々です。

 

今は元気なのですが、術後まだ1カ月も経っていませんし、
あまり急激な変化はさせない方が良いかと思い生肉は与えていませんが、
炭水化物は以前より少なめにしています。

 

諸橋さんは癌の子の生食や炭水化物の摂取量については
どのようにお考えでしょうか?

 

また、癌に良いと言われる食材は積極的に取り入れたりしていますが、
癌にかかってしまったシニアの子の食事で、
薬膳の観点からも気をつけなければいけないことはどのようなことがありますか?

 

以前薬膳のセミナーにも参加させていただきましたが、
2月のセミナーにも是非参加させていただきたいと思っています。
宜しくお願いいたします

 

(ぽーさん)

 

———————————————————

 

手作り食とドライフード半々で与えています。
注意する点はありますか?

(ルビーさん)

 

———————————————————

 

さて、今回いぬの食事や薬膳についてとのことですが
参加したい気満々です。

 

「薬膳」

 

言葉ではよく耳にしますが、実際知っているか?と問われたら
ショウガかなぁ?という程度の認識で、
どのような事を質問して良いかもわからない状態です。

 

ただ、数日前のメルマガで「冷蔵庫にいれたショウガは風邪をひく」
この一言で、すぐさま冷蔵庫からショウガを助け出してあげました。

 

救出したショウガをすりおろして食べたうどんは、
今までに感じたことのない刺激で驚きました。

 

ショウガをすりおろして小分けにして冷凍庫で保存って、
節約本とか主婦本に掲載されていたりしますよね?
薬膳的な考えだったら、風邪どころじゃないということでしょうか?

 

薬膳って難しそう、ハードル高いと勝手に思っていたので
風邪ひきショウガの話が面白くて、一気に勉強欲が出てしまいました。

 

先生からのメルマガで、
知識を深めることのきっかけをたくさんいただいてます。ありがとうございます。
この数日、突き刺さるような寒さの札幌ですがお身体気をつけてお過ごし下さい。

 

追伸:お金のメンタルブロックのWEBセミナー、すごく勉強になって、
再放送も見ちゃいました。気持ちがラクになりました。
案内していただき、ありがとうございます。

 

(鼻ぺちゃぽんたろう。さん)

 

———————————————————

 

ぽーさん、ルビーさん、鼻ぺちゃぽんたろう。さん、
大変興味深いご質問ありがとうございます。

 

まず、このテーマから。

 

 

●ガンの犬に炭水化物を与えてはいけない!?

 

私であれば、セミナーで以下の順序でこのテーマについてはお話をします。

——————————————————————–

【ステップ1】

「何故、ガンの犬に炭水化物を与えてはいけないと<言われて>いるか」

<言われて>いるか、と言う視点で考えるのがかなり重要です)

と言う理由をまずは把握されることが大切です。

——————————————————————–

【ステップ2】

次に、その「理由」が信頼に足るデータをもとに言われているのか、
または都市伝説レベルのものなのか、を調べる。

——————————————————————–

【ステップ3】

その上で「代謝や栄養学で現在までに分かっている”客観的な事実”に基づいて」
自分自身の落とし所を見つける。

——————————————————————–

 

もしご興味があれば「糖新生」という言葉をGoogleでググってみてください。

 

その上で、糖質(炭水化物)を食事から絶つことの有効性について
検証されると、方向性が見えてくると思います。

 

「うーん、そんなの何か難しいですよ!
何かショートカットはないんですか!」

 

そう言う方はこの本を買って読んでみると
解説があるのでチェックしてみてください。

 

 

●愛犬のためのがんが逃げていく食事と生活
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&534m1

 

実際に食餌療法と治療を併称して
成果を出しておられる獣医師の先生の著作です。

 

分かりやすい言葉で書かれているので
理解がしやすいと思います。

 

 

そして、2つ目のテーマ。

 

>手作り食とドライフード半々で与えています。
>注意する点はありますか?

 

手作り食とドライフードを併用されているケースでの注意点は
カロリーオーバーにさえ注意しておけば
大きな問題はないと私自身は考えます。

 

今回はドライフードについてのみ触れられていますが
例えばウェットフード、セミモイストフードなど
形状が変わるとまた栄養比率が変わりますし
どの栄養が摂取過剰気味になるか…といった
気をつけたいポイントも変わります。

 

また、水分が多いフードの場合、
当然ですが品質維持のための添加物の種類と量も変わってきますから
また別の注意ポイントが出てきます。

 

その辺の判断基準をご自身で持てるように
フードに関する基礎知識を学ばれておくと
大きな安心材料になると思います。

 

ちなみにフードと手作り併用の方で

「栄養バランスの崩れが気になる!」

と言う方も多いのですが
栄養バランスはめったなことでは崩れません。

 

本気で栄養バランスを崩そうと思えば

(はい、本気で意図的に、というくらい気合を入れれば崩すことは可能です。
ただ、日常生活ではほぼ無理です)

崩せなくはないですが
そのためには

 

「絶対ビタミンCを含まないよう調整されたドライフード」

 

を実験用に用意し、
それしか絶対食べさせない!という徹底した実験環境を作り
数カ月間続ける、というくらいしないと

 

「栄養バランスが崩れる=欠乏症の症状」

 

が出てきません。

 

*これは実際の論文ベースの実験データに基づいて申し上げています。

 

ただ、「栄養バランスが崩れる=病気になるのでは!?」と
心配されている方は実際とても多いので

 

●栄養学の基礎を学ぶ

●代謝の基礎を学ぶ

 

この2点を重点的に勉強されると
かなり不安は減る可能性があります。

 

 

鼻ぺちゃぽんたろう。さん、から頂いたメールは

 

●本当はこうした方がいい

●でも、いろいろ忙しいし簡単で便利な方法があれば
 そっちを試したい

 

という2つの考えとどう折り合いをつけるか?と言う点で
非常に興味深いテーマですので
次号で引き続きお話ししていこうと思います。

 

最後に、今井さんのWEBセミナーお役に立ったようでよかったです。
私は今井さんの教材も購入していますが
いろいろな思い込みが外れて、
いろいろなことを実行に移せるようになりました。

 

今井さんのメルマガも面白いので
ぜひチェックしてみてください。

 

●ビジブレ(ビジネスブレインストーミング)
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&534m2

 

 

現在このようなご質問をお送りいただいていますが、
もし○○さんも犬の食事について疑問に思っていること、
犬の薬膳について知りたいことがあれば
どんな小さなことでも結構ですので
メールフォームよりお送りください。

 

セミナー開講時にどういう内容でお話しさせていただくか?という
参考にさせていただきます。

●メールフォーム:
(リアルタイムでメルマガをご購読いただいている方からのみ受付しています。
ご了承ください)

*個別のお返事は差し上げられないことをあらかじめご了承ください。

 

 

2014年2月28日(金)に札幌で犬の食事に関するセミナーを
開催します!

 

●午前の部:犬の手作り食の基礎…食べさせてはいけないもの、
栄養バランスなどを学ぶ【ペット食育入門講座】

 

●午後の部:犬の食事を「旬」や「食物のパワー」といった
ちょっと面白い視点で考えたい飼い主さん向けの
【はじめての犬と飼い主さんのための薬膳入門】

 

会場は札幌コンベンションセンターSORAです。

 

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&534m4

 

(地下鉄東西線:東札幌駅徒歩8分、
お車でお越しの場合は有料立体駐車場182台分完備)

 

お申し込みページは現在準備中ですので
是非スケジュールをあけて楽しみにお待ちいただければと思います。

 

薬膳セミナーは当日収録を行い
当日会場に足を運べないという遠隔地にお住まいの方にも
後日オンラインセミナーの形で販売を予定しています。

 

なので、「あー、遠い!いけない!」「都合がつかない!」と
がっかりしないでくださいね。

 

本日は以上です。

 

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。