犬の薬膳とホリスティックケアの共通点


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、現在募集中の

●愛犬と飼い主さんのための薬膳講座オンライン版

ですが、引き続きお申込みをいただいており、
定員30名様の枠もかなり埋まってきました。

 

募集自体は8月26日まで行う予定ですが
それ以前に定員に達した場合は
期間内でも募集を締め切らせていただく場合があります。

 

薬膳を学んで愛犬の健康管理に生かしたい!という方は
お早目にお申込みいただくことをお勧めします。

 

尚、2015年8月21日(金)23:59までにお申し込みの方限定で
Office Guriが運営する「ぐり石鹸」の人気商品「ダマスクローズの肉球クリーム(通常販売価格1,900円)」を
引き続きプレゼントしています。

 

愛犬の足つぼマッサージの動画マニュアル(通常販売価格1,080円)付きですので
ぜひご活用ください。

●お申し込みはこちらから:
https://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=33

*募集期間は2015年8月26日までです。

*今回の募集人数は30名です。
募集期間中でも、定員に達した場合は募集を締め切らせていただきますので
あらかじめご了承ください。

 

 

さて、ここからは実際に現在講座を受講中の
受講生の方よりお寄せいただいたメールをご紹介しようと思います。

———————————————————————-

【 薬膳講座受講前はどんなことで悩んでいましたか? 】

以前はお腹の調子が悪い時やちょっと元気がない時などに
どんなものが良いのか手さぐりの状態で、お腹にはこれが良いなど、
短絡的な考え方でしか食材選びができずに、根本的にもこれで良いのかと疑問だらけでした。

 

【 他にも講座があるにもかかわらず何が決めてになって、薬膳講座を受講いただきましたか? 】

病気でない状態に対して出来ることはないかと思っていたので、
そういった観点から食事を見ていくという考え方を勉強したいと思ったことが決め手です。

 

【 実際に受講してみていかがでしたか? 】

体は色々な部分に相関関係があって、それぞれが影響を持っているということがわかって、
体調が悪そうだという目に見える部分以外にも働きかけることで
改善がみられることがあるというのは新しい発見でした。

受講前に根本的にこれでいいのか?という疑問に対して一つの答えを頂いた気がします。

 

【 薬膳を実践してみて良かったこと、嬉しい変化があればお書きください 】

今まで使っていた食材に対しても使う際に目的がはっきりするようになり、これから先、
元気でいるためのご飯と今の不調に働きかけるご飯、
というような意識を持って作ることができるようになりました。

(mami様)

———————————————————————-

 

mamiさんありがとうございます。

mamiさんは愛犬と実際にお家で作っている
薬膳ごはんのお写真をお送りくださっています。

https://www.officeguri.com/wp-content/uploads/wangohan_yakuzen.jpg

 

>体は色々な部分に相関関係があって、それぞれが影響を持っているということがわかって、
>体調が悪そうだという目に見える部分以外にも働きかけることで
>改善がみられることがあるというのは新しい発見でした。

 

ここが犬の健康、私たち自身の健康を考える上で
かなり大事なポイントだと、私自身は考えています。

 

このメルマガをお読みの方の読者の方の中には

●ホリスティックケア

に興味を持たれている方が多くいらっしゃいます。

 

私自身も、犬の健康について学び始めた当初
はじめに取得した資格が

「ホリスティックケア・カウンセラー」

というものでした。

 

当時の「ホリスティックケア・カウンセラー養成講座」のテキストには

「ホリスティック=生き物全体を見る」

という定義が初めにしっかりかかれていました。

 

これは、これからあなたが勉強するのは
生き物の健康を、問題がある部位だけでなく、生き物を取りまく環境も含めて
全体でみるんですよ、というのを
最初に叩き込むために書いているんだな、と
当時の私はそう解釈しました。

 

今でも、その時感じた根幹の部分は変わっていません。

 

ただ、過去このメルマガでも触れていますが
最近は

「ハーブを使えばホリスティックケア」

「アロマだからホリスティックケア」

という風に、「手段に何を使うのか?」がホリスティックケアの条件、のように
解釈されているケースもあります。

 

私は個人的に、それはちょっと違うな、と考えています。

 

大切なのは、生き物全体を見て、どうアプローチするか?です。

 

そこには「体全体はつながっている」という視点が欠かせませんし
体だけの問題でなく、その犬の住環境、
精神状態に影響を与えるストレスの存在などの
外部の要因にも目を向ける必要があります。

 

これはどういうことかというと、
皮膚にトラブルがあれば、当然病院に行って薬をもらうなどの処置をしますが
その上で、

「この皮膚トラブルの原因は?」

と、深く突っ込んで考えるのが
本来のホリスティックケアではないでしょうか?ということです。

 

例えば、精神的なストレスが皮膚疾患の引き金になるケースもあるでしょう。

 

皮膚に普段、普通にいるような常在菌に負けてしまい
トラブルになっているようなケースであれば
皮膚バリアが壊れるような要因が
体の別のどこかにあるのかもしれません。

 

(例えば、極端に皮脂の分泌が少なくなって皮膚バリアが壊れた、というような場合
食事内容や、胃腸に問題がないか?という視点も加えることで
皮膚以外へのアプローチも選択肢として浮かび上がってくるケースもあります)

 

こういうことを総合して、まさに文字通り「全体」で考えるのが
ホリスティックケア、というのが
私個人の理解です。

 

そういう意味で「薬膳」は
確かに食事のことを主に言っているのですが
考えているのは常に

「体全体の状態のバランスを整える」

ということです。

 

腎の調子が悪ければ耳に影響が出るとか、

血液の状態が悪くなると、皮膚や毛に影響が出るとか、

だから耳のケアと同時に腎のケアをしましょうとか

血液の質を改善すると同時に血行もよくしましょうとか

そういうアプローチになります。

 

もし、「ホリスティックケア」を学んでいる読者の方で

●犬の健康を全体で考える

という本質を学びたい、という場合は

●薬膳

の基礎を学ぶことがお役に立てます。

ぜひご検討ください。

●愛犬と飼い主さんのための薬膳講座入門:オンライン版
  お申し込みはこちらから:
https://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=33

*募集期間は2015年8月26日までです。

*今回の募集人数は30名です。
募集期間中でも、定員に達した場合は募集を締め切らせていただきますので
あらかじめご了承ください。

*本日2015年8月21日(金)23:59までにお申込みいただいた方は
「ローズの肉球クリーム(通常販売価格1,900 円)」をプレゼントとして受け取っていただけます。

→ ローズの肉球クリームの詳細はこちら:https://store.officeguri.com/products/detail.php?product_id=104

肉球クリームは愛犬の足つぼマッサージの動画マニュアル(通常販売価格1,080円)付きですので
ぜひご活用ください。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。