アロマで自己免疫力をあげられる!?~家庭の薬箱「犬と飼い主さんのためのアロマテラピー」(1)


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日からは

「愛犬の様々な悩みを解決したり、健康維持に役立つ
 アロマテラピー」

をテーマにお届けしていきます。

 

私自身、(社)日本アロマ環境協会認定の
アロマテラピーインストラクターの資格を保有しています。

 

 

これは人間向けのアロマスクールなどで教えるのに
適したプロフェッショナル資格です。

 

アロマテラピーに関する基本を学んだ上で
動物に、この場合は「犬」ですが
応用する際にはどんな風に使えばいいのか、等を学び
今に至ります。

 

 

アロマテラピーの基礎的な注意事項や、どのように作用するか?などを
きちんと理解した上で、

 

動物に応用する場合の安全のための注意を踏まえると
人間向けに書かれたアロマテラピーの書籍の内容も
必要に応じて犬向けにアレンジすることが可能です。

 

そうすることで、現在私は
アロマテラピーを以下のような用途で幅広く使用しています。

●犬のリラクゼーション

●シニア犬特有の咳・痰などの呼吸器ケア

●アロマの虫よけ(ダニ、蚊、ノミ、チリダニなど)

●犬のストレスケア

●食欲増進

●免疫強化

●疲労感軽減

●関節痛対策

●車酔い対策・吐き気対策

●恐怖心・不安分離症のケア

●歯周病予防のための口腔ケア

 

 

その他にも、

 

 

●犬の生活環境を清潔に保つアロマクリーナーの作成

●犬の肉球を保護する精油を使った肉球クリームの作成

●犬の体を清潔にする有機アロマクリーナーの作成

●犬用石鹸アロマシャンプーの作成

 

 

なども行っています。

 

 

我が家の場合は、犬の体に直接触れるお手入れ製品は
完全に手作りです。

 

 

 

「手作りでなければ!!」

と言う強いこだわりがあるわけではなく
ただ、アロマを扱うという職業柄、
我が家には精油が何十種類と常備されていますし

 

それぞれの用途を知っているだけで
ブラッシングスプレーや肉球クリーム等は
手軽にさっと手作りできてしまいます。

 

何より、どういう素材を使って作っているのか自分が分かっているので安心ですし
犬の状態や好みに合わせて完全にカスタマイズで作れるので
満足できて、質の高いものが作れます。

 

このように「アロマテラピー」は世間一般で思われているような

 

「いい香りでリラックス、癒し、ヒーリング」

 

的な側面だけでなく、

 

犬、そして私たち人間にとっても
体のちょっとした不調をケアしたり、精神面での安らぎや
安心感を得るために役立ってくれる【実用品】だと私は考えています。

 

 

そういう【実用品】としての側面、
そして安全で正しい使い方が、
より多くの人たちに知られることによって

 

「家庭の薬箱としてのアロマテラピー」

 

の恩恵を犬たちも受けられるようになるといい。

 

そう言う気持ちで、今回のシリーズはお届けしていきますので
ぜひ●●さんご自身の日常生活でも
取り入れていただければと思います。

 

尚、この無料メルマガでお届けできる情報量には限りがありますので

 

「アロマテラピーを基礎からしっかり学んで
 愛犬や自分自身の健康の健康維持に活かしたい!」

 

と言う方のための「有料オンラインプログラム」も今回はご用意しています。

 

 

こちらは、今日を含めてこれから7回お届けする
アロマテラピーがテーマのこのメールマガジン連載を
最後までお読みいただいた方へお知らせいたします。

 

 

連載を最後までお読みいただいた方限定の
オンラインプログラム購入時に利用できる

 

【お得なクーポン】

 

 

【プレゼント】

などもご用意しているので
ぜひ楽しみにお待ちください。

 

 

*オンラインプログラムのご案内はリアルタイムでメルマガをご購読中の読者の方限定です。
バックナンバー公開サイトでは
オンラインプログラム購入URLは公開いたしませんのでご了承ください。

オンラインプログラムにご興味のある方は、
この機会にメールマガジンをご購読ください。

●Office Guri公式メールマガジン:ぐり通信
https://www.officeguri.com/メルマガ登録/

 

 

さて、前置きが少し長くなりましたので
ここからいよいよ、事前に募集した「アロマに関するご質問」を
取り上げて行こうと思います。

—————————————————–

こんにちは!

 

我が家のフレブルのびぃーと
先月末に目の瞬膜フラップの手術をしました。

 

両目を傷つけてしまい・・片方はコンタクトを入れての治療で
なんとか回復しました。片方もあと少しで糸が取れます。

 

治療中に自己免疫力が大切と言われサプリ・野菜スープを与えて居ました。
自己免疫をあげるアロマなどがあればと思います。

 

それにヘルニアの疑いがある子もいるので
アロママッサージ&オイルがあればとても興味があります。

 

(びぃーとさん)

 

—————————————————–

 

いつもメルマガをありがとうございます。
取り入れやすい紹介をしてくださるので、色々、楽しく試しています。

 

今回の、アロマは「こういうことには使えるのだろうか?」について、
一つ、質問させていただきます。
食糞癖に対してアロマが何か有効なことがあるのでしょうか?

 

もうすぐ4歳になるパピヨンと、1歳過ぎたヨーキーがいます。

 

どちらも女の子です。

 

ヨーキーの方が、先住犬であるパピヨンのウンチを食べたり、
床やソファになすりつけて遊んだりします。

 

何に付けても先住犬を優先しており、接する時間も長いので、
拗ねたりするのか?と思ったり。

 

あるいは、単におなかが空いているのか?と思って、
食事を少し増やしたり。二匹の食事は、内容は全く一緒です。

 

ひどい時は毎日だったのが、最近では10日に1回くらいまで減りましたが、
それでも、汚れた床やソファを見る度にウンザリします。

 

ハウスに入れてしまえばいいのですが、基本はリビングで放し飼いなので、
ヨーキーだけをハウスさせるのも可哀想な気がしまして。。。

 

掃除して、ラベンダーとペパーミントを混ぜたミストをシュッとすると
悪臭がなくなるので、本当にこのメルマガで勉強させてもらって良かったと思います。

 

このアロマでリラックスしてくれて、食糞癖もなくなればいいのになあ、と。

 

でもそもそも、調べてみると精神的に不安定=食糞、
というわけではないようなので、こんなこと考えても無駄かなあとか、
堂々巡りの日々です。

 

もしも、何かアロマで改善を期待できることがありましたら、
ご紹介いただけると嬉しいです。よろしくお願い致します。

 

(ほのままさん)

 

—————————————————–

 

びぃーとさん、ほのままさん、メールありがとうございます。

 

まず、びぃーとさんのご質問への回答から。

 

びぃーとちゃん、無事手術を終えられてよかったですね。

 

さて、アロマテラピー精油の中には

「免疫賦活作用」

というものを持つものがいくつかあります。

 

 

「免疫賦活作用、なんじゃそりゃ?」

 

とお感じになる方もいらっしゃると思いますので
簡単に解説します。

 

精油に含まれる成分の中には
体に取りこまれることで、
免疫細胞を活性化する作用を持つものがあります。

 

 

これを利用して、ペットアロマセラピストの中には
特定の疾患や高齢のため、予防接種を受けることができない動物のための
アロマブレンドを作成し、使用しているケースもあります。

 

予防接種のワクチンの成分が体に合わず
接種すると生死に関わる重篤な症状を引き起こしてしまう、と言う犬が
世の中には少なからず存在します。

 

そう言う犬のために、

 

(つまり、病気予防のためにワクチンを接種することで発生するリスクが
ワクチンがもたらすメリットを上回ってしまうケースの場合)

 

ワクチンを接種出来ない代わりに
自己免疫を強化したり
精油自体に抗菌・抗ウィルス作用があるものを積極的に
犬の普段のケアに取り入れたりしているんですね。

 

 

健康維持のための自己免疫強化、と言う視点で考えた場合にも

「免疫賦活作用のある精油」

を犬用ボディミストというスプレーの形で
水で薄めて犬の体にスプレーしてあげる、という方法を取ることが可能です。

 

 

もちろん、植物オイルで精油を希釈しマッサージオイルにして
マッサージをしてあげるのでもいいですね。

 

犬にも使いやすく、安全性の高いお勧め精油は以下の3種類の精油のブレンドです。

 

●パルマローザ
●ユーカリ・ラディアータ
●ニアウリ・シネオール

 

3種類を同時に揃えるのが難しい場合は

 

「ユーカリ・ラディアータ」

 

の単独使用がお勧めです。

 

ただし、てんかんの持病がある場合は使用できませんので
その点にご注意ください。

 

 

次に、ほのままさんのご質問への回答です。

 

残念ながら「このアロマを使うと食糞が治る!」という
ピッタリなアロマ、というのは私が知る限り
ありません。

 

 

ただ、メールを拝見した限りでは
直接食糞を止めることにアロマは貢献しないかもしれませんが

 

「食糞、と言う困った習慣と向き合うことに疲れてしまい
正直うんざり!」

 

という、ほのままさんご自身のストレスを和らげるのに
アロマテラピーがお役に立てるのではないかと思います。

 

これは私自身が直接関わった事例から言えることなのですが、
何か犬に問題があって、その問題が今すぐぱっと解決!!
と言う風に行かない場合には
飼い主さんの気持ちの上での負担が軽い事、が
最終的に良い結果に結びつくケースが多いです。

 

なので、この機会に
ほのままさんご自身がアロマテラピーを使ったリラクゼーションを試みては
いかがでしょうか。

 

犬と一緒に使える精油で、リラクゼーション効果が高く
行き詰まり感や閉塞感を軽くしてくれる精油を
次号のメルマガでご紹介しようと思いますので
ぜひ楽しみにお待ちいただければと思います。

 

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。