東洋医学×アロマテラピーで「自宅で愛犬の予防医学を目指す」


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日からは新しいテーマを取り上げていきます。

先週配信したメルマガで

————————————————————

●「東洋医学×アロマテラピーで究極の予防医学を目指す」に
ご興味はおありですか?

————————————————————

と言う質問を読者の皆さんに投げかけ、
クリックで興味のある方は意思表示をしてください、と呼びかけたところ…。

 

かなりの数の方が

「興味がある!!」

と言う意思表示をされています。

 

そこで今日から数回に分けて

————————————————————

●東洋医学×アロマテラピーで「自宅で予防医学を目指す」

————————————————————

と言うテーマでお話をして行こうと思います。

 

 

●アロマテラピーは西洋の「薬草医学」から発達した自然療法です

●東洋医学は「中国古典医学」にベースを置いた医学です

 

 

「この2つがどう結びつくんですか?」

「東洋医学とアロマ!?ちょっと強引じゃないですか!?
 何か怪しいですね・・・・」

まあ、いろいろな感想を持つ方が多いと思いますが
要はこういうことです。

————————————————————

●アロマテラピーは植物に含まれる「揮発性に有機物」の「薬理作用」を
 人や動物の健康に活かそうと言う自然療法です。

 

●東洋医学は「病気は体のバランスが崩れることに原因がる」と
 考える医学です。

 

●なので、東洋医学的な視点で「体調不良の原因はどこにあるのか?」を考え
 その「原因」へのアプローチにアロマテラピーを活用する。

 

●必要に応じて、「原因」にアプローチする「ツボマッサージ」なども併用する。

————————————————————

 

「ふーむ、何だかわかったような、わからないような…」

 

そう感じている方も多いと思うので
次号からこのメールでは
ひとつひとつ、「アロマは初めて」「東洋医学って何ですか?」
という初心者の方向けに、順を追って
ひとつひとつ解説していこうと考えています。

 

●東洋医学×アロマテラピー

 

の考え方を使って
例えば犬の体のこういう日常的なトラブルも
お家で出来るケアがひとつ増えることになります。

 

・便秘
・下痢
・食欲不振
・ストレス
・アトピー

 

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。