家庭でのケアで、犬の薬を減らしたいです、という飼い主さんへ


 

 

こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

さて、作日より募集を開始しました

●ドッグアロマオンライン講座

ですが、メール配信直後より早速たくさんのお申込みをいただいています。
ありがとうございます!

犬の健康のための学習は、1日早く始めれば
それだけ犬の健康のためのケアも、1日早く始められます。

ご検討中の方は、早めの学習スタートがお勧めです。
受講できる人数に限りがありますので
今すぐお申込みくださいね。

●今すぐ愛犬のアロマケアについて学びをスタートして
愛犬の健康を家庭で守るケアを始めます!
https://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=37

 

 

 

—————————————————————-

●愛犬の健康は「家庭」でも守る!という時代がすぐそこまで来ています

—————————————————————-

 

「犬に病気が起きるのは自分にはコントロールできない外部の原因のせい。
 だからもし、病気になったらお医者さんに治してもらうしかない」

 

という、健康を医師だけにまかせてしまう時代はもう終わり、というのが
私個人の考え方です。

 

健康については、まず家庭で「病気の予防」「健康維持」について
飼い主さんができることをする。

 

その上で、定期健診や予防に必要な措置など
獣医師の専門領域は、獣医師にお願いする。

 

飼い主さんと獣医師が、同じ立場で役割分担をしながら
愛犬の健康を守る、という方が、世の中で少しずつ浸透しています。

 

ズバリお聞きしますが
あなたは、大切な愛犬の健康を「自分は犬の専門家ではないから…」と
100%他人任せにしたいですか?

 

獣医さんはプロですから、目の前の犬に対し
診察の時は、真摯に対応してくれます。

 

でも、同時に獣医さんは1日に、何十匹という犬を相手にします。
何十匹というたくさんの犬の健康や病気について考えなくてはいけません。

 

一方で、飼い主さんであるあなたの場合、
愛犬1匹だけに集中すればいいのですから

(多頭飼いの場合は、その頭数だけ!)

より、愛犬の状況に合わせた対応が可能になるはずです。

 

病気になって動物病院に行った際に、
限られた診察時間内で話せるのは、主にその病気の症状などについて、ですよね。

 

実際には、病気になる原因となる、生活の様々な出来事や
積み重ねがあることも多いのですが
(生活習慣、犬の性格、最近何かストレスがかかることがなかったか?など)
そういう部分まで丁寧に探ってもらえるような時間は
限られた診察では取れないケースが多いようです。

 

それであれば、やはり投薬やその他の医療的な措置は獣医師にお願いするとして
病気の原因になった

・ストレス

・犬の生活習慣

は、飼い主さんの方でケアする以外、ありません。

 

その点で、犬のために安全で正しいアロマセラピーの実践方法を学ぶことは
愛犬の日常生活の中で

・犬の自然治癒力

を引き出すことに役立ちます。

 

アロマセラピーを学び、愛犬の日々の生活の中で

・ストレスケア

・生活空間の殺菌・抗菌

・口腔ケア

・精神状態の安定

・食欲増進

といった、アロマを活用しながらできる具体的なスキルを身に着け
愛犬の「健康を日々の生活の中から守る」取り組みを
ぜひ、今すぐ、スタートさせてみませんか?

 

●今すぐ愛犬のアロマケアについて学びをスタートして
愛犬の健康を家庭で守るケアを始めます!
https://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=37

 

 

—————————————————————-

●アロマセラピーを活用して「減薬」する人が増えている理由

—————————————————————-

犬のアレルギーやアトピーなどの慢性疾患で
長期間薬を服用しているが、全然症状が改善されないのと
薬自体にも、体へ与える副作用があるのでできれば薬を減らしたい…。

 

そのようなご要望をお持ちの飼い主さんも多くいらっしゃいますし
実際に、そういう目的で私の講座で学ばれている方も
いらっしゃいます。

 

私自身は、薬には薬の良さがあり
かゆみ、痛みなどをやわらげ、身体的な苦痛が抑えられている間に
犬が適度な休息や睡眠を取れることで自然治癒力が働きやすくなる、という側面を
大切だと考えています。

 

一方で、私自身の経験でもあるのですが

「咳ぜんそく(原因はアレルギー)」

と診断され、ステロイド剤を吸入する治療を続けたことがあるのですが
これが、最初は効くのですが、だんだん効かなくなり、咳が止まらず
仕事にも影響が出て困った経験があります。

 

ステロイド剤の強度はどんどん上がっていくし(笑)
それでも咳はひどくなっていく一方だったので
怖くなって、アロマセラピーも同時に試すことにしました。

 

今から4年くらい前の話です。

 

結局、アロマを活用し始めたら本当に5分で咳が止まり

「漫画か!」

と自分で自分に突っ込みを入れましたが(苦笑)

医師が書いたアロマセラピーの本で

●咳ぜんそくに有効な精油

をチェックしたら、たまたま家にある精油ばかりで
それを複数種類ブレンドして使ったら
本当に咳が止まってビックリした次第です。

 

もちろん、アレルギーの原因となる部屋のホコリ掃除などを
徹底的にするとか、他の努力もしていたので
色々な要因が重なって、の結果だと私自身は考えています。

 

アロマセラピーは医薬品ではありませんし、
もちろん医療行為でもありません。

 

私自身は医薬品も、現代の医療も否定しませんし
医療の進歩で助かる命が増えている、という事実を
ありがたいなあ、と感じています。

 

なので、偏った

「薬は悪!」

「化学薬品はよくない!」

というアンチの方には、アロマセラピーには却って近づいていただきたくないな、と思っています

 

もし、そういう視点で「アロマセラピー」を学ぶことを検討中の方がいらっしゃる場合は
私の講座ではお引き受けできませんので、
受講されないよう、お願いします。

 

そういう、何か一方が素晴らしくて、もう一方はだめ!という対立構造で考えるのではなく、

・アロマにはアロマのいいところがある

という冷静な考え方の飼い主さんの場合は
アロマを上手に家庭で活用することで
長期間使用していた犬の薬を減らしたり、薬を止めることに成功しています。

 

(成功されている方は、獣医師とも良好な関係を築きながら
ちゃんとコミュニケーションを取りつつ、減薬に成功しています。

自己判断で薬を止める、というのはお勧めの姿勢ではありませんので
その点はご注意くださいね)

 

アロマというのは、ハマるときにはピタリとはまるのも事実です。

 

もしあなたが、愛犬が長期間投薬を受けていて
でもあまり効果を感じられないので
愛犬の

・自然治癒力を高める

という方向性のアプローチも、ぜひ行ってみたい、という場合は
アロマセラピーがお勧めです。

 

愛犬が本来の健康的な姿を取り戻すために、
家庭でもできることがある!という安心感をぜひアロマを通して感じてください。

●植物の天然成分を活用した
自然療法としてのアロマセラピーを身に着けて、
愛犬の健康を守るためにできることを、今すぐスタートする!
https://officeguri.xsrv.jp/MagicLinkExplosion/campaign.php?campaign=37

 

今回アロマ講座をお申込みいただいた方へのプレゼントのまとめはこちら:

——————————————————–

●受講者プレゼントその1:
免疫力をあげたい=犬を病気から守りたい!という飼い主さんを応援!

~免疫力UP!とよく聞くけれど、そもそも免疫って何?
 という方のための解説と犬の体の免疫が正常に働くのをサポートするためのアロマレシピ~

*2016年4月30日23:59までにお申込みの方限定プレゼント
*お渡しは電子書籍形式で、5月下旬を予定しています。

——————————————————–

●受講者プレゼントその2:
免疫力を「食事」からもサポートしたい!という飼い主さんのためのテキスト

~栄養素はどれも大事ですが、特に免疫と関連が深いとされる栄養素と
 その理由を解説!手作り食やおやつ選びにお役立てください~

*2016年4月27日23:59までにお申込みの方限定プレゼント
*お渡しは電子書籍形式で、5月下旬を予定しています。

——————————————————–

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

 

 


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。