手作り食が間違っていると犬が病気になるのか(1)


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日から

 

「何故、手作り食初心者の飼い主さんは
 犬の体調不良は自分の食事が間違っているのでは…?という
 不安を抱えてしまうのか?」

 

と言うテーマを掘り下げていきます。

 

前回のメールでは

 

「犬が下痢をしました、
 私の手作り食が間違っているのでしょうか?」

 

「犬が便秘になりました。
 自己流の手作り食だとやはりだめなのでしょうか?」

 

このようなメールを、特に手作り食初心者の方から
いただくことが多い、と言うお話をしました。

 

 

手作り食初心者の方の場合、
何か犬の体調に変化が起きた場合

 

「変化=食事が原因では?」

 

と、様々なことを

 

「食事との因果関係」

 

で説明しようとする傾向があります。

 

もっと踏み込んで言うと
その中には、本来食事との関連性が全くないものや
食事と関連付ける必要の無いものも含まれているケースがあります。

 

もちろん、メールでご質問をくださった飼い主さんたちも
そうした可能性も考え合わせた上で
メールを送ってくださっている可能性もありますが…。

 

多くの場合、文面では「食事」にのみ触れられているので

 

「手作り食初心者だから、
 自分の食事が間違っているのかも?と
 常に不安に感じているのではないだろうか。

 

 だから、何か犬に不調が起こった際に
 自分のせいでは?と心配になっているのでは?」

 

と、推測する次第です。

 

もしそうだとすると、食事と向き合いながら
常に不安も抱えているわけで
そうなると、犬の食事に対して
楽しく向き合うことができません。

 

そこでこのメルマガでは

 

「何故、手作り食初心者の飼い主さんは
 自分の食事が間違っているのでは…?という不安を抱えてしまうのか?」

 

を今日からテーマとして掘り下げて行くことにした次第です。

 

不安を抱える原因が分かれば
悩みを解決する方法が見えてきます。

 

その原因を段階的に明らかにしていこうと思います。

 

 

手作り食初心者の方が

 

「犬の体調不良は自分の食事が間違っているからでは…?」

 

と不安になる原因は
ざっくり言うと

 

●犬の食事や健康に対する基礎知識の不足

 

から来ています。

 

…。

 

ただ、初心者の方にとっては

 

「どこからどこまでが基礎知識で
 何をどう勉強すれば不安にならないだけの範囲を
 カバーできるか分からない!」

 

というのが心情だと思いますので
ここでは

 

●一番最初に押さえておくべき基礎知識

 

として

 

●3つの基本事項

 

をピックアップしてお話しすることにします。

 

その3つの「基本事項」とは?

 

 

——————————————————————–

【1】食事が原因でそもそも病気になることはほぼあり得ないという事実

【2】栄養学の初歩的な基礎知識

【3】消化吸収に関する初歩的な基礎知識

——————————————————————–

 

順を追ってお話しします。

 

【1】食事が原因でそもそも病気になることはほぼあり得ないという事実

 

今朝、たまたま2チャンネルを観ていたらこんなトピックがありました。
(好きで時々見ています)

 

24歳の男性が、ラーメンが好きで週5回はラーメンを食べ
休日はラーメン屋2~3件をはしご、
スープは全部飲み干す、という生活を1年間続けたところ、

 

体重の増加は2kg程度で
全然太っていないのに、脂肪肝と診断を食らい
食事制限をしなくてはならなくなった。

 

大好きなラーメンがもう一生食べられないかと思うと
すごく悲しい…。

 

そんな内容です。

 

…。

 

はい、これはものすごく極端な事例ですが
通常、食事が原因で病気になるというのは

 

「つまりこういうこと」

 

を指します。

 

 

生活習慣病とか、そう言うケースですね。

 

そして

 

「自分の手作り食が間違っているせいで
犬が病気になるのでは…」

 

と心配されるような飼い主さんは
そもそもこういった極端な食生活を犬に強いることはないでしょう。

 

犬の健康に対して意識が高いからこそ
いろいろ心配になるわけで
そういう人がやたら脂っこい極端に偏った食事を犬に食べさせるというのは
まずあり得ない。

 

 

なので

 

「食事【だけ】が原因で、病気になると言うことは
よほどど偏った食事でない限り、
あり得ないので心配しなくていいですよ」

 

と言う話になります。

 

ただ、こういう反論もあります。

 

 

「でも犬と人間って違うじゃないですか!?

自分は偏りが無いと思っていても
犬にとっては犬独特の栄養バランスがあって
知らず知らずのうちに偏ってしまっているかもしれません。

不安なのはそこなのです!」

 

 

 

はい。
ここで、「栄養バランス」の話が出てきました。

 

 

犬の食事の初心者の方が感じる不安の多くには

 

●栄養バランス

 

が絡んできます。

 

 

あとは、
知らず知らずのうちに犬に食べさせてはいけないものを
食べさせてしまっていないか?という不安、

 

●食べさせてはいけないもの問題

 

も絡みます。

 

食べさせてはいけない食材などについては
本を読むことでかなりの知識を得られます。

 

私の個人的なお勧めはこの本です。

 

 

●Dr.須崎の犬ごはんの悩み相談室 [ 須崎恭彦 ]

 

 

お勧めの理由は
まず17ページからはじまる

「手作りごはんウソホント検定」

 

 

 

ここを読むだけで、世の中で言われている都市伝説的なことについての悩みは
ほぼ解消できるはずです。

 

 

例えば、18ページの

 

「Q5:ホウレンソウを与えると必ず結石ができる、ウソ、ホント」

 

などは152ページの解説も併せて読むと
初心者の方にとってはかなり勉強になります。

 

 

真剣に読むと、まる1日セミナーに参加して勉強したくらいの知識を
本から得られるはずです。

 

そういう意味では本というのは
コストパフォーマンスが本当に高いですね。

 

 

普段から犬の食事の悩みが多い人は
一度この本を読んでみるといいと思います。

 

では「栄養バランス問題についてはどう考えたらいいか?」

 

これについては、

 

【2】栄養学の初歩的な基礎知識

【3】消化吸収に関する初歩的な基礎知識

 

が深く関わってきます。

 

 

次号で引き続き、掘り下げて行こうと思います。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。