犬の健康のために、いろいろやってるのに成果が出にくいのは何故?


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

前回のメルマガで、

「アロマセラピーには嗅覚への刺激を通して
犬の自律神経系にも働きかけて、体の調整に役立つ」

という内容をお話ししたことろ、非常に大きな反響がありました。

●犬のストレスケアに有効な「ある方法その2」の話。
https://www.officeguri.com/archives/5911

 

多くの方が、

「犬の健康を考える上で、こういう”何故体調が崩れるのか?”といった
 原因の部分にまで、目を向けていませんでした」

と、びっくりされたようです。

 

そこで今日は、

 

「今まで、胃腸の弱い我が家の犬に何かしてやれることがないか?と考え
 良いと言われる食品やサプリメントなどの方法を色々試しましたが
 あまり思うような成果が得られていません…」

 

「シニア犬の介護をしていますが、少しでも寝たきりの犬の体の状態を
 良くしてやろうと、勧められた方法や、雑誌などで読んだものを
 片っ端から試していますが、余り状況がよくなりません」

 

といった、このメールマガジン宛に寄せられる悩みの多くの
ズバリ、根本的な原因は何か?という話をしていこうと思います。

 

はじめに誤解の無いように言っておきますが
私は

・良いと言われる食品

・サプリメント

・その他いろいろな方法

が悪い!という風に言っているわけではありません。

 

それぞれの食品やサプリメントに含まれる有効成分の中には
科学的に効果が立証されているものも多いです。

 

質の良いサプリメントの場合は、有効成分の含有濃度も高いですから
正しい使い方をすることで、ちゃんと効果を得ているケースが
たくさんあります。

 

その他の方法も同じです。

●成果が出ない=ダメ

ではなく、

「そもそも、その方法はうちの犬の状態に合っていたのだろうか?」

「うちの犬が体調を崩している原因に、その方法はアプローチできるやり方だったのだろうか?」

という視点が抜けている場合、折角の良い方法も

「内容自体は素晴らしいけれど、うちの犬の今の場合は
 原因と直接関係なかった」

ということが起こってきます。

 

例えば、こんなケースがあります。

————————————————–

諸橋先生、こんにちは。Mです。

ドッグアロママッサージオンライン講座を受講中です。
先日、我が家の犬の体調に
嬉しい変化があったので、ご報告します。

我が家の愛犬は、性格的に非常に繊細で
胃腸があまり丈夫ではありませんでした。

先生のアロマ講座を知り、アロマで何かできることはないか?と考え
申し込みをし、リラックスできる精油、食欲増進に効果のある精油、などを
積極的に取り入れる、ということから
スタートしてみました。

でもある日、ふと思いました。

先生がおっしゃっている、犬の生活環境も含めて
犬の健康を考えるっていう視点…我が家の場合はどうなのかな?と。

そこで気がついたことは、私自身が犬の体調を良くしよう!何とかしてあげよう!と
一生懸命になりすぎていた…ということでした。

 

普段を仕事をしているので、忙しいときには私自身、結構イライラしてしまうことが多かったのですが
良く考えてみると、愛犬のお腹の調子が悪くなる時期と
私がストレスMAXになってイライラしている時期がかなりの割合で被っていることに
気が付きました。

 

もちろん、愛犬に当たり散らすようなことはしていませんが
でも、私のイライラを感じ取って、愛犬もひょっとして不安を感じたり
同じようにイライラしていたりして、影響を受けていたのかもしれません。

 

そのことを反省し、愛犬と一緒に私もリラックスしてアロマを楽しもう!と決めました。

 

そして、愛犬のお腹の調子が悪いときも
神経質になりすぎず、私自身が必死になりすぎないで、
できることを日常生活でやっていけば、きっと状況はよくなるはず!と
私自身が腹をくくることにしたのです。

 

それから3か月ほど経ちましたが
ふと思い出すと、あれ、そういえば最近、
犬の下痢や吐いた、などで病院にかかることが無くなった…という事に気が付きました。

 

季節ごとの体調不良も、今年の春に限って言えば
今のところ病院のお世話にはなっていません。

 

これまで、犬のために色々な食事法を試したり
胃腸が丈夫になるように、と工夫してきました。

 

それは今でも努力を続けていますが、
ひょっとしたら、我が家の愛犬の場合、ストレスが原因で
飼い主である私の精神状態の影響を受けていたのも
関係があるのでは…と思っています。

 

原因がストレス、とわかったので
その原因を作らないよう、まず私自身が毎日機嫌よく過ごすこと、
そのためにもアロマは大活躍しています。

 

もちろん、愛犬のマッサージに、芳香浴にと
犬もアロマを楽しんでいますが

「ストレス」

という根本原因に目を向けるきかっけをいただいたことを
本当に感謝しています。

 

これからも、メルマガを楽しみにしています。

————————————————–

 

いかがでしょうか?

 

Mさんの場合は、愛犬の体調不良の根本原因が

●ストレスではないか?

と考え、さらに深く考えて

「自分がイライラしていると、愛犬もストレスを感じるのかも」

と、いうところまで考えを深めていらっしゃいます。

 

もしこれが、ストレス、というところまで考えが及ばず
胃腸の不調だけに焦点を当てて
胃腸だけのケア、に終始していた場合
結果が違ってきていたかもしれません。

 

今このメルマガをお読みのあなたが、Mさんと同じように

 

「犬の体調不良を何とか改善したくて
 病院での指導もちゃんと受けているし、
 食事なども十分考えて行っているが、なかなか問題が解決しないで悩んでいる」

 

という場合、それは現在の方法が

 

「体調不良の根本原因にアプローチできていない」

 

という可能性が高いです。

 

特に「ストレス」が原因の疾患が最近は増えてきていて、注目されています。

 

「犬は別に仕事に行くわけじゃないし、ストレスなんて関係なんじゃないの?」

 

と思われる方も多いですが、
人間がストレスを抱えていると、その影響を犬が受けて体調を崩しやすい…というのは
実際私自身がご相談を受けた中ではかなり多いケースです。

 

考えてみれば、犬は子供のような存在ですから
もしお母さんが辛そうだったり、いらしらしていたら子供はその様子を見たら
不安になりますよね?

 

私自身はアロマセラピーを通して
犬の健康増進や、ストレスケアの方法について
多くの飼い主さんに知って頂きたいと考えています。

 

それと同時に、「飼い主さん自身のストレス」にもぜひ目を向けて
ケアしていただきたいと思っています。

 

結局行きつくところは、飼い主さんが幸せで楽しそうにしていると
犬も安心で幸せだ、ということです。

 

犬の体に良いことをしてあげられている、
そういう自分も精神的に安定していて余裕がある状態、
だから犬も私も、毎日元気で楽しく生活できる!

 

そうした、心から安心できて楽しい毎日を
アロマセラピーを活用することによって、
実感できる飼い主さんが一るでも増えてくれると嬉しいですね。

 

実際に講座でアロマを学び、活用されている飼い主さんから頂いたメールです。

>過去に2度ヘルニアになり、2度目は足の麻痺が残るだろうと獣医にも言われていました。
>自分自身も日頃からアロマを活用していることから、犬にもいいのでは?と、毎日アロマオイルでマッサージしたところ、
>少しずつ歩けるようになり、今では走り回るほどに回復しました。

(S.Nさん)

 

>寝たきりになり、大好きだった散歩に行けなくなった愛犬に
>何とか毎日を少しでも楽しく過ごしてほしくてできることはないか?と調べるうちに
>諸橋先生のサイトで、犬にマッサージができること、アロマが良いことを知りました。

>先日、先生の運営するネットショップで「ローズの肉球クリーム」を購入しました。
>ローズはストレスケアにもよく、またクリームを塗って肉球をマッサージしてあげるだけでも
>犬にとっては気持ちがいいものだとメルマガで教えていただき
>さっそく実践しました。

>ローズの香りを嗅いで、本当にうちの犬は気持ちよさそうにしていました。

>その数日後、眠るように亡くなった我が家の犬ですが
>最後にリラックスできるローズの香りを嗅ぎながら
>肉球をマッサージしてあげることができて、こういう気持ちの良い体験をさせてあげられてよかったです。

>ひとことお礼申しあげたくて、メールしました。

(Pさん)

 

>我が家には、犬と猫がおり、夜は、犬にアロマのローションを少しぬり、基本的に上手くいかないこともあるのですが、
>ベットの上でお腹を出して待っています。一歳でリユウマチになり、強い薬でおさえてますが、
>後ろ足が段々広がることがあり、毎日マッサージしていたら、この頃は、広がることがなくなり、アロマでマッサージをすると眠りが深く、
>前は、夜中にベットからおりて、吠えたり騒いだりしたのですが少なくなりました。
>朝は、テーブルの上でお腹を出した猫に、マッサージのみしてますが、気持ちがいいみたいです。

>両方病気を抱えてるので、マッサージは、体の変化をいち早くキャッチできます。

>寝たきりの床擦れがある知り合いの老犬の飼い主さんから、アロマで酷くなった床擦れがかなり、良くなった話を聞きました。

(Hさん)

 

本日は以上です。

 

次号のメールでは「飼い主さんが家で犬にできることが増えるとどのくらい安心できるか?」という
話をさらに詳しくしていきますね。

 

●本日のメールの内容が参考になった!役立った!という方は
応援クリックをお願いします!

https://xn--the-pp9g.biz/

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。