うちの犬はシイタケの戻し汁飲んでます。


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

さて、前回のメールでは

●犬にキノコあげる?あげない?アンケート結果発表!
https://www.officeguri.com/archives/5851

ということで、アンケート結果を発表しました。

 

また、今回のアンケートではたまたま「キノコをあげています」という人が多かったのですが
あげないようにしている、あげるって考えたこともなかった、という回答も寄せられました。

 

大事なのは、それぞれの回答の「理由」を
それぞれの飼い主さんがしっかり持っていることです。

 

そして、キノコに対して
それぞれのご家庭では、どういう考えで、どういう風に扱っていますか?というのを
メールで募集したところ、たくさんの読者の方からのメールをいただきましたので
今回から数回に分けて分けてご紹介していこうと思います。

——————————————————-

キノコはあげる派です!

犬にキノコがダメという情報を見たことがなかったです。

私がキノコ好きで大抵残り物が冷蔵庫に入っているので、
手作り食の時には少量ですがあげています。

でも食いつきが悪いのと消化が悪そうなのでかなり細かくしています。
身体にいいから食べてほしい!という思いでした。

特別なトラブルを感じたこともありません。

(ronaelさん)

——————————————————-

メルマガ拝見させていただいています。

我が家のアニャは3歳のゴールデンレトリバー(メス)です。

3ヶ月のときに我が家にやって来て以来手作り食です。

基本的には、お肉はお肉屋さんの廃棄のお肉をもらい
(腐ってません。時には私たちでは到底食べれない部位も混ざってたりします(^^;;)、
野菜は、人間が使った野菜の切れ端+@とご飯かパスタなどを鍋で一緒に煮込んだものに、
菜の花油をかけて食べさせています。

(獣医のお友達のお勧めで、毛艶が良くなり、オメガ3が豊富なので栄養補給にもなるとの事です。
実際毛艶が良くなりました)肉2:野菜3:炭水化物1ぐらいの割合を基本にしています。後は+@で残飯が混ざったりしますが…

雑炊の様な汁気の多いご飯は好きで無い様です。

前置きが長くなりました。ようやく本題の…

キノコは食べさせるか?とのアンケート、
とても興味深く初めてメールさせていただきました。

フランス在住ということもあり、キノコの種類は日本とは少し違います。

代表的なマッシュルームはお手頃で年中食べることができますが、
秋にならないと食べれないあまり日本では馴染みの無いキノコもたくさんあります。

最近では、椎茸やキクラゲといったにほんでお馴染みのキノコも手に入りやすくなってきました。

アジアスーパーに行けば、しめじ、エリンギ、エノキも買えます。

個人的には、特にキノコを食べさせることに抵抗は無いのですが、
食べさせる機会が特に無いと言うのが現状です。

なぜなら、地方に住んでいるので、日本でお馴染みのキノコはあまり手に入らず、
マッシュルームは、わたしが、目が痒くなる気がするので、
決まったマークの決まった製品しか買わないので、いつもかえるわけではないのです。

(日本ではありえませんが、こっちのスーパーではシナ切れ状態は日常茶飯事です)

ので、人間の残り物をアニャのご飯に混ぜて食べさす時に
混ざっていれば食べさせていますが、キノコを食べるぞ!と言って食べさすことはありません。

ということで、アンケートには投票しにくい答えです。
長くなりましたが、以上です。

今後もメルマガ楽しみにしています。

(いぬのあにゃさん)

——————————————————-

いつも興味深い内容のメルマガをありがとうございます。
参考にさせていただいています。

アンケートのキノコを与えているか?についてですが、我が家では与えています。

我が家のワンズのご飯は、半手作り食で、フードに、
私なりに考えた食材をトッピングして与えています。

鶏ガラや手羽先などで、スープを取る際、
鍋に干ししいたけも入れています。

フードにトッピングする時、そのしいたけも入れてますし、
レンジでチンした、舞茸やシメジなども入れています。

私は、腸を健康に保つ事を重視しているので、乳酸菌も与えてますが、
乳酸菌のエサとなる食物繊維も与えなきゃと思っているので、
キノコ類はカロリーも低いですし、安価ですし、重宝してるのです。

キノコ類は抗酸化作用もあるって言いますし。

キノコ類は、犬にあげてはいけないリストに入ってる事もあるようですが、
何事も、ほどほどに与えれば、逆に体のためにはいいと思うのです。

巷でよく言われる、○○は体にいい!って言う食材だって、
それだけを過度に摂取すれば、逆効果だと思いますし。

うちは、ニンニクだって、時々使います。

さすがにネギ類は添付しようとは思いませんが(笑)

あまり情報に左右されず、いい意味でアバウトに手作り食をしています。

バランスとかも特に意識せず、肉、野菜、魚を、適当になんとなく添付。

意識してる事と言えば、冬は、体を温める食材、夏は、
体を冷やす食材を与えるようにしてる…そのくらいですね~

でも、老犬には、夏も、少し、体を温める食材を入れるようにはしてます。

キノコから話がそれてしまいましたが、ほどほどに摂取すれば、
いい食材だと思ってます。

これからも、楽しいメルマガを楽しみにしています。

(星 裕香子さん)

——————————————————-

ronaelさん、いぬのあにゃさん、星 裕香子さん
メールありがとうございます。

ちなみに今、手持ちの書籍をざっとチェックしたところ、

「キノコ」

をガンの予防、免疫力UPというテーマで扱っている内容がありましたので
参考までにご紹介しておきます。

●愛犬のためのがんが逃げていく食事と生活 :著者/須崎恭彦(獣医師)

この書籍では、キノコを免疫力UPやデトックスに良い食材として紹介していますが

「体にいいからと言って、そればっかり食べさせるのはだめですよ」

という釘も、同時にしっかり刺されます(笑)

 

そういう意味では、

 

>ほどほどに摂取すれば、
>いい食材だと思ってます。

 

という、星さんのメールの内容と近い考え方ですね。

 

一方で、このようなメールも寄せられています。

————————————————————-

諸橋先生 こんにちは。

 

日々ヨーグルトに混ぜ込んで食べていたアマニ油はもうすぐなくなりそうです(笑)

 

教えて頂いた必殺の飲み物は飼い主ともどもその後美味しく頂いております。
お風呂上がりの定番になり毎日催促される日々です。(ダメ飼い主)

 

きのこ類、我が家ではあげています。
ただし細かくみじん切りにして、です。

 

私がまだ手作り食を始めていなかった頃、
夕方に8分の1程度に切って炒めたしいたけを約半個食べさせたところ
夜中にケロケロケロ~っと原型そのままでオールリバースしました(笑)

 

今では笑って済ませますが、当時は焦りまくりでした…。

 

その時にキノコ類は消化出来ない(しずらい)んだなと思ってから大きな塊は食べさせてません。

 

ただ消化出来ないのであれば、みじん切りにすれば上からリバースする事はないので
そのまま腸に流れて行って多少腸の掃除的な役割をするんじゃないだろうか…と思い
手作り食を始めてからはみじん切りであげてますが、効果があるかは謎ですが。

 

そんな理由から我が家ではあまり考え過ぎずに食べさせています。

 

以上、宜しくお願いします。

 

(aladyさん)

 

————————————————————-

 

aladyさんいつもありがとうございます。

 

アマニ油が無くなったら、次はぜひ、おいしい油を試してみてください(笑)

 

>私がまだ手作り食を始めていなかった頃、
>夕方に8分の1程度に切って炒めたしいたけを約半個食べさせたところ
>夜中にケロケロケロ~っと原型そのままでオールリバースしました(笑)

 

はい、実は私も我が家のぐりの手作り食を本当に始めたばかりの頃、
マイタケで同じような経験をしています。

 

なので、キノコは我が家のぐりの場合はやめておいた方がよさそうだな、と思い
避けていたのですが、
先日、ニコがお泊りさせていただいた友人宅で

●マイタケも細かく刻んで煮込んだおいしいごはん

をいただいても、ニコは全く平気のへのかっぱ。

 

美味しく食べて、遊んで、元気炸裂!だったため
ああ、とういうことは小さく刻めばいいのか、と私も思いいたった次第です。

 

我が家の犬たちは、講座などではよく話しますが
シイタケの戻し汁が大好きなんですよね。

 

しかも、たまに買う少々高めの原木乾燥シイタケの戻し汁は飲むが、
普通の乾燥シイタケ(菌床栽培)の戻し汁は匂いだけ嗅いで「飲まない」という
妙に鼻の肥えた、いけすかない犬たちでもありますw

 

(普通の乾燥シイタケの戻し汁は人間が料理に使っています。
普通においしいよ!w)

 

ただ、そういうのを見ていると
シイタケ自体はおいしそうだな~と思っているんだろうな!と思います。

 

薬膳の視点で見ても、シイタケは「補気」の最強食材でもありますから
本当は、個人的には我が家の犬たちにも食べてもらいたいんですよね。

 

そういうわけで、我が家の場合も消化が不得意そう、ということで
できるだけ細かく刻んで少量を、そろりそろりと現段階では入れています。

 

ただ、消化に悪いので細かく刻んで!という情報自体は
あまり本などにも書かれていないので
この点については注意が必要だと考える次第です。

 

この辺りは、自分と犬たちとで経験を積んで
適量と調理法を探るということになります。

 

次号でも引き続き、読者の方からのメールをご紹介する予定です。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。