犬の気になる「おしっこ」の話(1)獣医師に伝えるべき大切なこととは?


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

今、「犬の検査数値の見方」教材の動画撮影と編集を同時並行でやっていますが
今回、教材のテーマは

●コミュニケーションスキル

という内容を含んでいます。

 

「は?コミュニケーション??

 犬の検査数値の見方とコミュニケーション、何の関係があるんですか???」

 

と、目が点になった方も多いと思うので
今からその話をしますね。

 

このメルマガ読者の方の中には

「犬の手作り食」

を実践されている方も多いのですが
実は、犬の血液検査や尿検査の数値が「手作り食」の影響を受けるケースがある、ということを
ご存知でしょうか?

 

誤解の無いように言っておきますが、
食事内容によって、検査数値がいろいろ変動するのは、ある部分では「普通」のことです。

 

例えば、ドライフードと手作り食を比較した場合、
水分量が圧倒的に違います。

 

ドライフードは水分量が少ないことで、腐敗などを予防する意味合いもありますし
保存性を高めている側面があります。

 

手作り食は、野菜や肉などの食材を調理して作る家庭のご飯ですから
たっぷりの水分を含んでいます。

 

どっちがいいとか悪いの話ではなく、単に両者を水分量で比較した場合
手作り食の方が水分を含んでいる量が多いですよ、という話です。

 

比較すると、

・ドライフード:10%程度

・手作り食:内容にもよるが70%程度

という感じです。

 

 

A:ドライフードを食べてよく水を飲む犬であれば、水分摂取量はトータルでみると多くなります。

 

B:ドライフードを食べて、あまり水は飲まない犬であれば、水分摂取量は少なくなります。

 

C:手作り食はそのごはんを食べているだけで、水分摂取がかなりできている状態です。

 

D:手作り食で水分を十分摂取した上で、さらに水を飲む犬であれば、水分摂取量は格段に多くなるでしょう。

 

で、この4つのパターンで水分摂取量の多い順に並べ替えてみます。

 

 

D>C>A>B

 

 

とまあ、単純にこういう風になりますよね。

 

ここまではOKでしょうか?

 

さて、ここで考えていただきたいことがあります。

 

A、B、C、D、4つの食生活のパターンで、
それぞれ「おしっこ=尿」の濃さは変わるでしょうか?変わらないでしょうか?

 

今メールをお読みのあなたご自身の場合で考えてみてください。

 

たくさんお茶を飲んだ、ビールを飲んだ、水を飲んだ…というときの尿って
他の時と比較してどうかな…と考えるとわかりやすいと思います。

 

A、B、C、D、4つの食生活のパターンで、運動量などがさほど変わらず
生活パターンもほぼ同じ、という場合であれば、

 

●水分摂取量が多い犬の方が、少ない犬に比べておしっこは薄くなる

 

ということになります。

 

つまり、ドライフードがメインの食事で水もあまり飲まない犬と
手作り食がメインの食事で水もよく飲みます、という犬の場合、
後者の方がおしっこが「薄く」なる、ということです。

 

これ自体は普通の事なんですが、
こういう食生活の情報を

「獣医師にきちんと伝えていない」

という場合、ちょっと困ったことが起こるケースがあるんですね。

 

手作り食を中心とした食生活を送っていることを
獣医師にきちんと伝えていない場合、
尿検査の結果から、病気でないのに「病気では?」と
疑われてしまうケースが実はあります。

 

それはどういう場合か?

 

どういう病気を疑われるのか?

 

何が原因なのか?

 

そうならないためにはどうしたらいいのか?

 

これについては、次回のメールで引き続きお話ししていこうと思います。

本日は以上です。

●今日のメルマガが参考になった、興味深い!と感じた方は
応援クリックを頂けると励みになります!

https://www.facebook.com/dogligaroma/

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。