犬の熱中症などの緊急対応時に役立つツボとは?


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、先日のメルマガで

「犬の緊急蘇生に使えるツボを知りたい方はクリックして意思表示を」

と呼びかけたところ、非常にたくさんの読者の方が

「知りたいです!知りたいです!」

とクリックされていました。

 

 

みなさん、「犬のツボ」に興味があるんですね。

 

なので、その「緊急蘇生」に使用されるツボを今回1つ、ご紹介します。

—————————————————–

●気絶した人を覚醒させる!?~「人中(じんちゅう)」

—————————————————–

 

「人中(じんちゅう)」という顔にあるツボは、
眠気覚まし、リフレッシュなどのライトな使われ方をするツボでもありますが

・貧血で意識がもうろうとしている

・人が気絶してるとき

などに刺激を与えることで、覚醒するとされるツボとしても知られています。

 

脳に刺激を与え、意識をはっきりさせる作用がある、とされているツボになります。

 

獣医師の方でも、心停止の状態で運ばれてきた犬が蘇生せず
処置を終えたときに「ダメ元」で、この「人中」に針を刺してみたところ
犬が蘇生してびっくりした!という逸話を持つ方もいます。

 

(これは、厳密にいうと偶然かもしれないですし、人中による刺激によるものかもしれません。
全くの同条件で比較できないので、何が作用した、というのを100%特定するのは難しいです。

 

ただし、万策尽きた、というような状態で、最期にダメ元で「人中」を刺激した直後に
心臓が動き出したことや、昔から覚醒のツボ、蘇生のツボとして知られてきたことを考えると
私たちもその場所と働きを知っておくことは、万一の時にできることが増えるので
安心につながります)

 

私たちは獣医師ではなく、
あくまで一般飼い主ですので、「犬のツボに鍼を打つ」は基本できませんが
例えば熱中症で犬が意識もうろうとして、病院へ!と向かう途中で

「人中をマッサージする」

「人中をボールペンの先などで刺激する」

といったことはできるわけです。

 

さて、肝心のツボの位置ですが、
犬の鼻の溝、上から1/3の場所にあります。

 

モデル犬を使った写真解説も今回特別にご用意しましたが
こちらについては、個別にご請求いただいた方にのみメールで
閲覧URLとパスワードをお知らせします。

 

写真解説も併せてみたい、という方は
下記よりご請求ください。

 

●今すぐ「人中」の写真解説を手に入れる!
https://www.officeguri.info/tdk/index.php/form/reg?mid=o3jdzb

*お名前は本名で正確にご入力ください。
カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、犬の名前などで登録された場合、いたずらとみなし、今後Office Guriのコンテンツは一切配信いたしません。事前にご理解の上、ご登録ください。
*写真解説を請求された方には後日、Office Guriのメールマガジン「ぐり通信」を配信させていただきますので、こちらも併せてご理解の上、ご登録ください。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

 

犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。