隠しメニュー?裏で人気の犬にローズのアロマケア製品について。


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、先週末に発売を開始した

「東洋医学アロマセラピー精油」

ですが、さっそくお申込みをいただいております。
ありがとうございます。

3種のセットが人気です。

●【東洋医学アロマブレンド】ブレンド精油「肝・心・脾」「肺」「腎」ブレンド3本セット
https://store.officeguri.com/products/detail.php?product_id=139

その他にも、関連商品で
こちらは特に「東洋医学アロマセラピー精油」としては販売していないのですが
やはりひそかに人気です。

東洋医学アロマセラピー精油と一緒に
購入されている方が非常に多いです。

●ローズのマッサージオイル:
https://store.officeguri.com/products/detail.php?product_id=105

●ローズの肉球クリーム:
https://store.officeguri.com/products/detail.php?product_id=104

 

実は、「ローズ」の精油は東洋医学の視点でみると

「心(「しん):心臓および循環器系」

のケアにお勧めの精油になります。

 

「心」のケアに使用する精油は「精神を鎮め」「血(けつ)の流れを良くし」
「心をゆったりと落ち着ける」という作用が期待できます。

 

メールでよくいただくご質問の中に

「愛犬が心臓にトラブルを抱えています。
 もし、普段からアロマセラピーで香りを使ったリラックスを促すとしたら
 どういう精油がお勧めですか?」

というのがあります。

 

東洋医学の視点でもし精油を選んでお勧めするとしたら
私は迷わず

「ローズ」

をお勧めしています。

 

ローズの精油の甘い香りは、特にリラクゼーション効果が高く
例えばローズの肉球クリームを塗って肉球を軽くマッサージするだけでも
犬がリラックスして、深く眠れるようになった、というフィードバックを良く頂戴します。

 

また、病気を抱えた犬の飼い主さんは
いろいろと不安を感じる場面が多いですが、
愛犬のケアを通してローズの香りを嗅ぐことで
自分自身の気持ちがゆったりとほぐれて、元気が出てきた、というメールも
たくさんいただきます。

 

アロマセラピーは医療行為ではありませんし
もちろん薬ではありません。

 

そのため時々「心臓病に良い精油はありませんか?」と治癒効果を期待して
ご質問をされてくる方に対しては

「精油に治療効果は期待しないでくださいね。医薬品ではありませんよ」

とお答えするのみにとどめています。

 

一方でアロマセラピーの最大の持ち味である「香り」がもたらす精神的な恩恵は
非常に大きなものがある、と私は個人的に感じている次第です。

 

犬や飼い主さんの精神がほぐれて、不安が軽くなる、
気持ちが明るくなる、そういうことが体にもたらす影響は
数値では確かに計り知れませんが、健康を考える上で非常に大きなウエイトを占める、というのが
私の考えです。

 

また、精油自体がもつ薬理作用やマッサージとの併用で
血流が良くなるなどの物理的な影響も実際にもたらされます。

 

そういう意味でローズは非常にお勧めなのですが
精油を単独で購入しようとすると、1mlで4000円前後するなど
アロマセラピー初心者の方が購入するにはちょっとハードルが高いな…と
感じさせる価格であることも事実です。

 

そこでOffice Guriでは
ローズの精油を利用しやすい

●肉球クリーム

●マッサージオイル

というケア製品の形でご提供している次第です。

 

もしご興味のある方は
ぜひ東洋医学アロマ精油と一緒に、ローズ製品もチェックしてみてくださいね。

https://store.officeguri.com/user_data/rose.php

 

東洋医学アロマセラピー製品一覧はこちらです。

●東洋医学アロマセラピーブレンド精油:
https://store.officeguri.com/products/list.php?category_id=56

 

 

さてここからは「東洋医学アロマブレンド精油ってどういうものだろう?」と
詳しく知りたい方のために書きます。

私は普段、犬のアロマセラピーを愛犬の健康管理に生かしたい!と希望される方向けの
セミナーを企画したり、オンライン講座を販売したりしています。

その際、多くの方がつまずかれるのが

「犬に安全な精油の選び方がわからない」

「精油は色々な種類があって、面白そうなので色々試してみたいが
 全部買おうと思うとコスト的に結構厳しいものがある」

という2点です。

 

精油については色々なメーカーのものが販売されていますが
品質は結構バラバラです。

 

そのため、まず「安全な精油」という部分を心配されている方のために
今回は特にAEAJ認定アロマセラピーインストラクターというプロフェッシュナル資格を保有する私自身が
自信をもってお勧めできる

●有機栽培精油

のみを厳選し、「東洋医学ブレンド精油」を作成しました。

 

すべて有機栽培認定であるだけでなく、成分分析や原産国の指定、
抽出部位まで明らかな確かなものを厳選していますので
安心して犬にお使いいただけます。

 

また、これはアロマ製品を企画する際の私の個人的なポリシーですが
精油はすべてまず私自身が入浴などに使用する、
肌に塗るなどの方法で安全性をテストしています。

 

(もちろん精油を肌に直接塗る方法は一般的には厳禁です。
私の場合は、専門知識があるため、一定の条件下で安全に行うことで
まず自分自身でテストしています)

 

人間が安心して使用できないような精油は、犬には当然使用できない、というのが
私自身の基本の考えだからです。

 

そしてもう1点。

「色々な精油を試してみたいが、一から全部そろえると結構コストがかかる」

という悩みは、今回、複数の精油をブレンドした

●ブレンド精油

としてご提供することで、お役に立てると自負しています。

 

特に今回は「肺」なら「肺」、「腎」なら「腎」と
ケアしたい体の部位別に精油をブレンドしていますが
香りが心地よく、それぞれの部位に働きかけるとされる精油を厳選してブレンドしています。

 

アロマセラピー初心者の方が「ブレンドを自分でゼロから考える」となると大変ですが
その部分は私自身が、これまで数多くの犬用アロマ製品の企画・制作を手掛けてきた際の
経験に基づき、適切なブレンドを考え、今回は作成しています。

 

なので、飼い主さんはご自身の愛犬のケアしたい箇所をはっきりさせ
それに合った精油を犬に嗅がせる、というだけでOKです。

 

アロマセラピーは本当にただ「嗅ぐ」というだけで行える、
とてもシンプルな自然療法です。

 

ご家庭での愛犬のケアにアロマセラピーと東洋医学の知恵を取りれたい、とお考えの飼い主さんは
ぜひご検討ください。

●東洋医学アロマセラピーブレンド精油:
https://store.officeguri.com/products/list.php?category_id=56

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。