犬にアロマテラピーでできること(5)~医師がアロマテラピーを勧めるケースと犬への応用


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日も

●犬の健康管理にアロマテラピーを活用する

と言うテーマでお届けします。

 

既にこのメルマガでは
アロマテラピーでこんなことができますよ、ということを
お話ししてきました。

 

 

●アロマテラピーを使った犬に優しい虫よけ

●ストレスケア

●犬の身の回りの抗菌・抗ウィルス

●マッサージと併用することで犬のメンタルケアにも効果的

 

今日はより「具体的な悩み」に対し
アロマテラピーでこんなケアもできますよ、という事例をご紹介して行こうと思います。

 

—————————————————-

●痰が絡む咳を伴う、呼吸器のケアに

~殺菌効果と去痰作用のある精油を吸入する方法~

—————————————————-

 

このメルマガでは過去に繰り返しご紹介している事例ですが
初めて読みます!と言う方もいらっしゃると思うので
お話ししますね。

 

私自身が咳喘息で困っている際に
書籍で見つけた「医師が実際に使用して効果のあった」、

 

「呼吸器ケア用のアロマブレンド」

 

を試したら、咳が止まって楽になり
とても助かった、という経験があります。

 

アロマ製品は医薬品ではありませんから

 

●咳中枢に直接働きかけて咳を止める

 

というような、いわゆる咳止め的な作用の仕方はしません。

 

 

では何が良かったかと言うと、
私のような

●痰が絡む咳

の場合、まず気道で炎症が起こっています。

 

炎症が起こるような雑菌やウィルス、異物を吸いこんでしまったこと、
それに対する免疫力の許容範囲を超えてしまったので
痰が絡む、それによって咳が出ると言う症状が起こっていました。

 

痰も咳も、異物を体外に排泄しようとする
正常な体の働きです。

 

ただ、そうはいっても実際に咳が出ると苦しいし
私の場合は、呼吸器科に通い、気管拡張剤やステロイドの吸入を
数カ月続けていても一向に治る気配が無く
本当に困っていたんですね。

 

そこで、医師が実際に咳喘息の患者さんに勧めて効果のあった
喘息ブレンドを自宅で作って試してみたわけです。

 

このブレンドには

●殺菌・抗菌・抗ウィルス作用

●去痰作用

を持つ精油が含まれます。

 

殺菌作用を持つ精油を吸入することで
炎症の元になっている雑菌に直接アプローチできます。

 

また、痰などの粘液を分解するのを助け
排泄をスムーズにする作用が

●去痰作用

です。

 

そのため、原因となる雑菌を減らすよう働きかけながら
同時に咳の原因となる粘液の排泄もスムーズになるよう
考えられたブレンド、ということですね。

 

そしてこのブレンドを、

「病気ではないが、老犬特有の症状」

として、痰が絡む咳などで困っている犬用に
アレンジを加えた精油ブレンドを作ってみたところ
現在、多くのシニア犬の飼い主さんに使っていただき
喜ばれています。

 

このブレンドの購入者の方には

「呼吸器ケアに効果的な犬のツボ」

をご紹介した特別オンラインマニュアルを
プレゼントしているのですが
こちらも実践していただき、お役に立っているようです。

 

いかがでしょうか?

 

「へ~、アロマテラピーって本当にいろいろなことができるんですね!」

 

実際に我が家では
犬・人共に病気の際は真っ先に医療機関を受診しますが
同時に家庭でのケアで、かなりの割合でアロマテラピーを活用しています。

 

 

始めは「香りが体にいいって面白そう」という好奇心から勉強を始めましたが
いろいろと奥深く、応用範囲も広いアロマテラピーについて
もっと知りたいと思い
どんどん学びを深めてきました。

 

学ぶ過程で

 

「アロマテラピーの精油は薬理作用を持つから
 雑貨扱いで気軽に使うと危険な場合もある」

「犬に使用する場合は、適切な量を守ることが安全につながる」

「特定の持病を持つ犬はアロマテラピーを使用しない方がいいケースもあるから
 注意喚起が必要」

 

という、安全に使用するための大切なことも多く学びました。

 

 

学ぶために、通信教育で勉強もしましたし
アロマテラピーのプロフェッショナル資格を取得するための
受験勉強もしました。

 

札幌でなかなか犬のアロマテラピーに関する
専門的な講座が無かったので
飛行機に乗って、東京まで受けに行ったこともあります。

 

そういう意味では、時間もお金も結構投資しましたが
そのおかげで、現在、

●犬にも

●家族にも

ホームケアとして「アロマテラピー」を
「安心して」使うことができているので
投資した時間もお金も
十分価値があったな、と感じています。

 

今日はここまでです。

 

次号では「犬のためのアロマテラピーを学ぶ方法」について
お話ししていく予定です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。