分離不安の犬へのアロマセラピー応用(2)


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

さて、

今日も「犬のしつけにアロマセラピーを活用する」というテーマの2つ目

—————————————————

2:犬の分離不安についての悩み。

留守番など、飼い主と離れることに対する不安が大きく
吠え続ける、家具などを壊すなどの破壊行動を起こす。

—————————————————

 

これについて話していきます。

 

前回のメールでは

「分離不安の犬へのアロマセラピー応用は、まず飼い主さんと”一緒にいる”時に
 精油を使った芳香浴を始めます」

という話をしました。

 

 

「へ?分離不安の犬の留守番訓練の時に
 気持ちを落ち着けるアロマを使うものだとばかり思っていましたが
 違うんですか??」

 

はい、そういう風に疑問に思った方もいると思いますので
それについて、今日は解説していきますね。

 

ここでは

「香りは”感情”とセットで記憶されやすい」

という特性を生かした応用方法を紹介します。

 

まず、日常生活の中で、犬が安心してくつろげる時間、
不安がなく、リラックスできる時間を意識して作ります。

 

この時間の作り方でお勧めなのが、夜寝る前に

「犬と飼い主さんのマッサージタイム」

を作ることです。

 

手のひらを使って行うマッサージは
犬の気持ちを落ち着け、安心感を与えるには最適です。

 

人の体温を感じながら「触ってもらう」というだけで
満足して、精神的に落ち着ける犬は実際に多いです。

 

で、ポイントとしてはこの「マッサージタイム」を習慣化することです。

 

そしてこの

マッサージタイム

鎮静作用のあるアロマ精油を犬に嗅がせる

というのがポイントです。

 

こうすることで

安心してリラックスできるマッサージタイムの心地よい感じ

と、

その時、部屋の中に漂っているアロマの香り

をセットで記憶させるのです。

 

これがいわゆる「仕込み」の段階です。

 

分離不安の犬が留守番の訓練をする際にアロマを活用する上で
この「仕込み」の段階が重要。

「この香りが漂っているときは、安心だし、気持ちがいい時間」

という風に、犬にしっかりと記憶させるのです。

 

では、この「しっかりと記憶させる」を行ったうえで
どのように分離不安克服の訓練に生かすのか?について
次号のメールで引き続き解説していきます。

 

ぜひ楽しみにしていてください。

 

本日は以上です。

 

●本日の記事が役に立った、興味深い!という場合は
 下記URLをクリックしていただけると励みになります。
https://www.facebook.com/officeguri/

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。