犬の不安分離症をケアするアロマテラピー(5)安眠を誘う精油の代表格


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日も

「不安分離症の犬に対するアロマケア」

を掘り下げていきます。

 

前回のメールでは

「精油は成分に注目すると、より目的とする効果を得やすい」

と言うお話をしました。

 

その一例として「ラベンダー」を取り上げました。

 

●犬の不安分離症をケアするアロマテラピー(4)
重要なのは中身:
https://www.officeguri.com/archives/4646

 

 

今日は「不安分離症の犬にお勧め精油」のうち

●カモミール・ローマン

を取り上げて行こうと思います。

 

 

カモミール・ローマンは別名「安眠の精油」と呼ばれます。

 

 

作用が非常に穏やかなので、子供にも安心して使える精油の一種です。
このことは、人間より体の小さな犬にも
安心してお勧め出来る精油であることを意味します。

 

 

鎮痙・鎮静・抗炎症作用などがあり
精神に幸福感を与える作用でも知られます。

 

 

ではこの作用の元になる成分とは一体何なのか?

「アンゲリカ酸エステル」

と言う成分がそれになります。

 

 

皮膚刺激もほとんどなく緩和で安全な成分といわれ、
果物や花が成熟した際に醸し出されるフルーティーな香りも元になる成分でもあります。

 

 

尚、カモミール・ローマンと言えばアンゲリカ酸エステル!と言われるくらい
カモミール・ローマンに特徴的な成分としても知られます。

 

なので、

「安眠を誘いたい」

「緊張感を和らげたい」

と言う場合は、アンゲリカ酸エステルを多く含む、
カモミール・ローマンを使用して
犬のアロマケアを行い、その恩恵を受ければよい、ということになります。

 

 

 

余談ですが、私が行う対面式のセミナーでは
カモミール・ローマンは【単独】では
実はあまり人気がありません。

 

 

個人的には非常にリラックスを誘う香りだと感じるのですが
アロマテラピーにはじめて触れる方の多くには

 

「匂いが濃い、きつい」

 

と感じられるようです。

 

一方で、他の精油とブレンドしたり
マッサージオイルや他の製品等とブレンドすると
心地よい香り!と感じられる方が多く

 

「薄める、またはブレンド向きの精油」

 

と言うような印象が個人的にはあります。

 

 

品質が確かな精油で試してみたい!と言う場合は
プラナロム社のこの精油がお勧めです。

●カモミール・ローマン(プラナロム社)

 

ただしこの精油、アロマテラピー初心者の方の場合
ちょっと躊躇してしまう価格帯でもあります。

 

この値段はちょっとなあ…と言う場合は、
Office Guriの「犬用ブレンド精油:ストレスケア」をお勧めします。

 

カモミールローマンをブレンドの一部に使用しています。
他のフローラル系の香りと合わせているので
初心者の方にも使いやすい香りになっています。

 

ご興味のある場合は、必要に応じてご検討ください。

【ブレンド精油】犬のためのリラックス&心とストレスケア
https://store.officeguri.com/products/detail.php?product_id=57

 

 

 

マッサージオイルもご用意しています。

【マッサージオイル】犬のストレスケア用ブレンドアロママッサージオイル(30ml)
https://store.officeguri.com/products/detail.php?product_id=59

 

 

本日は以上です。

 

次号では「スイート・マジョラム」を取り上げて行きます。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。