犬の薬膳講座募集は明日いっぱいで終了します。フードと併用でも薬膳はできますか?


こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、現在募集中の愛犬の薬膳講座ですが
募集が明日いっぱいで終了となります。

毎回、終了間際になってのお申し込みが多いのと、
募集が終了後に

「うっかり見逃していて申し込みを忘れていました!
 もうだめでしょうか!?」

というメールを必ず頂戴するので
今回はそうした方が残念な思いをされないよう
繰り返しお知らせさせていただく次第です。

 

残席もあと4名様限りとなっていますので
ご検討中の方は時間に余裕をもってお申込みいただくことをお勧めします

●愛犬と飼い主さんのための薬膳講座入門オンライン版:
お申し込みはこちらから。
https://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=33

*11/30 23:59で受付は終了いたします。

 

——————————————————–

●薬膳とドライフードの併用は可能ですか?

——————————————————–

ちょうど現在、薬膳講座を受講中の受講生の方からの
ご質問メールが届きましたので
同じ疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんので
ご紹介します。

——————————————————–

諸橋先生
はじめまして。ただいま薬膳と栄養学の講座でお世話になっております。
本日薬膳の特典のシュトーレンが届きました。さっそくおいしくいただきました。
また先日、食べ合わせ手帳もいただきました。とても見やすくこれから利用するのが楽しみです。
まずは、お礼をと思いメールさせていただきました。

これよりは私事を書かせていただきますので、お時間があれば目を通してください。

我が家には、9歳のボーダーコリーと、2年前に保護した老犬のシーズーがおります。
ボーダーは健康で問題ないのですが、シーズーの方は保護した際には、
肝臓の数値が高く、結石があり、クッシング症候群と診断されました。
また、最近には心臓肥大、気管虚脱の診断を受けました。

(中略)

手作り食はできないけど、ドライフードと併用で薬膳を利用したい場合のアドバイスを
いただける機会がもしメルマガなどであれば、お願いします。(過去にメルマガであれば、勉強不足ですみません。)
これからもメルマガを楽しみにしております。
北海道の方は寒さに慣れておられるかもしれませんが、
これからの季節、お身体ご自愛ください。

(めいははさん)

——————————————————–

めいははさん、ありがとうございます。

詳しい回答は、受講生専用の受講者通信の方で
後日させていただこうと思います。

少しお時間をいただきますが、楽しみにお待ちいただければと思います。

 

(他にもいろいろ受講生の方にはご質問をいただいています。
今期の募集が終了後、受講生の皆さんのフォローを
受講者通信などでさせていただくので今しばらくお待ちくださいね!)

 

今日は、めいははさん同様に

「完全手作り食は難しいのでフードとの併用、トッピングなどでも
 薬膳を実践可能かどうか?」

を考えておられる飼い主さんもいらっしゃると思いますので
この場合の【基本の考え方】を書きますね。

 

——————————————————–

●ドライフードとの併用でも、薬膳は実践可能です

——————————————————–

 

薬膳の基本は、体の状態に合わせて食材を選び
それを食べるところからスタートです。

 

と、いうと難しい!と感じる方もいますが
私が講師を務める「愛犬の薬膳講座オンライン版」では

 

「薬膳の実践が初めて!という方は
 まずは犬の体調に合わせた食材を”1種類”だけプラスするところから
 スタートしてください!」

 

という風に、おすすめしています。

 

「え?たったそれだけ?」

と却ってびっくりする方もいらっしゃるのですが
最初から何か難しいことをやろうとしても、
ビギナーの方には難しく感じられて、その後の実践が進みません。

 

最初から難しい薬膳料理を作ろうとするのは
英語の勉強をするにあたり、基本の文法も覚えず
いきなりビジネス英語を勉強するようなものです。

 

まずは基本の文法や、簡単な会話文などから勉強して
基礎ができてから、レベルの高い勉強をしないと理解できないですよね?

 

薬膳も一緒です。

 

最初から難しいことにチャレンジしようと「しない」という姿勢が結構大事です。

 

むしろ、簡単なことからチャレンジして「あ、これでいいのか!」と
自分でもできるんだ!という体験をどんどんしてもらう。

 

そのことが大事だと、個人的には考えています。

 

例えば、本当に薬膳が初めて、という方の場合であれば
犬のお腹を整えるのに
いつもは豚肉を使っていたけれど、我が家の犬の体質には鶏肉の方が
胃腸の状態を整えるのによさそうなので
鶏肉に替えてみました、という、

「無理なくできるところからスタート」

と、いう方もいます。

 

そういう「まずは1種類、犬の状態に合わせて食材を選んでみる」というところからスタートして
慣れてきたら、もうひとつ、別の気になる体質を改善するのに役立つような食材を
足してみる…そんな風に、徐々に食事を変えていく。

 

実際にそういうところからスタートしました!という受講生の方で

「犬の体調が以前と比べて、安定してきた気がします」

「便の状態が改善して、調子がいいです」

という風に、望む結果を出していらっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。

 

なので、フードと併用の場合も
犬の体質に合った食材を選んで、それを「トッピングする」、または薬膳が得意とする

「薬効のあるとされる食材を煮出したスープ」

をフードにかける、というだけでも立派な薬膳です。

 

話は少し飛びますが
先日、私が愛読しているある方のメールマガジンに
面白いことが書いてありました。

それは

「100%完璧にやらないと価値がない、ということはなくて
1%でもやったら、1%分ものごとはよくなる。

自分ができる範囲でできる1%を見つける方が
何もできない!と0%で何も進まないよりずっといいし価値がある」

という内容でした。

(気になる方はこちらで全文が読めますので
ぜひ読んでみてください

●タオルだけ畳みます
https://carriageway.jp/blog/2015/11/2127/  )

 

薬膳も同じです。

 

犬の毎回の食事を「100%」「完璧な」薬膳料理にする必要はまったくありません。

それよりも、無理なく続けられる範囲で
いつもの食事の内容が1%でも薬膳になれば、ちゃんと犬の体に良い影響を与えられます。

 

何より、「無理のない範囲」でやることで「継続」できます。

 

私は個人的に、「1食の100%完璧な薬膳で1回で終了」より
「こつこつ気が付くと半年続いていた薬膳」の方が、より犬の体のためになると考えています。

 

最終的に

「気が付けば、薬膳の要素が知らない間に犬の食事に入るのが習慣になっていて
 知らないうちに犬の体に合わせた食事を作れるようになっていた」

というくらい、自然に薬膳が生活の一部に溶け込めれば理想です。

 

いずれにせよ、まずは「可能な範囲で食材1種類」からです。

 

決して難しくありませんので
我が家は毎食手作りじゃないので無理!と思ってた方も
安心してくださいね。

 

フードと併用でトッピングで薬膳にチャレンジしてみたい、という飼い主さんも
ぜひご参加ください。

 

薬膳講座の募集は、明日いっぱいで締め切ります。

●愛犬と飼い主さんのための薬膳講座入門オンライン版:
お申し込みはこちらから。
https://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=33

*11/30 23:59で受付は終了いたします。

*残席4名様となります。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 

 

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。