犬の食事やアロマを学ぶお勧め書籍9冊の紹介


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて今日は過去に配信して「非常に参考になった」「定期的にまた紹介してほしいです」という
反響を多数いただいた

●犬の健康に関するお勧め書籍

を再度ご紹介しようと思います。

 

気になる本があれば、ぜひ書店などでチェックしてみてくださいね。

●マッサージ関連書籍3冊:

————————————————————————

●犬・猫に効くツボ・マッサージ [ シェリル・シュワルツ ]

犬のつぼマッサージに興味がある方は
どのようなツボがあるのか?どういう症状のときに
どういう風に使うのか?を知るのにこの書籍がお役に立ちます。

 

ただし、初心者向けの内容、というわけではないので
読みこなして実際に実践するには
他の参考書籍を併用したり
東洋医学の基礎知識を勉強する必要があるケースがあります。

 

いずれにせよ、犬のつぼマッサージに興味のある方が
ツボマッサージとはどういうものか?という概要を
まず知るためにはお役に立つ内容です。

————————————————————————

●愛犬のリフレクソロジートリートメント入門 [ クリスチャン・ヨンセン ]

リフレクソロジーは人間向けの自然療法サービスとして人気がありますが
犬にもそれを応用している人たちがいます。

 

リフレクソロジーというのは、基本の考え方は東洋医学の経絡・ツボにベースを置きますが
特に内臓に対して働きかけることを意識し
体のさまざまな部分を刺激する自然療法です。

 

————————————————————————

●ドッグホリスティックケア あなたの愛犬を癒す、心と体のマッサージ /松江香子

こちらは現在、中古本での入手が可能です。
食事やアロマセラピーについても本の中で触れられていますが
初心者向けのドッグマッサージの図解が親切です。

 

もし図書館などで見る機会があれば
一度チェックしてみることをお勧めします。

—————————————————————-

●犬のアロマセラピーを学ぶのにお勧めの書籍3冊:

ドッグアロマセラピーはとても素晴らしいものなのですが
まだまだ世間的には一般的ではありません。

ドッグアロマセラピーを学べるセミナーなども
一般の人間向けのセミナーなどに比べると数が少ないです。

そこでまずは参考図書を読んで勉強してみよう、ということになるわけですが
実はドッグアロマの書籍も数は多くありません。

そこでお勧めなのは、まずは人間向けのアロマセラピーの書籍を読んで
基礎的なことを学ぶことです。

そこに犬に応用する際の注意点をプラスして学ぶのが
お勧めの姿勢です。

—————————————————————–

【1】アロマテラピー検定試験1級・2級に一回で合格するための問題集

*これはアロマテラピー検定用の試験問題集ですが
受験を目的としない方でも、
基礎的な知識がコンパクトにまとまっているのでお勧めです。

—————————————————————–

【2】医師がすすめる「アロマセラピー」決定版―肥満、ぜんそく、アトピーからパニック障害まで撃退!

*医師が実際の治療に「アロマセラピー」を応用している事例とレシピ集です。
人間向けの書籍ですが、犬に使用できない精油などを除けば
十分犬に応用可能です。

お勧めの良書です。

—————————————————————–

【3】愛しのペットアロマセラピー

犬に使用する際の注意事項等がまとまっています。

但し、専門的な内容を含むため
独学で学ぶには基礎的なアロマセラピーの基礎知識がある方が
内容を十分に活用できます。

—————————————————————–

*絶版につき現在購入が難しい書籍を含みます。
図書館などで探していただくことをお勧めします。

 

●犬の食事関連3冊:

—————————————————————–

●Dr.須崎の犬ごはんの悩み相談室 [ 須崎恭彦 ]

実際に一般飼い主さんが、犬の食事について悩んでいるポイントを募集し
それに回答する形で書かれた本です。

なので、犬の食事作りの初心者の方が
不安を解消するのに役立ちます。

また、病気の犬が食事を変えてこのように変化した、という
実際の体験談が多いところもお勧めの理由です。

—————————————————————–

●美人になる栄養学 [ 浅尾貴子 ]

犬向けという訳ではありませんが、栄養学について基本的なことを
ちょっと学んでみようか、という場合にお勧めです。

栄養学の基礎を学ぶ事で

「コラーゲンを食べたからといって、果たしてそれが
 そのまま体の中でコラーゲンになるのだろうか?」

というあたりの疑問は解消されます。

犬関係にしぼって情報を集めようとすると
範囲が限られますが

「犬と人間の違い、共通点」

を正しく理解した上で、こうした人間向けの一般書を読むと
安心材料が増えるのでお勧めです。

—————————————————————–

●ペットのためのハーブ大百科

動物にハーブを活用する事で
口腔ケアや胃腸ケアに役立つケースがあります。

そういう場合は専門書を1冊手元に置いて
都度調べる事で、安全に活用する事が可能です。

その専門書としてお勧めです。

 

 

いかがでしょうか?
普段感じる疑問などを専門の書籍を読むことで解消できるケースも多くあります。

ぜひ参考にしてくださいね。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。