犬にお勧め柑橘系アロマ精油(4)犬の口腔ケアにも使える精油


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

 

犬にお勧めな「リラックス効果の高い柑橘系精油」をテーマに
今日もお届けしていきます。

●レモン
●マンダリン
●ネロリ
●プチグレイン

の中から、今日お話しするのは「レモン」です。

 

 

———————————-

●レモン

———————————-

レモンも「光毒性」に注意が必要な精油のひとつです。

 

他の柑橘系精油同様、強力な抗菌作用があります。
また、気持ちを鎮める作用の強い精油でもあります。

 

なので、犬の気持ちを落ち着けるブレンドに使用し
香りを嗅がせる、というやり方がお勧めです。

 

また、レモンには抜群の消臭作用がありますので
ディフューザーで室内に拡散する事で
不快な匂いを消す効果も期待できます。

 

 

また、ちょっと上級向けの使い方にはなりますが
私は犬のマウススプレーのブレンドにレモンを使用しています。

 

 

我が家の場合は、メディカルアロマセラピー学会に所属する歯科医師の方の
実験データを参考に、ブレンドを作成しています。

 

口腔内で細菌が「バイオフィルム」を形成するのを
阻害するのに有意な効果が認められたとされる精油3種類をブレンドして使っています。

 

そのうちの1種類がレモン、というわけです。

 

ちょっと上級者向け、と書いたのは
口腔内に使用する精油であるため、完全無農薬の高品質な精油を使用する必要があることと、
適切な濃度に薄めるための分量を正確に把握する必要があるからです。

 

 

実際に私自身、レモンの精油をコップに1滴たらし
歯磨き後のマウスウォッシュとしても使用していますが
レモン精油のフレーバーは実にさわやかでクセになりそうな爽快感があります。

 

重ねて、抗菌効果があるため
歯磨き後の口腔内の雑菌増殖を抑える働きも期待できます。

 

犬の場合は、歯磨き後のマウススプレーとして使用しますが
犬にとってはあまり美味しい味ではないので
ものすごく渋い顔をします。

 

ただ、これはアロマのマウススプレーを使う際、
ある意味正常な犬の反応なので
我が家では、適当な間隔を空けて
ストレスに成らない程度に使用しています。

 

口腔内に使用できるグレードの精油としては
以下の物をお勧めします。

●プラナロム ( PRANAROM ) 精油 レモン

次号では、

 

●マンダリン
●ネロリ
●プチグレイン

 

の中から、

 

●マンダリン

 

をピックアップしてお届けします。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。