犬の栄養学:食べることは犬にとって生きる楽しみにつながる、という、まめさんの事例。


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

さて、現在募集中の

●犬の栄養学講座 オンライン版
https://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=35

*募集期間は2016年3月4日(金)23:59までです。
*今回定員は30名です。上限に達した場合、募集期間内でも予告なく締め切ります。

 

ですが、先日の朝のメール配信直後に
だだだだ!と集中してお申し込みがありました。

 

ありがとうございます。

 

ところで、犬の手作り食を実践されている方の中には
この食物は犬に食べさせてあげたいし、体にも良い成分が入っているとされているから
メニューに加えてあげたいけど
でもこんなものをあげても大丈夫かな…と躊躇されるケースも多いと思います。

 

私も手作り食を始めたばかりの頃、
犬に豆腐をあげてもいいのかな?とか
あげる場合は生だとまずいのか、そのれも加熱?など
いろいろ迷っていました。

 

納豆もよさそうだけど、どうかなあ?というのも
結構迷いましたね。

 

そういう時に限って「大豆は犬に良くない!」とか
「大豆は犬の腸にガスをためる原因になるのでよくない!」
といった情報が目に飛び込んできます(苦笑)

 

不安に思っているから、無意識のうち積極的に不安材料を
頭が拾ってしまっているんですね。

 

結局、栄養学の視点から考えると同時に

「大豆は犬に良くない!」

「大豆は犬の腸にガスをためる原因になるのでよくない!」

と言った情報が”何を根拠にそう言っているのか?”に視点を向けて
その根拠を検証しました。

 

その結果、【我が家の場合は】豆腐を使った煮込み料理は犬の食事メニューに
よく登場しますし、
忙しいときのお助けメニューは

●犬も納豆卵がけごはん

です。

 

ここで早合点していただきたくないのは

「じゃあ、犬に大豆は問題ないんですね!納豆も豆腐も無条件で大丈夫なんですね!」

と安心しないでください、という事です。

 

情報を鵜呑みはだめですよ。

 

もちろん、こういう問題を考える上で、
こういう問題を自分で考えるのが初心者である、という場合は
信頼できる身近な獣医さんとか、専門家の言葉を信頼する、というのはありです。

 

でも、このぐり通信を読んでいる読者の方には
一歩先を目指していただきたいです。

「その先っていうのは一体どういうことですか?」

はい、それは犬の健康情報に対して

「自分自身で問題を検証して、自分で答えを導きだせる考え方を身に着けること」

です。

 

厳しい方になりますが、
もし、いつまでも「●●さんがこういっていたから大丈夫」のままだと
じゃあ、何かわからないことがあるたびに、全部その●●さんに聞くんですか?ということです。

 

これって、判断基準を完全に他人に預けてしまっている状態です。
それであなたは本当にいいんでしょうか、ということです。

 

判断基準を他人に預けてしまうと、
結局は「外部の情報」に自分が振り回されてしまうことになります。

 

私が今回の栄養学講座で受講生の皆さんにお伝えしたいのは
この

「判断基準の軸を自分で持つための基本的な情報と考え方」

になります。

 

様々な情報に対して

●自立型の飼い主さん

を育てたいです。

 

そういう意味では、栄養学講座は決して難しい内容ではありませんし
初心者の方でも学んでいただけますが、

目指すゴールのレベルは結構、高度です。

 

目指すゴールというのは、
例えば、

「ニンニクはハーブとして、犬用サプリメントに加わるケースもありますが
 一方で、ニンニクはネギの仲間とされています。

 この場合、あなたの愛犬にはニンニクを与えますか?それとも与えないですか?」

と100人の受講生の方に聞いた際に

「我が家の愛犬の場合は…」

という前置きが付いて、100通りの答えが返って来るような状態です。

 

100人の飼い主さんの後ろに100匹以上の犬がいて
それぞれの犬の状況に合わせた、ベストだと思える答えが
100通り出てくるような感じですね。

 

そんな「我が家の場合は」という考え方を身に着けて

「ちょっとしたことを気にせずに 愛犬の食事を楽しめるようになりました。」

という、まめさん、の事例を今日はご紹介します。

—————————————————————-

【 栄養学講座受講前はどんなことで悩んでいましたか? 】

—————————————————————-

犬の食に関する情報が多すぎて
本などを読めば読むほど
一体 何を選び 信じて実践すればいいのか迷走していました。

—————————————————————-

【 他にも講座があるにもかかわらず何が決めてになって、栄養学講座を受講いただきましたか? 】

—————————————————————-

先生のメールマガジンを拝見する中で “犬” のみではなく
犬=動物=人間 のような大きな視点でとらえてお話しされていることや
多岐に渡ってご勉強されていることが大変魅力でした。

栄養学にしたのは 他講座を受講する上でも 全ての基本になるのではと考えたからです。

—————————————————————-

【 実際に受講してみていかがでしたか? 】

—————————————————————-

大変 勉強になりました。
自分自身の食に対する意識も変わり
もっと色々知りたい欲も出てきています。

—————————————————————-

【 栄養学を学んでみて良かったこと、嬉しい変化があればお書きください 】

—————————————————————-

ちょっとしたことを気にせずに 愛犬の食事を楽しめるようになりました。
食べられるものが増えて 犬も嬉しそうです。
食べることは生きる楽しみの1つだと思うので それを広げてあげられて本当に良かったです。

(まめさん)

 

まめさん、ありがとうございます。

>食べることは生きる楽しみの1つだと思うので それを広げてあげられて本当に良かったです。

これは本当に大事ですね。

 

我が家の犬たちもおおらかに、色々なものを食べています。

 

人間だって、何か落ち込んだりしたときに
美味しいものを食べて思わず笑顔になって
そこから元気を取り戻せるようなことが、たくさんあります。

 

食べることは生きることですから、
本当に大切ですし
そういう意味では、毎日の食事が犬にとって本当に楽しめることは
犬の健康にとっても良いものだと、私自身も確信しています。

 

まめさんの愛犬の食の楽しみが増えることに、講座がお役に立ててとてもうれしいです。

 

もし、今メールをお読みのあなたが
まめさんのように、食についておおらかに構えて
犬の食の喜びを増やしたい!という場合は
ぜひ受講をご検討くださいね。

●愛犬の栄養学講座基礎編:オンライン版に今すぐ申し込む!
https://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=35

*募集期間は2016年3月4日(金)23:59までです。
*今回定員は30名です。上限に達した場合、募集期間内でも予告なく締め切ります。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。