何故うちの愛犬の免疫力は、なかなか上がらないのか?


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

インフルエンザが猛威を振るっていますが
今メールをお読みの読者の皆さんのエリアは大丈夫でしょうか?

 

インフルエンザは毎年流行し、予防接種なども推奨されています。

 

ところで、何故インフルエンザの予防接種は毎年打つことを推奨されているのかご存知ですか?

 

予防接種は1回打ったら、あとは3年後でいいです、というものもありますし
モノによっては接種後10日以降、生涯有効というツワモノも存在します。

 

なのにインフルエンザ予防接種に関していうと、何故毎年?

 

…。

 

実はインフルエンザウィルスは、毎年「型」をちょっとずつ替える性質があります。

 

予防接種というのは無害化した病原菌、または死んだ病原菌などを体に入れて
それを体内の免疫システムに覚えさせる仕組みです。

 

そして、いざ本番!で本当にそれらの病原菌などに感染した際に
速やかに免疫応答をして、発病させない、
または発病しても軽く済むことを目的としています。

 

で、この「免疫システムに覚えさせ」という部分なんですが
病原菌などが個別に持っている「型」を体に覚えさせるというのが肝心。

 

何故なら、「型」がちょっとでも違うと、病原体への攻撃が無効になるからです。

 

インフルエンザウィルスは毎年この「型」をちょっとずつ変えてくるので厄介です。

 

折角、去年予防接種したけれど
今年のインフルエンザウィルスはまたちょっと「型」を変えてきているので
去年の予防接種で体が覚えた「型」は効かないなあ、という風になるからです。

 

(「型」とここでは簡単に言っていますが
気になる方は『抗体抗原反応(こうたいこうげんはんのう)』でググってください。

免疫講座を受講中の方は、抗体高原反応について触れた箇所を復習してみてください)

 

インフルエンザや他の病原菌もそうですが
生き残るためにちょっとずつ型を変えたりして、変化を続けます。

 

人間の方もそれを一生懸命予測して、ワクチンなどを毎年製造していますが
今のところ、先を行っているのはウィルスや細菌などの病原体の方です。

 

多くの方がご存知の通り、毎年これらの流行をゼロにするほどの勝利を
人間はまだ病原体に対して収めていないのが現状です。

 

誤解していただきたくないのは、私自身、薬や予防接種を否定する気は毛頭ありません。

 

ただ、病原菌と人間のいたちごっこはまだしばらくは続く見通しです。

 

薬やワクチンなどに対し、対抗手段を講じた病原菌たちが
私たちに襲い掛かってきている事例も多いことは、無視できないと
私自身は考えています。

 

なので、薬やワクチンなどの医薬品も上手に利用する一方で

 

「私たちの体に元から備わっている、免疫力を上げるための努力」

 

も大事なのではないか?ということなのです。

 

これは犬も同様です。

 

予防接種などの病院での病気への予防措置はしっかり受けた上で
普段の生活の中で、病気にならないための工夫をする、ということですね。

 

ここまではOKでしょうか?

 

で、

 

「じゃあ免疫力を上げたらいいんですね!
 免疫力を上げる方法を知りたいです!」

 

と思った方、ちょっと待ってください。

 

実はここに、大きな落とし穴があります。

 

「病気予防のために免疫力を上げたいです!」

 

という方は非常に多いです。

 

でも、多くの方が「そもそも免疫ってなんですか」という非常に
基本的な部分をご存じ無いケースが多いのです。

 


・免疫を担っている体の器官はどこ、と、どこ、と、どこか?

・免疫はどういう仕組みで働くのか?

・免疫が病原体に攻撃を行う仕組みは何なのか

・何を行うことで、免疫は正常に働けるのか?

・逆に、どういうことが免疫にとってNGなのかとその理由


 

 

こういう基本的なことをすっ飛ばして

「免疫を上げたいです!」

と言ってみても、そもそもその「上げたい」と考えている相手のことを良く知らないで
どうやって上げるのですか?という話なのです。

 

新しい友達を作るとき、素敵だな、この人と仲良くなりたいな、と思うとき
まず相手のことをリサーチしませんか?

 

相手がどういうことが好きで、職業は何で、家族構成は…という風に
可能な範囲で事前に共通の知り合いなどに聞いておく。

 

その上で、いざ話ができるチャンスが来たら
相手の仕事や興味のあることについての話題を振ったり、質問をして
話が盛り上がれば、その後友達になれる可能性が高いですよね?

 

「友達になりたい!」

 

と思うだけで、相手のことを全く知ろうともしない。

 

自分本位の考えだけで相手に関わろうとしても
共通の話題がないとか、相手についての情報がないので
話がはずまない可能性が高いです。

 

そうなると友達になれる確率も低くなってしまいます。

 

免疫も同じです。

 

免疫力を上げたいなら、まず免疫について知ることです。

 

●免疫システムはどういう状態だと活発に活動できるのか。

●逆に、その働きを妨げる要因は何なのか?

 

もし、今メールをお読みのあなたが
犬の免疫力を上げたいな、といろいろ努力をしているにもかかわらず
どうも成果が実感できない、という場合は

 

「免疫についての基礎知識」

 

が十分でなく、効果的な対応ができていないからかもしれません。

 

そしてもうひとつ。

 

「免疫についての基礎知識」

 

をある程度持っていたとしても
現在行っている対応方法が

 

「そもそも、目の前の愛犬に合っているのか?」

 

が大切です。

 

犬の体質や個性は、犬によって違います。

 

免疫力が下がる理由は多くありますが
犬の体質や性格によって、どの理由に反応するか?は違います。

 

ある犬はストレスで免疫が下がるけれど
ある犬は血行不良が原因で下がっているケースもある、という感じです。

 

加齢が原因のケースもあります。

 

胃腸の機能障害が免疫低下の原因になるケースもあります。

 

これらの理由の複合形もあります。

 

ざっと挙げただけでもこれだけの理由があります。
実際にはもっとあります。

 

理由が違うということは、対応方法も変える必要がある、ということです。

 

万人(犬)に共通の

「これさえやっておけば免疫力が上がる」

という方法は、厳密にいえば無いのです。

 

犬は1匹1匹違います。

 

なので、1匹1匹に合わせた対応が肝心なのです。

 

つまり、免疫について知った上で

 

●あなたの愛犬に合わせた免疫力を上げるための対応策

 

を考え、実践する必要がある、ということです。

 

まとめると、

——————————————————–

愛犬の病気予防のために免疫力UPの対策を行うためには…

1:免疫について知る

2:愛犬の体質や体の状況を知り、それに合わせた免疫対策を行う

——————————————————–

 

ということになります。

 

これはとても重要なポイントですので
ぜひ覚えていてくださいね。

本日は以上です。

 

●今日のメルマガが役立った!参考になった!という方は
 応援クリックをしていただけると励みになります。
https://inuyakuzen.doglig.com/

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。