薬膳的「秋」の食事(1)


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

私が住む札幌市は今朝、最高気温が18度です。

 

寒いくらいの方が、個人的には体調がいいのですが
服の枚数でちゃんと体温を調整しないと
風邪をひきそうな気温でもあります。

 

食事もそろそろ本格的な秋の食べ方に…と
考えなくてはいけない時期になってきました。

 

そこで今日からは、

「薬膳の考え方に基づいた”秋の食べ方”」

をテーマに、数回に分けてお送りして行こうと思います。

 

犬の食事も、少しずつ「秋」を意識した食材を取りれることで
秋特有の体調不良の予防になるケースもあります。

 

そもそも「秋」とは薬膳で考えると
どういう季節なのか?について今日はお話ししますね。

 

———————————————————

●秋~気温が下がり爽やかになる一方で、空気の乾燥が始まる。
 そのため、肺や喉など「呼吸器」を傷めやすい季節

———————————————————

 

蒸し暑い夏が過ぎ、あ~、ようやく爽やかになってきた!!と
感じられる一方で
空気の乾燥が進み、喉や鼻の不調を訴える犬や飼い主さんが
増える季節です。

 

また、夏の疲れなども「どっ!」と出る時期ですから
体を上手にいたわることも重要ポイントです。

 

空気の乾燥の影響で、
体内の水分も不足しがちになります。

 

そのため、体内を潤す食材、水分キープ力をあげる食事を
意識するのが「秋」の食べ方のポイントとなります。

 

それでは、体にうるおいを補い
秋の乾燥から体を守ってくれる食べ物には
どんなものがあるのでしょうか?

 

次号から、犬・飼い主さん共通で取り入れられる
「秋」の薬膳食材を具体的にご紹介していきます。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。