アレルギーで食事制限のある犬の場合、タンパク質はどう補ったらいいですか?


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

本日より新しいテーマでお届けする予定でしたが
週末に「犬の栄養バランス」についてのご質問を何件かお寄せいただいたので
今日はそれに回答していこうと思います。

—————————————————————-

諸橋先生、いつもためになるメルマガをありがとうございます。

栄養バランスがテーマのメルマガでしたので
我が家の犬の食のことで質問したいことがあり
送ってみることにしました。

メルマガで取り上げていただければ幸いです。

我が家の犬はアレルギー検査でひかっかる項目が多く、
食べられる肉類・魚類にかなりの制限があります。

こういう場合、
タンパク質がちゃんと摂取できるか不安になります。

こういう場合でもタンパク質をきちんと摂取できる食事について
ご教示いただければ幸いです。

(Wさん)

—————————————————————-

Wさん、ありがとうございます。
同様のご質問を数件頂戴していますので
まとめて回答させていただくことにしました。

 

>我が家の犬はアレルギー検査でひっかかる項目が多く、
>食べられる肉類・魚類にかなりの制限があります。

 

肉類、魚類でアレルギー検査でひっかかる項目が多い、という場合
食事については担当の獣医さんとよくご相談いただき
制限がある場合はそれに従う、というのが前提でお話をさせていただきます。

 

まず、肉類、とひとくちにいってもいろいろ種類がありますよね。

 

鶏肉はだめだったけど、豚肉は大丈夫だった、でも牛肉はだめ、等。

 

もし、種類が少ないながらも食べられるものがある、
かつ、その食材がスーパーなどでも手に入れやすい
ごく普通の手ごろな食材である場合、それをまず第一選択肢として活用するのがお勧めです。

 

魚も同様です。

 

魚すべてがだめなわけではなく、
1つか2つでも、スーパーで買えるレベルの魚がOKなのであれば
それを上手に活用してみてください。

 

調理法を変える、それる野菜を変える、
メインの主食を麺、ごはんなどバリエーションを持たせることで
結構色々な食事が作れます。

 

「肉や魚も色々な種類を本当は食べさせて、
 ローテーションさせた方がいいのでは…」

 

と不安に感じる方もいらっしゃいますが
食べられる肉や魚に制限がある場合、
食べられる肉や魚の種類は少なくても、一緒に添える野菜類を何にするか、
などでバリエーションを出せるのでいいや、という気楽な気持ちで
犬の食事と向き合うのがお勧めです。

 

また、タンパク質=肉、魚!というイメージですが、
肉や魚以外の食材にもちゃんとタンパク質は含まれています。

 

 

これは、栄養学の基礎を学ばれた方であれば

「そうそう」

とごく普通にうなづかれる話ですが
特に栄養学については今まで勉強する機会がなかった、という場合

「え?タンパク質といえば肉や魚じゃないですか!?」

と、驚かれる方も多くいらっしゃいます。

 

何を隠そう隠しませんが、
私自身も過去、栄養学について学びを深める以前には
タンパク質と言えば「肉でしょ?」くらいのイメージしかもっていませんでしたので
驚く方の気持ちも良くわかります。

 

でも、実際には植物性の食材にも
タンパク質は含まれています。

 

例えば「大豆製品」にはタンパク質が豊富です。

 

豆腐、納豆、枝豆など犬の食事に使える食材の中にも
大豆製品は色々とあります。

 

世の中にはアレルギーなどの理由で
動物性のタンパク源がほとんど食事に使えない、というケースもありますが
そういう犬の飼い主さんも
大豆製品などを上手に活用してうまくやっている方が
たくさんいらっしゃいます。

 

いかがでしょうか?

 

栄養学の基礎知識があれば、

「肉や魚がだめでも、大豆製品があるさ!」

と、こっちがだめでもあっちがあるよね、と
複数の選択肢の中から、より良いと思えるものを選べます。

 

また、そうした基礎知識があれば
獣医師と食事の相談をする際も

「肉、魚類がだめなら豆腐や納豆を活用しようと思いますが
 先生はどう思われますか?」

という風に、アドバイスを求めながら進めることができるようになります。

 

方向性を自分である程度決めた上で
病気のプロである獣医師のアドバイスを受けながら
犬のアレルギー対策に取り組めるようになれば
食事に対する安心度が増すのでは?と私自身は考えています。

 

そのため、もし●●さんが

「そうだよな、犬の食事と向き合う上で
 栄養学の基礎的なことがわかっているだけでも
 確かに安心要素が増えるかも…」

とお考えの場合は、ぜひ一度、犬の栄養学の基礎を学んでみることをお勧めします。

 

Office Guriでも「犬の栄養学の基礎」を学べるオンライン講座を
近日お届けできる予定ですので
必要を感じる方はぜひ楽しみにしていてくださいね。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


★犬の手作り食・アロマセラピーなどのホームケア情報メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。