犬に必要な東洋医学の基礎を「ピンポイント」で学ぶメリット。


おはようございます。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、昨日の21時より募集を開始した

●愛犬のための東洋医学の基礎知識

●薬膳の基礎知識

●ツボマッサージ・お灸の基礎知識

を3つまとめて、ご自宅で愛犬に「東洋医学のケア」を行うのに必要な

●基礎

を自宅で効率よく学んでいただける講座ですが
配信が深夜に及んだにもかかわらず早速お申込みをいただいています!

 

インターネットに接続できるPCさえあれば、いつでもどこでも
好きな時間に学んでいただける

●オンライン教材

としてご提供ですので
東洋医学について、自宅でじっくり自分のペースで学びたい、と言う方には
ピッタリな講座です。

 

 

「やあ、待ってました!早速詳しいことが知りたいです!」

と言う方に、くだくだしい説明も不要でしょうから
とにかくどういう中身か知りたい!と言う方は
今すぐ下記より詳細をご確認ください。

●ペットのための東洋医学基礎講座:オンライン版
https://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=34

 

 

さて、ここからは

「東洋医学の基礎を”犬のケアに必要な情報”だけ
ピンポイントで学ぶメリット」

についてお話ししていきます。

 

私自身、「犬に東洋医学のケアを取り入れたい!」と思い
情報を集め始めたのがあれこれ5年ほど前になります。

 

ただ、当時は「人間の東洋医学」についての情報はたくさんありましたが
こと「犬」となると全く情報がありませんでした。

 

試しに漢方薬局に行き「漢方薬を犬へ使いたいんですが」と相談してもみましたが

「犬への使用はちょっと…」

と渋い顔をされて終わりでした(笑)

 

まあ、よく考えれば獣医師でもないのに犬に漢方薬を処方したら
それはそれで問題ですから当然なのですが
当時は犬に関する東洋医学の情報はとにかく少なかったので
漢方薬局に足を運んでみる、くらいしかなかったのです。

 

東洋医学=漢方薬、みたいな思い込みが私自身もありましたし
でもまあ、黙っていても何も進まないので
まずは人間の漢方の勉強を始めることにしました。

 

漢方薬局が主催している通信講座があったので
まずはそこで、基礎的なことを学んでみたんですね。

 

すると、面白いことがわかってきました。

 

「へー、東洋医学って”漢方薬を飲むこと”だと思っていたけれど
そうじゃないんだ」

「まずは”体質”、つまり体を知ることか、へ~」

「季節によって、体のどこに体調不良が現れるか
だいたい決まっているんだな」

「食生活が大事っていうのは何となく知っていたけれど
一般的な栄養学とはずいぶん違った面白い考え方をするんだな…」

 

などなど、いろいろなことがわかりました。

 

そのコースを半年ほどかけて卒業した後、
今度は獣医師の先生が主催する、動物向けの東洋医学講座に参加しました。

 

その講座は、当時東京でしか開催していなかったので
北海道在住の私は飛行機に乗って
東京に3泊してみっちり勉強しました。

 

はっきり言って内容は、当時の私には難しく講座に参加しただけでは
理解が難しかったです。

 

でも、その後繰り返しテキストを読み返したり
他の専門書を調べたり理解を深めることができました。

 

あとは実際に自分が漢方薬を飲んでみたり、鍼灸に通ったりして
まずは自分の体で色々なことを試しました。

 

私は「犬に良さそうだ」と思うことは
まず自分の体を使って実験します。
人体実験ですね(笑)

 

それで良さを実感して、初めて「犬が受け容れ易いような」アレンジをして
犬に行います。

 

というわけで、私自身は「あ、東洋医学って犬に良さそう」と思い付いてから
実際に実践に入るまでに結構な時間と、
それとお金がかかりました。

 

私の場合は、犬に良さが実感できたら
セミナーや教材という形で多くの飼い主さんとこの情報を分かち合って
健康で楽しく過ごす犬たちが増えればいい、という考えがあったので
お金も時間も投資できました。

 

私の場合も、専門書や自己投資としてのセミナー代、
実践するのに必要なものを買いそろえるなどで
軽く80万円くらいは使っています。

 

ただ、一般の飼い主さんの場合、

「ちょっとそこまでは…いや、興味はあるんだけど
もっと手軽に学びたいです」

というのが本音だと思います。

 

私自身も東洋医学は多くの必要な人がもっと手軽に学べて
その結果、健康で楽しく過ごす犬が世の中に増えることが大事だと考えています

 

また、東洋医学について情報を集めるのに1年以上かかったり
犬に実践をはじめるのに何カ月もかかるのでは
時間ももったいないですよね?

 

私自身が結構遠回りをしたので
このぐり通信をお読みの読者の皆さんで、愛犬の東洋医学ケアに興味があります!
と言う方には、そういう遠回りは、できればしていただきたくありません。

 

●犬に必要な東洋医学の基礎を

●実践に必要な基礎理論と

●必要な実践方法

 

をコンパクトにまとめたのか今回の

 

●ペットのための東洋医学オンライン講座

 

です。

 

東洋医学のケアを必要だ、と感じていらっしゃる飼い主さんは
ぜひお申込みくださいね。

●ペットのための東洋医学基礎講座:オンライン版
https://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=34

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 

■追伸1:

以前もこの追伸欄に書きましたが
最近ちょっと大きな買い物をしました。

車(中古車)ですが、理由は今年
我が家の黒ラブ:ぐりが10歳になるからです。

今のところ、特に大きな病気も無く元気なぐりですが
大型犬の寿命、と考えると
残された時間をいろいろと考える時期に入ってきました。

ぐりはといえば、この数年結構変化が大きかったです。

人間の家族が増え(子供が生まれた)
犬の家族が増え(ニコがやってきた)
それまで一人っ子扱いだったぐりも、
なかなか一人っ子扱いと同様にはいかず
どちらかというと、後からやってきた傍若無人な子供と犬を

「やれやれ」

と言う感じて、黙って見守り、
世話をしてくれるポジションにシフトしていった感じです。

そんなぐりを、今年こそは
しばらくお休みしていたキャンプに連れていってやりたいな
カヌーも再開したいし
とにかくいろいろなところに連れて行き
楽しい思い出をたくさん作ろう!ということになりました。

で、車です。

現在乗っている車だと
家族全員が乗ってぎゅうぎゅうで
キャンプ道具が積めません(泣)

車がぎゅうぎゅうだとキャンプに行こう!という
気力自体が萎えるので
それではいつまでたってもぐりをキャンプに連れていけないではないか!
ということで、車を買うことに決めた次第です。

ぐりだって、あと10年生きることは…可能性としてはまああまりないですし
元気に活動できるうちに、と考えるとまさに「今」なわけで
そういう意味では、車を買うためにこつこつ貯金してきたお金を
今こそ使う時だ!と夫と考えが一致しました。

「ぐりが元気でいられるのはあと何年かと考えると
やはり今だよね」

というのを、車選びの際に
何度も話し合いました。

なので、下見を始めて1週間、
購入を決定した車に至っては
見てすぐに「ああ、これだ」と決めて
その翌々日には現金一括払いで購入していました。

まあ、そのためのお金ですし
だから使わないと、意味がないぞ、と。

というわけで、今年はぐりとキャンプです。

荷台がかなり広い車なので
移動中ものんびり寝られるし
犬たちにも楽しんでもらえると思います。

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。