夏の散歩と肉球の熱傷予防の話


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、気温がかなり上昇し「熱中症注意!」の喚起が多くみられる季節ですが
犬の場合は、「熱中症注意!」に加えて

●肉球の熱傷注意!

が、あります。

 

おそらく「ぐり通信」をお読みの読者の方は、
犬の健康への関心が高い方が多いので
そのようなことはないと思うのですが

 

私自身、気温が最高に高い正午から15時くらいの時間帯に
たまたま車の運転をしていると

 

「日中で一番気温が高い時間帯にも関わらず、犬の散歩をしている人」

 

というのを結構みかけます。

 

犬もしんどそうで、時々止まったりしていますし
気温が高いときは、路面温度がアスファルトの場合
60度を超えるケースもあるので注意が必要ですね。

 

お勧めは、散歩の前に一度、路面を飼い主さんが手で触ってみて
温度を確認してみることです

 

普段、靴を履いて地面に対して直立している私たちに比べると
犬は素足で地面に近いところを四足で歩いている訳です。

 

当然、犬はアスファルトからの照り返す

 

「熱」を

「体全身」に

「モロに受ける」

 

ことになりますから
人間が

 

「このくらいは大丈夫だろう」

 

と感じていても、実際犬は地面の近くの熱にさらされて
しんどい…ということになります。

 

 

当然、熱中症にもかかりやすいですし
60度を超える路面を散歩したら、肉球は傷みます。

 

熱によって肉球が削れて薄くなることもあります。

 

そうすると、歩いていても痛みが出てくる。

 

自分のかかとがすり減って薄くなるところを想像してください。

 

かかとけずりのやすりをかけ過ぎて、皮膚のやわらかいところが露出して
痛くなってしまった!という経験がある方は分かると思いますが…。

 

もし自分の足の裏全体がやすりをかけられて皮膚が薄くなっていて
そんな状態のまま
60度もある熱い路面を靴無しで歩いたら相当痛いと思いませんか?

 

そうならないために、まずは「散歩の時間帯を選ぶこと」。

 

これが重要だ、ということですね。

 

「犬の散歩はできるだけ気温が下がってから」

 

「散歩前に路面を手で触って、温度をチェック」

 

この2つを今一度確認することで、犬を熱中症や肉球の損傷から守ることができますので
ぜひ覚えておいてくださいね。

 

本日は以上です。

 

*次号では、犬の肉球を傷みから守る方法を2つ、ご紹介する予定ですので
ぜひ楽しみにしていてください。

 

●今日のメールの内容が役に立った、興味深い!という場合は
 応援クリックをしていただけると励みになります!
https://www.facebook.com/officeguri/

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。