滋養たっぷり!魚のアラを犬の食事作りに活用する(2)


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、前回のメールでは「魚のアラ」を犬の食事に活用する、
というテーマでお届けしましたが
たくさんの方が興味を持ってくださったようです。

我が家の魚のアラを使った犬の食事風景動画にもたくさんのアクセスがありました。

ちなみに今日、つい先ほどですが

ヒラメのアラ

を使った犬のご飯動画をYoutubeに公開しました。

●大型犬の手作り食:ヒラメのアラと豆腐の煮込み(魚)
https://youtu.be/cW7YEjAmsAA

私が今回、「魚のアラ」をテーマに取り上げた理由ですが
まずは現在、私自身が魚のアラで犬のご飯を作るのが楽しいので
その楽しさを多くの方にも伝えたい、というのがあります。

それともう一つ。

セミナーなどにご参加いただく飼い主さんの中には

「犬の食物アレルギー」

で悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

 

食物アレルギーにもいろいろありますが
私が実際にお会いしたケースでは

 

「肉類がもうほとんどだめで、魚類に頼るしかない。
 でも魚のみを使ったフードというのは少ないし
 あっても非常に高価でお財布には痛い。

 なので魚を使った手作り食を自宅で出来ないかと思い
 犬の食事について学ぶことにしました」

 

という方も多くいらっしゃいました。

 

●犬の食事=まずは肉!

 

というイメージが強いですが
魚も上手に活用することで、味・栄養面両方で優れた
犬の食事が作れます。

 

特に、肉類はアレルギーがあるのでちょっとだめで…という方が

「そうか、魚があるか!」

と、魚を楽しく、おいしく、しかも手軽に調理できる方法を知ることで
犬の食事にもっと気楽に向き合えるようになれるといいな、と思い
今回「魚のアラ」を取り上げている次第です。

 

もちろん、アレルギーがない犬の飼い主さんも
魚を手軽に活用できるようになると
メニューにもバリエーションが出ますし

 

「いつも同じようなものばかりで…」

 

とマンネリに悩むケースでも、魚を入れると幅が広がります。

 

というわけで、「アラ」を活用する際に
これだけやっておけば簡単ですよ!というポイントをご紹介しておきます。

—————————————————

【魚のアラを手軽に活用するために】
臭みをとる「下処理」をしっかりと!!

—————————————————

肉に比べて魚は血なまぐさいとか、ぬるぬるしていて見た目が嫌(泣)など
苦手意識を持たれる方も多いです。

何を隠そう隠しませんが、私自身がつい最近まで
魚に対する苦手意識があり

「生臭いし気持ち悪い(泣)」

「ぬるぬるしている(涙)」

等の理由で、積極的には魚を犬の食事には使っていませんでした。

 

ところが…。

 

「魚の下処理」

というのをきちんと覚えたところ、
苦手な魚の調理が、そう嫌でもなくなったんですね。

 

そして、魚は「下処理」をちゃんとすれば
生臭さもコントロールできるし
料理の仕上がりも良いものになることを実感できるようになりました。

 

犬の食事を作るのに「生臭さ」を敢えて抜く必要があるのか?
そういう臭みも含めて犬は喜ぶのでは?という葛藤もないわけではなかったのですが

 

「調理する側の自分が負担に感じるやり方だと
 やるのが苦痛だし、日常的に取り入れようと思えなくなる」

 

という理由で、「下処理」をきちんとすることにした次第です。

 

では、どういう下処理をするのか?

魚のアラをいったん熱湯にくぐらせる。

(正確には沸騰した湯にアラを入れ、再度沸騰する直前で引き上げる)

熱湯にくぐらせたアラを流水で良く洗い、
汚れや血などをしっかり洗い流す。

 

はい、これだけです。

 

これだけで、血生臭いとか、ぬるぬるしていて気持ちが悪い…と
苦手意識を持っていた「魚のアラ」の処理が
ぐんと楽になります。

 

ちなみに

「レバーなどの臓物系が、犬にはよいと思うので時々あげていますが
 自分は嫌いなので、調理が実は苦痛です…」

という飼い主さんにも、同じ下処理の方法がおすすめです。

 

私自身も臓物系が苦手なのですが
鶏レバーなどは下茹でをして臭みを抜き、汚れを落としてから刻む、
と言う方法を取るようになってから
調理がしやすくなりました。

 

いかがでしょうか?

 

「ふーん、たしかに一旦お湯をくぐらせることで
 魚の生臭みも取れて、扱いやすくなるかもね。

 それだったら犬の食事に魚が登場する頻度も
 高くなるかも…」

 

そんな風に思っていただければ幸いです。

 

では、下処理した魚のアラを
実際にどう犬の食事として調理していくのか?

 

これについて、次号で詳しく解説していこうと思います。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。