てんかんを持つ犬とアロマの関係について~アロマの虫よけQ&A(2)


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、ここからは「アロマの虫よけ」に関する質問に
お答えして行こうと思います。

 

前回のメルマガで「アロマの虫よけ」に関する質問を募集したところ
たくさんのメールをお寄せいただきました。

 

その中からご質問の多かった内容に
回答して行こうと思います。

 

>こんにちわ。アロマの虫よけについて質問です。
>愛犬が一昨年原因不明の発作を起こし、
>てんかんの一種と診断されました。抗てんかん薬を飲んでいます。
>てんかんの場合アロマの使用に注意が必要だと思うのですが、虫よけは使用できますか?

 

M・Iさんよりいただきました。

 

てんかんを持つ犬の場合、
アロマ精油の中で「避けた方が良いものがある」というのは
良く知られている話です。

 

まず、その背景からお話ししますね。

 

てんかん発作は、ざっくり言うと脳の神経の異常興奮により
起こると考えられています。

 

ただ、何故異常興奮が起こるか?については
まだ分かっていないことが多いです。

 

個別のケースによって、何が原因になっているか?のも
異なるとする獣医師もいます。

 

そう言う背景の中、何故

「特定のアロマ精油をてんかんの犬が避けた方が良いと言われるか」

ですが…。

 

精油の中には「神経へ働きかける作用が強い成分」を含むものが存在します。

 

てんかんとの関連性でよく言われるのが

●ケトン類

という成分です。

 

「ケトン類=神経毒」

 

という言われ方もするので
「うわ!怖い~!」と言うイメージをもたれる方も多いのですが
すべてのケトン類が危険である、ということではありません。

 

どういうことか?

 

ケトン類でも『有毒』と呼ばれるレベルの強さを持つものは
通常のアロマテラピーでは使用しません。

 

そうした『有毒レベル』の成分を含む精油を
具体名でいうと

 

・セージ
・ヒソップ
・ペニーロイヤル

 

など、犬などの小動物に使用するには向きません、と
ただし書きがつくものばかりです。

 

上記の精油で事故が起こっている事例は、精油を「内服=飲む」と言う方法で
摂取した際に起こっています。

 

ケトン類には実は、粘液溶解(去痰)作用、抗菌、抗ウィルス、鎮静、鎮痛など、
さまざまなメリットがあります。

 

そのため、私はケトン類を含む精油の中でも
含有量が少なめで、
適切に希釈してマッサージオイルとして使用する、
またはディフューザーなどで空気中に拡散することで
低濃度で吸入するなどの安全な方法で使用するやり方で

 

・犬のための呼吸器ケア

 

ブレンド精油等は作成していますし
私自身、風邪をひいた際のケアに使用しています。

 

こういう「種類によって強度が違う」「使用する際の濃度も大事なポイントである」
という背景があるのですが、

 

「ケトン類=神経毒だから、
てんかんの犬の場合は神経を刺激する可能性があるので禁忌!」

 

と、一般的には言われている次第です。

 

ここで誤解されやすいポイントがあります。

 

それは、

 

「脳の神経が異常興奮する”回路”が既に出来上がっている犬に対し
 神経の刺激となる成分を含む精油を用いることは
 確かにてんかんの発作を誘発する要因の一つになる可能性がある。

(但し、どのくらいの量を用いるか?と言う濃度の問題が重要)」

 

という事は確かに言えるのですが、
それと

 

「神経を刺激する精油を使い続けると、てんかんになる!」

 

は、全く別次元の話だということです。

 

ここは大事なポイントなのですが…。

 

特定のアロマ精油を使い続けると、それが原因で健康な犬が
てんかんになる原因になる、ということでは「ありません」ので
この点は誤解のないよう、繰り返しお話しさせていただく次第です。

 

こんな風に成分を個別に詳しく見て行くと、
精油を水で薄めたものを、しかも「香りを嗅ぐ程度=吸入」という
アロマテラピーを用いる際に最も安全だとされる方法で使用する分には
通常、大きな問題は起こりません。

 

ただ、てんかんの発作は

 

「繰り返し起こすことで、その発作を起こす脳の回路を強化してしまう」

 

と言う特徴があります。

 

そのため、万一でもそうしたことを
引き起こすきっかけになっては大変なので
安全のために注意を促す、と言う意味が強いと思われます。

 

さて、そこで今回のご質問のケースですが…。

 

蚊よけ精油で使用している

●ペパーミント

にケトン類の一種である「メントン」が含まれています。

 

「メントン」は少量を用いる分には毒性なし、とする文献もありますが
これも個別のケースによるお話ですので
100%大丈夫です、ということは申し上げられません。

 

そのため、

 

安全のためには避けて頂くことをお勧めします。

 

ちなみに、ぐり石鹸の蚊よけ精油には

●ペパーミント
●レモンユーカリ
●シトロネラ

の3種類が含まれています。

 

そのため、既往症のある犬の場合は
獣医師に相談の上、ご使用くださいと
販売サイトでもご案内している次第です。

 

ペパーミント以外の精油「レモンユーカリ」「シトロネラ」についても
てんかんの犬の飼い主さんが使用していて全く問題無いケースもありますし
この2種類の精油も避けた方が良いとする説など
実際には諸説ある、というのが現状です。

 

以上のことを踏まえた上でご判断ください。

 

もし「ブレンド精油からペパーミントだけ抜いてほしい」といった
ご要望があれば、価格はそのままでカスタマイズ対応も可能ですので
個別にご相談くださいね。

 

 

———————————————————-

4/1より消費税増税につき
価格改定を行います。
虫よけのご購入は3月中がお得です。

———————————————————-

「アロマの虫よけコンプリートセット」は

 

「蚊よけ精油」+「スプレーボトル」のみの価格で

●ダニよけ精油1本(通常販売価格1,980円)をさらにプラスして

●お値段据え置きセット価格販売

を継続することにしました。

 

ぐり石鹸では「アロマテラピー石鹸」を制作・販売しているという都合上、
高品質のアロマ精油を大量・括仕入れを行っています。

 

そのため、高品質の精油で手頃な価格でお届けできる、というスケールメリットがあります。

 

例えば精油であれば、500mlどーん!と一括仕入れ!と言う感じですね。

(通常3mlサイズで売っているような精油を
ペットボトルのドリンクサイズで購入するところを
イメージしてみてください)

 

「虫よけ」は愛犬の健康を守るグッズであると同時に身近な

「日用品」

です。

 

 

「日用品」はできるだけ、手頃な価格であった方がいいですよね。

 

なので、ぐり石鹸はいろいろ悩みましたが
今年も

「ダニよけ精油もつけちゃって、今年も価格は据え置きでいこうや!」

と決めました。

 

ぐり石鹸から、犬の健康を真剣に考える飼い主さんを
応援したいと言う気持ちです。

 

どうぞ必要に応じて受け取ってください。

 

ちなみに、

「消費税も上がるし、本当はもう今年はダニよけ精油をセットにするのは
辞めようかな…」

と、ほんの一瞬だけ思ったことは秘密です。

 

*送料につきましては、運送会社より4/1より増税分の新運賃になる旨、
通達を受けています。

そのため、ぜひ4/1の増税前までに
愛犬を害虫から守るための「アロマの虫よけ」をぜひ手に入れてくださいね。

■アロマの虫よけコンプリートセット:ご購入はこちらから(PC専用)
http://store.officeguri.com/user_data/2013aromamusiyoke.php

 

■アロマの虫よけコンプリートセット(スマホの方はこちら)
http://store.officeguri.com/products/detail.php?product_id=28

 

本日は以上です。

ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!