ペットフードの添加物が気になる、という方へ(2)フードの安全情報を自分自身で調べることができますか?


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、前回のメールで

「ペットフードに添加されている保存料などの安全性はどうなのか?」

というテーマを取り上げました。

●ペットフードの添加物が気になる、という方へ(1)
https://www.officeguri.com/archives/6632

 

おさらいすると、10年前にペットフードで犬猫が大量に死亡する、という事件があり
原因はペットフードにメラミンが違法に添加されていたことでした、という話をまずしました。

 

食品が原因で命を奪われるというのはあってはならなことだ、と
また、ペットと暮らす人の数は増えてきているので
ペットフードの安全性を厳しく監視する必要があるのでは?という要望にこらえる形で
国は

●ペットフード安全法

という法律を作りましたよ、という事も紹介しました。

 

で、今日は添加物についてどう考えるか?という続きを書く予定でしたが
ペットフードを取り巻く法律を紹介したついでに、

 

「ペットフードに対して、国はどういう対策をとっているのか?」

 

「安全に対する情報はどうやって入手するか?」

 

という話をしておこうと思います。

 

これは、結構大事な話なので
必要を感じる方はぜひ、集中して聞いてくださいね。

 

2007年のメラミン購入時ペットフードリコールの事例で話していきますが、
こういう事故が起こった場合の注意点としては
輸入品の場合、

 

・正規代理店

 

が取り扱っているフードの場合はスムーズに回収されます。

 

一方で、「並行輸入」で輸入された製品の一部は回収されず
リコール後も、日本国内で店頭販売されていたケースがあります。

————————————————————–

●並行輸入とは?:

正規代理店以外のルートで輸入される場合、正規代理店以外の第三者が、
外国で合法的に製造・販売された商品を外国で購入し、
日本の総代理店契約者等の許諾を得ずに、正規代理店ルート以外のルートで輸入する行為を指す。

(日本流通自主管理協会HPより  https://www.aacd.gr.jp/heikou )

————————————————————–

 

並行輸入品は、正規代理店ルートで購入するより
平均して価格が安いため、利用されるケースも多いですが
正規代理店であればすぐに伝えられるリコール情報などが
すぐには伝わらないケースもあるため、購入者は注意が必要です。

 

ペットフードを利用する場合は、製造者が安全な食品を提供する、というのは大前提ですし
これは製造者の義務です。

 

一方で、本来あってはならないことですが、やはり人間のすることなので「事故」を100%防ぐことは、
残念ながら、できません。

 

そのため、消費者側である飼い主も「安全に対する情報」は積極的に求める姿勢も
大切だと、私は思います。

 

事故が起こるのは、もちろんいけないことです。
命に関わることであれば、なおさらです。

 

だからこそ、普段から「犬が口にする食品」への情報を集め
必要に応じて自分自身でチェックする、という姿勢が飼い主側にも求めらると私自身は考えていますが
これについて、今メールをお読みのあなたご自身はどう考えるでしょうか?

 

例えば、ペットフードのリコール情報はインターネットでも確認することができます。

●FAMIC(独立行政法人 農林水産消費安全技術センター):事業者のみなさまへの注意喚起
https://www.famic.go.jp/ffis/pet/sub3.html

 

時々こういう情報を見ているだけでも、ペットフードでどういう事故が起きているのかを確認できますし
自宅で愛用中のペットフードは大丈夫かどうか?もチェックできます。

 

愛用中のペットフードの公式サイトの情報をチェックしておくことも安心につながります。

 

国もアメリカやヨーロッパでのペットフードリコール情報は常にチェックしており
必要に応じて注意喚起をしたり、サイトで情報を配信しています。

 

私自身は仕事柄、こういう情報をチェックする機会が多いですが
国もペットフードの安全を守るために様々な取り組みをしていますし
ペットフードも海外からの輸入品が多い、という現状を考えて
対策はかなりきっちりやっているなあ、という印象を受けています。

 

残念なことに、インターネットで「ペットフード 安全性」というようなキーワードで検索すると
飼い主さんの不安をあおるような、過激な内容のサイトが多くヒットするのも事実です。

 

本当に大事な情報や、客観的な事実を発信しているサイトが
検索では5ページ目にようやく出て来るとか、そういうのはザラです。

 

でも普通、何か情報を探してネットを検索したら
だいたい1ページ目で見るのを止めますよね(苦笑)

 

覚えておいていただきたいのは、
ネット検索で1ページ目に出てくる情報が正しいとは限らない、ということです。

 

そうした情報に客観性はあるのか?
科学的なデータの裏付けはあるのか?

 

そうした目でネット上の情報をチェックしていくと
ネットでは有益な情報をたくさん見つけることができますし
犬の食の安全、健康を守る上で大切な情報をたくさん得ることができます。

 

大事なのは、そうした情報をふるいにかけて、より分ける「目利き」に
飼い主さんご自身がなる、ということだと、私自身は考えています。

 

そういう方が一人でも増えると、健康に過ごせる犬たちが増えると思いますし
何より飼い主さん自身が、犬の食に対する不安を減らして
毎日を楽しく、安心して過ごせるようになると思っています。

 

安心できる犬と人が、一人でも多く増えてくれるといいな、という思いで
このメルマガを配信している次第です。

 

本日は以上です。

●今日のメルマガが役に立った!興味深かった!という場合は
 応援クリックをしていただけると励みになります:
https://www.facebook.com/officeguri/

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。