予告:ぐり石鹸再販は2017年7月27日(木)スタートです


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、予告通りこのメールでは

「ぐり石鹸」

の話をしようと思います。

 

「ぐり石鹸って何ですか?」

 

という具合に、初めて「ぐり石鹸」って聞きます、という方のために説明しておくと
「ぐり石鹸」というのは私が運営・販売している犬用手作り石鹸の製品名です。

 

ぐり、というのは我が家の12歳になる黒ラブの名前なんですが。

 

この「ぐり」を洗うために作った石鹸が「ぐり石鹸」です。

 

もともと、私は自宅で石鹸を作る、ということをやっており
当時、カラーリングで傷みまくっていた、ぱさぱさの髪の毛を何とかしたい!と
色々なシャンプーを試行錯誤しながら使っていたところでした。

 

それが、自宅でオリーブオイルを使って作る石鹸で洗うといいらしい、というのを本で読み
試しに作ってみよう!とスーパーでオリーブオイルを買ってきて
実際に作ってみたのがそもそもの始まりです。

 

使ってみるとなるほど。確かに、洗い上がりはしっとりするし
髪の毛も、市販の石鹸とは違い、きしきし言いません。

 

更に、アロマセラピーの精油を混ぜ込むことで
香りや肌に良いとされる植物の効能も取り入れることができ
色々と、髪や地肌の状態に合わせてアレンジが効きます。

 

これは面白いし、何より使っていて気持ちがいい。

 

そんなわけで、すっかり石鹸のとりこになった次第です。

 

そんなところへ黒ラブのぐりが家族に加わり、犬用の市販のシャンプーを使ってみたのですが
これが結構、香料がきつくて、犬を洗うにはちょっと抵抗があるなあ…と
躊躇するようになってしまいました。

 

(今では犬用シャンプーもいろいろ進化して、香りもマイルドで犬に良い製品が
たくさんあります。

 

でも何せ12年前ですので、今ほど種類も豊富でなく
あまり選択の余地がなかったというのが大きいです)

 

これだったら、私が普段使っている手作り石鹸で洗ってみる方が、匂いもきつくないし
泡切れも良くさっぱりしているから、犬にとってもいいんじゃなかろうか?

 

そんな気持ちで私の犬用石鹸づくりはスタートした次第です。

 

結局もうかれこれ12年くらい石鹸を作り続けているわけですが
犬も人間も皮膚の基本は一緒です。

 

・皮脂→油

・古くなった角質→タンパク質

 

この2つをしっかり落とすんですが、でも皮脂を取りすぎない、というのが大事になります。

 

皮膚には「皮膚バリア」という機能が備わっていますが、
中でも「皮脂」の役割は重要です。

 

「皮脂」が皮膚の表面を覆うことで、皮膚の中の水分の蒸発を防いでくれています。

 

皮膚の中にはある程度、水分がキープできていないと
外部からの異物や刺激に反応しやすくなってしまい、
ちょっとした刺激にも反応してトラブルにつながりやすくなる、という性質があります。

 

なので、余分な皮脂や角質はある程度落とすのが大事。

でも、油分の落としすぎもダメ。

 

まあそういう微妙なバランスが大事で、
そこのところが石鹸の場合だと、うまく調整できることが多い、ということです。

 

調整できることが多い、というまどろっこしい言い方をするのは
これまで石鹸を販売してきて、

 

「犬に市販のシャンプーがどうしても合わず、困っていたんだけど
ぐり石鹸に替えたら犬がシャンプー後も体をかゆがることが無くなり助かりました」

 

というメールを
これまでたくさんいただいて来てはいますが、

 

すべての犬100%に合うものである

 

ということは、当然ながら『言えません』。

 

しかしながら、市販のシャンプーだとどうしても
我が家の犬の場合は洗浄力が強すぎて
洗った後に犬が皮膚をかゆがって困る、という悩みを抱えた飼い主さんが
ぐり石鹸に替えて、その後長くリピートしてくださっている、という実績があります。

 

なので、そういう悩みを抱えている犬の助けになっているケースもあるし
飼い主さんご自身が自分も皮膚が弱いので、犬用だってわかってはいますが、こっそり使っています、
という方が多いのも事実です。

 

まあそんな犬用石鹸シャンプーではありますが
確かに我が家でも家族全員、ぐり石鹸を愛用していますし
私自身、石鹸を制作してまずは自分で試してから、犬に使ってそのあと出荷、という流れを必ず通して
石鹸を販売しています。

 

あくまでも犬用ですが、自分自身の顔や手足、自分の子供に使えないようなものでは
当然、家族犬を洗えないですからね。

 

犬の方が人間より皮膚が薄いですし、そういう皮膚が薄い動物への使用を前提にした製品だと
ぶっちゃけ、自分用にざっくり作る石鹸よりも材料の吟味が厳しくなります(笑)

 

もっと言うと、犬でも安心して使えるように材料を吟味して行ったら
結果として人間にも安心して使える製品になっていました、という感じです。

 

ユニバーサルデザイン、という言葉があります。

 

これは文化・言語・国籍の違い、老若男女といった差異、
または障害・能力の如何を問わずに利用することができる施設・製品・情報の設計(デザイン)を指しますが
犬も人も皮膚の基本は生物学的に見て大元は共通点が多いです。

 

なので、犬に合わせて行ったら、人間も便利で安心して使える石鹸にいつの間にかなっていた。

 

そういう石鹸を、年に1~2回制作しては
必要としてくれる犬たちと、その飼い主さんに向けて販売している次第です。

 

あ、あくまでも犬用石鹸ですので「人間用の化粧石鹸」としては販売していませんので
その点はご理解下さるようお願いしますね。

 

今回は、オリーブオイルをベースに薬効も持ち合わせた
ちょっと珍しい「北海道産ハチミツ」を合わせた「蜂蜜石鹸」をはじめ、
5種類の石鹸をご用意できました。

 

すべて手作りで、材料も地元北海道産だったり、
オーガニック製品だったりといろいろ厳選して組み合わせています。

 

この石鹸を2017年7月27日(木)18時より販売開始予定ですが
それに先駆けて、明日のメルマガで

 

「どんな石鹸が今回登場するのか?」

 

をお知らせする予定です。

 

ぜひ楽しみにしていてくださいね。

(敏感肌用の”あの石鹸”はリピーターの方が多いので、今回もちゃんとご用意しましたので
いつもご利用されている皆さんは、安心してくださいね)

本日は以上です。

●石鹸のラインアップ、楽しみにしていますよ!という方は
 クリックしておいていただけると励みになります!
https://www.facebook.com/gurisoap/

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。