犬の栄養学:栄養バランスで大きく誤解されていること


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて今日は、

「犬の食事の栄養バランスをとるって難しいんじゃないですか?
 厳密な栄養計算も無しでどうやってバランスをとるんです?」

という疑問の”原因”の部分を明らかにしていきます。

 

犬の食事の栄養バランスが大事だ!というのはよく言われることです。

 

ところで一つお聞きしますが、●●さんは普段の食事の際、
栄養バランスを細かく考えるでしょうか?

 

これは何kcalというレベルではなく、
カルシウムが今回の食事で何mgで、ビタミンは…といった個別の栄養素を
個別に数値できっちり把握するような厳密さを指します。

 

何か病気で食事の管理をする必要があるとか
プロのアスリートで、というケースでなければ
多くの場合、あまり栄養を細かく気にすることはないと思います。

 

それでいて、「だいたいアバウト」で私たちはうまくやっているケースがほとどんです。

 

また、国の調査によれば現在、日本人は平均して不足している栄養素というのは
基本的にはない、というデータもあります。
せいぜいカルシウムが若干少な目かもしれない、程度だというデータもあります。

 

つまり、私たちの場合厳密な栄養計算をしなくても
日々の食事から体を健康に保つためのエネルギーと栄養素については
問題なく摂取できている、ということです。

 

何故わざわざこんな話をするかというと、

「犬も同様に考えてみてはどうでしょうか?」

というのが言いたいからです。

 

…。

 

犬の栄養バランス!というと、まずドライフードのラベルを思い浮かべるという人がいます。
あそこには、糖質、脂質、タンパク質などがこのフード内にどのくらい含まれているか?が
書かれています。

 

「あのフードのラベルに書かれている栄養の比率が
 犬にとっては完璧なバランスが取れた状態っていうことですよね?

 なので手作り食だって同じ比率であれだけの栄養を入れなくてはいけないんじゃないでしょうか?

 そうしないと栄養バランスが崩れるんですよね!?」

 

そのような理解をされている方も多いですが
これは大きな【誤解】だと申し上げておきましょう。

 

犬用ドライフードは、基本的に「フードと水のみで生きていく、そのための食物」という視点に立って
設計されています。

 

そのため、とりあえずこれだけ摂取しておけば大きな過剰も不足もないよ!という栄養素が含まれています。

 

大事なのでもう1回いいますが、

「フードと水のみで生きていく、そのための食物」

というのが前提です。

 

だから、極端な過不足があってはいけない=バランスが重要!となります。

 

一方で、私たちが普段、日々犬に作るごはんはどうでしょうか?

 

魚の日もあれば、肉の日もあります。

 

その肉だって、鶏肉の時もあれば豚肉のときもあります。
もも肉の日もあれば、ひき肉の時だってある。

 

一緒に合わせる野菜も、白菜が旬であれば白菜が多かったり、
大根を1本もらったら、葉の部分も使ってじゃあ煮込みにしようとか
内容は日々変わります。

 

そうやって、日々食事内容が変わり、食べる食材も変わり
結果として

●必要なエネルギーと栄養素は色々なものを食べるうちに十分摂取できている

というのが「手作り食」なのです。

 

この点でドライフードと手作り食は大きく違います。

偏食をしないで色々な物を食べること自体がリスクヘッジになるのが
手作り食です。

 

ここは非常に重要なポイントですし
ここを理解されないせいで

 

「手作り食って栄養バランスが悪いんでしょう?」

 

と突っ込まれて、不安が増したり、

 

「確かに素人が手作り食なんて言うのは間違っているかも。
 このまま続けていけは、犬の健康を大きく損なってしまうかも…」

 

という風に、どんどん考えをマイナスな方向にもっていってしまうケースもあります。

 

 

実際に私は、手作り食の本当に基礎的なことを学ぶセミナーを対面式で開講していた際
このような悩みを抱えた方に数多くお会いしました。

ここまで深刻でなくても

「栄養バランス」

という1点が、どうも喉の奥に刺さった魚の小骨のようにずーっとひっかかり
スッキリしない気持ちで何年ももう手作り食を続けている…という方にも
たくさんお会いしました。

 

犬の食事作りは本来とても楽しいものです。

 

犬が食事を喜んで食べてくれる様子を見ると本当にうれしい、という方はたくさんいらっしゃいます。

 

手作り食に変えてから、それまで抱えていた健康上の悩みがなくなった、というケースも
たくさんメールでお知らせいただきます。

 

そういう楽しくてわくわくするし、
犬の健康管理にも役立つ手作り食について

「でも栄養バランスがね…どうなんだろう…」

と常に気にしながら行う状態というのは、
かなり精神的にきついのではないでしょうか?

 

そしてもしそれが

「ドッグフードと同じ比率で手作り食の栄養バランスを調整できないから
 私の手作り食は間違っている…」

という、完全に「勘違い」であることが原因で起こっているとしたら…。

 

私は非常に、それはもったいないことだと思います。

 

また、そういう風に悩むことに浪費されるエネルギーというものも
ものすごいと思います。

 

栄養について、その栄養の消化吸収の仕組みについて
本当に基礎的なことを知るだけで、その手の悩みは99%解消できると私自身は考えています。

 

そのような

「本来あまり悩まなくていいところで悩んでしまっている飼い主さん」

には、早くそのことに気が付いて、栄養学の基礎知識を手に入れて
悩みでもやもやと過ごしていた時間を
もっと笑顔で、明るく、犬との生活を楽しむことに使っていただけるといい、と私自身は考えています。

 

そういう悩みから解放される飼い主さんが一人でも増えるよう
こうしてメルマガで「犬の栄養学」についてお伝えしている次第です。

 

本日は以上です。

 

●次号の配信は10/6(火)を予定しています。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 

■追伸1:

これは対面式セミナーに来てくださった方には結構お話ししているのですが
昔、なんかの講習会でぽろっと犬に手作り食をやっていて…と言ったら

「だめじゃないか!素人が栄養バランスも考えず!!」

と見知らぬおっさんから怒られたことがありました(笑)

 

私はそういう人と基本、やり合う気はないので
適当に流しましたが、私の場合栄養学の基礎知識がしっかりあったため
そういうことを言われても動じません。

 

手作り食で本気で犬の栄養バランスを「崩そう」と思ってかかると
相当なことをしないとだめだからです。

 

ここでいう「相当」というのは文字通り「相当」です。
研究室で実験レベルの「相当」だと思ってください。

 

以前、新聞の取材を受けた際、記者の方が女性で
育児についての取材などもされている方がしみじみおっしゃっていたのが

 

「犬の食事の世界のお話を聞いていて、まったく同じことが人間の育児の世界にも
 起こっていますよ。

 

 単独の栄養素がいい!となるとそればっかりわー!と注目される。
 逆にこれがだめ!となるとまたそれだけが目の敵にされて注目される。

 

 あと”常識の範囲内で考えた場合”という視点がスコーン!ときれいに抜けるケースも多いですね。

 

 自分のことで考えると冷静になれるのに、子供のことになると
 特定の食品や栄養素だけがいいと言われれば無条件にいいとなり
 これが良くない!という噂が出れば、事の真偽を確かめることなくダーッと拡散する。

 

 全く一緒ですねえ」

 

ということです。

 

そうか、犬の世界と同じことが育児の世界でもねえ…と思いつつ
自分自身もそういえば、息子が赤ん坊のころはやっぱりいろいろ不安で
トンデモ情報に振り回されたりしたからなあ…ということを思い出しました。

 

ではそこからどうやって足抜けしたかというと
疑問に思ったことをコツコツ自分で調べて、必要に応じて専門書などをあたり
地道に解決するうちに、自信が持てるようになったからです。

 

例えば、子供がバナナばっかりしか食べなくて偏食で困った…という場合も
とりあえず栄養学的にはエネルギーはしっかりとれてるわけだし
野菜や肉も比率は少ないが食べているので
栄養欠乏とかにはまあならないだろう、という風にある程度楽観視する姿勢を身に着けました。

 

結局、そうやってこっちが気楽に構えると
子供もそのうち、肉や野菜やごはんなどもそこそこ食べるようになり
今に至ります。

 

犬1匹を手作りごはんで育ててきたのだから
きっと大丈夫だろう…というのも、おかしいといえばおかしいですが
心のよりどころになっていました。

 

これがあまりにかけ離れた生物だとまた違いますが(魚とか…)
同じ哺乳類で雑食性の犬を家庭のご飯で育ててきて大丈夫だから
人間の子供も、いろいろ食べていれば結果として必要な栄養は摂れる、という視点できっと大丈夫!

 

息子の偏食や小食に困っていた際は
そういう犬での経験が、私にとってはちょっとした励ましになっていたなあ、と今振り返って思います。

 

そして、そういうちょっとした励まし、そして経験、というのが
結構大事だな、と思う次第です。

 

なので、日々家族のご飯を作っている主婦の方であれば
家族の健康を支えるごはんを作れているあなたであれば犬のご飯も大丈夫!

 

自分のご飯の面倒をしっかりみて、自分を健康に保っていられる人であれば
犬のご飯も大丈夫!

 

栄養学は、そういう「大丈夫」を裏付けして
今のままでいいんだよ、と心から納得するためのツールにすぎません。

 

決して難しくも堅苦しくもないですよ、というのが言いたくて
追伸に書きましたが結構長くなりました。

 

本当に今日はここで終わりにします。

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。