ペットフードの添加物が気になる、という方へ(1)


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、前回のメールで

「犬の食の安全講座」

を作成中ですと予告をしました。

 

そして、普段メルマガ読者の皆さんが「犬の食」について疑問に感じていること、
不安に思う事をメールしてください、と書いたところ
たくさんの方がメールを送ってくださいました。

 

今日はその中から1通をご紹介させていただきますね。

————————————————————–

こんにちは。
病気がちの先住犬のために
諸橋さんのメルマガを拝読させていただくようになりました。

先住犬はこの5月天国へ行ってしまいましたが、
もう一匹もシニアなので食には気をつけてあげたいです。

ドッグフードはカリカリで、食材を厳選していますというものを選ぶようにしています。
半生タイプの方を好みますが、やはり保存料が心配です。

おやつ、ご褒美も必ず材料を見て添加物なし、
なるべく干しただけのものを選びます。

表示を信じて選びますが、添加物を信じていいのかいつも迷います。

人も100%添加物なしは難しいですが小さい体なのでどうしても気になります。

(チャユさん)

————————————————————–

チャユさん、こんにちは。
いつもありがとうございます。

 

ペットフードの添加物は、多くの方が気にされているので
メルマガ上で可能な範囲で回答していきますね。

 

ペットフードについては多くの方が

「何となく不安…」

という風に、漠然とした不信感を抱えていらっしゃるケースも多いです。

 

と、いうのは2007年に

 

●ペットフードのメラミン添加による原材料の偽装事件
https://www.pref.aichi.jp/eiseiken/3f/melamine.html

 

という、ペットフードへの違法なメラミン添加により
犬猫がアメリカで大量に死亡する、という事件が起きているからです。

 

この事件からかれこれ10年経っていますが、
この事件のインパクトは非常に大きく、

 

「ペットフードって大丈夫なの…?」

 

と10年前の印象を何となく今も持ったまま、という方も実際多いです。

 

ただ、国もこの事態を重く受け止め、対策も行ってきました。

 

実際に、この事件がきかっけとなり

●ペットフード安全法(愛がん動物?飼料の安全性の確保に関する法律)

という法律ができました。

 

ちなみに、こうした私たちの家族である犬にとって関連が深い法律を
一般の人たちが理解しやすいように、と
内容をまとめたものが公開されていますし
これらの情報は誰もがインターネットを使って無料で読むことができます。

 

なので、ペットフードについて不安を感じている場合は
まずこうした資料を読んでみて、

 

「どういう法律で、犬が口にするフード類は守られているんだろう?」

 

という概要だけでも理解しておくのがお勧めです。

 

もし、チャユさんがご興味があれば
こちらの資料を読んでみてくださいね。

●ペットフードの安全確保のために:
愛がん動物?飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)の概要等(農林産省HP)
https://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/petfood/attach/pdf/pf2015-2.pdf

 

この資料の中にもありますが
ペットフードについては、

 

—————————————-

原材料名

「原材料(名)」と記載した上で、原則として使用した原材料(添加物を含む)を全て記載。

※添加物の表示に注意!
甘味料、着色料、保存料、増粘安定剤、酸化防帽子剤、発色剤として
使用される添加物は、添加物名と用途名の両方の記載が必要です。

—————————————-

 

という風に書かれています。

 

つまり、添加物を使用したらラベルに記載する、というのがルールですから
チャユさんが気になる「保存料」についても
例えば、

 

●保存料(ソルビン酸カリウム)

 

というような記載があるはずです。

 

じゃあこの保存料はどういうものか?というのを調べてみると
ネットで調べると、検索の1ページ目には怖い情報しか出てこないので、
客観的に添加物について知るのに、おすすめの本を1冊ご紹介しておきますね。

●食品添加物キャラクター図鑑 気になるあの成分のホントがよくわかる!

 

この本を見ると「ソルビン酸カリウム」は「抗菌剤」として使用されることが分かります。

 

特に好気性菌と呼ばれる空気を好んで繁殖する菌を抑制するのに効果があるため
食中毒防止の目的で、人間の食品にもよく使用されています。

 

…と、ここまで書きましたが
正直、これだけの情報だと

 

「で、結局食品添加物の安全性については、どう考えたらいいの?」

 

というモヤモヤ感が晴れないと思います。

 

じゃあどうしたらいいか?ですが
今日は長くなったので
これについては次号のメールでも引き続きお話ししていこうと思います。

 

楽しみにしていてください。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。