犬の健康を3つの臓器の関係で考えることに興味のある方へ。


●東洋医学の『トライアングル』を活用したアロマレシピの組立を
 学んでみませんか?~相生・相克

今回の講座では、例えば「肝臓のケアを行いたい」という場合
肝臓と関連の深い別の2つの系統についても見ていく方法をお伝えしています。

 

東洋医学の基本の考えは、肝臓のトラブルは肝臓だけ問題ではない、ととらえますし
ケアを行う際も、必ず

●肝臓に影響を与えるもうひとつの系統

●肝臓の影響を受けやすいもうひとつの系統

もチェックしていきます。

 

これを、東洋医学では「相性」「相克」の関係と呼びますが、
例えば、犬が肝臓のトラブルを抱える飼い主さんの場合
この視点を学ばれることで

 

「そういえば、肝臓もそうだけど、この臓器についても不調が起こりやすし
 確かに肝臓の数値が上がると、こっちもセットで調子が悪くなりやすいかも…」

 

という風に、今まではっきりと目を向けていなかった個所に気が付くケースがあります。

 

皮膚トラブルにしても同様です。

 

皮膚の場合は、

●皮膚と関連が深いとされる臓器

●皮膚と関連が深いとされる臓器に影響を”与える”臓器

●皮膚と関連が深いとされる臓器の影響を”受ける”臓器

という風に見ていきます。

 

この関係性を見ていくと、必ず三角形を描くことになるので
私は個人的にこれを

●東洋医学の『トライアングル』

と呼んでいます。

 

この考え方ができるようになると
今まで「肝臓だけ」「皮膚だけ」のトラブル捉えてきた問題を
多角的にとらえられるようになります。

 

トラブルが起きている臓器と関連の深い臓器にも
問題はないか?という全体的な視点で
家庭でのケアを考えられるようになります。

 

今回の講座では、「アロマ」がテーマなので
精油の組み合わせをこの『トライアングル』で見ていきますが
すでに薬膳を学ばれている方であれば、これを食事に当てはめて
メニューを組み立てていくことが可能になります。

 

・ご家庭での東洋医学ケアの幅を広げたい

・犬の体を全体で考えたい

・体の臓器同士のつながりを、東洋医学ではどうとらえているかを学び
 愛犬の健康管理に生かしたい

・体全体のバランスを考えた上で、パーツではなく、全体を元気にできるような
 過程での健康ケアを考えたい

 

という場合、

●東洋医学の『トライアングル』

をぜひ、今回の講座で学ぶことをお勧めします。

 

●今すぐ講座に申し込んで、東洋医学の視点でアロマを活用する方法を学び
愛犬の健康寿命を延ばします!
https://aj-dogcare.info/toyoaroma1/

*今回の募集は20名様限定です。
*募集期間は2016年6月23日23:59までです。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子


 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 


 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

 

犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。