犬のホリスティックケアに興味のある方へ


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、今日から新しいテーマを取り上げていこうと思います。

このメルマガでは最近、書籍のご紹介をしていたのですが

●ホリスティック

と書名についている本の紹介URLが
鬼のようにクリックされていました(笑)

 

なので、みなさん「ホリスティック」というテーマに
非常に興味をお持ちなんだな、と
感じた次第です。

 

ところで●●さんは

●ホリスティックケア

という言葉を聞いたときに、どんなイメージを真っ先に思い浮かべるでしょうか?

 

ハーブを使った自然療法でしょうか?
アロマを使った代替療法でしょうか?

マッサージやツボ押しなど、
薬や治療にたよらない健康法!というようなイメージでしょうか?

 

実際にホリスティックケアと呼ばれる手段の中には

・ハーブセラピー
・アロマセラピー
・鍼灸
・マッサージ
・東洋医学的なケア

などが含まれます。

 

こうしたケアは一般の病院などで「治療」として行われるものとは別に
家庭でのケアとして行われる
または医療行為とは別のセラピストや自然療法家によるケアとして
行われているケースがほとんどです。

 

では、こうしたハーブなどのいわゆる「代替療法」を行えば
それはホリスティックケアなのでしょうか?

 

私自身はこうしたハーブやアロマセラピーというのは
確かに代替療法という「手段」のひとつだと考えていますが、

そうした「手段」を用いることが、イコール、ホリスティックケア、だとは
言えないと考えています。

 

いわゆる「自然療法」と呼ばれる「手段」を用いたとしても
その用い方が

●ホリスティックな考え方に基づいていない場合

それはホリスティックケアではなく、
手段としてたまたま自然療法を選択した、ということだと
考えます。

 

「うーん、諸橋さん、いまひとつ意味が分かりませんが…」

 

はい、そういう方も多いと思います。

 

なので、次回よりこのメルマガでは

●ホリスティックケア=生き物の全体を見る

という考え方について、お話ししていこうと思います。

 

このメルマガの読者の方の中には
犬へのアロマセラピーや東洋医学的なアプローチ、鍼灸や薬膳などに
興味をお持ちの方が多いですが、
そうした代替療法をより効果的に犬に行うために

「ホリスティックの考え方の基本」

を理解していただくことは
お役に立てるのではないかと思います。

 

なのでぜひ、楽しみにしていてくださいね。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。