犬の食事に夏野菜を活用する(5)生活習慣病予防や抗酸化作用で注目される野菜


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

現在「夏野菜を犬の食事に活かす」というテーマで
お話ししていますが

 

「具体的なレシピが参考になる」

 

とうお声をたくさんいただいています。

 

今日からはこのシリーズ2つ目の夏野菜
「トマト」を取り上げて行こうと思います。

 

薬膳の世界でも「トマト」は夏にぴったりの
身体のバランスを整える野菜として扱われています。

 

では、トマトには具体的に
どんな働きがあるとされているのか?

 

これについて今日は詳しく解説していきます。

 

——————————————————–

●胃を健康にして、消化を助ける夏野菜~トマト

——————————————————–

 

我が家の犬はトマトが大好きで
ミニトマトを庭に植えておくと
実がなると勝手に食べようとします。

 

黙って見ていると、まだ熟していない青い実まで食べようとするので
そこは「こら!」と怒ってやめさせますが
夏の時期は特にトマトは犬のいいおやつになっています。

 

カット済みトマトの水煮缶は通年入手可能なので
トマトの旬を外した時期でも
我が家ではトマトの水煮缶を使った料理もよく作ります。

 

 

https://instagram.com/p/rOf2RmC8DY/

 

トマトは抗酸化成分「リコピン」を含むことで注目されていますし
生活習慣病の予防などにも一定の効果があるのでは?と
研究がすすめられています。

 

 

●リコピンと生活習慣に深くかかわる疾病に関する研究
https://www.kagome.co.jp/tomato/tomato-univ/medical/yobou.html

 

ここまでは、一般的な栄養学の視点で考えた場合ですね。

 

そしてここからは、薬膳の視点でトマトをみた場合の話。

 

トマトには、

 

●胃の働きを正常にする

●消化を助ける

●身体の余分な熱を冷ます

●喉の渇きを止める

●肝(肝臓および肝機能)を助け、解毒作用を高める

 

といった作用があると薬膳の世界では考えられています。

 

 

ざっと見ただけでも「夏バテ解消に何だかよさそうだな」
と言う感じがしませんか?

 

今が旬のトマトは値段も手ごろで栄養価も高いです。

 

犬の食事に取りれるのにはぴったりですし
飼い主さんも一緒にトマトを食べて
体調を整えるのもお勧めです。

 

では、このトマトをどのように調理して
美味しく食べたらいいのでしょうか?

 

次号では、ちょっと変わった「トマトを炒める、加熱する」と言う調理法で
美味しくいただくレシピを紹介しようと思います。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。