ペットフードの添加物が気になる、という方へ(4)外国産の肉や魚への薬品残留が気になりますか?


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

犬の食の安全」を考えるシリーズですが
かなり反響が大きいです。

 

現在、「犬の食の安全を考える講座(仮)」というオンライン教材を作成中なのですが
読者の皆さんが、普段

 

犬の食の安全

 

に対して、どういう疑問をお持ちなのか
不安に思っていることは何か?を募集したところ
たくさんのメールを送って頂きました。

 

その中から、多くの方が疑問に思っている内容について
可能な範囲でメルマガ上で回答しているわけですが、
今回は

 

●輸入食品の安全性ってどうなの?

 

というテーマを取り上げていきますね。

————————————————————-

こんにちは。
いつもいろいろなことを楽しみながら
学ばせていただいています。

今回の犬の食の安全 ということについて
犬 だけではなく 人間の食の安全にも
関わってくることなんですが
以前 どこの国かは忘れましたが
輸入品のサーモンについて
養殖時の餌に薬品を混ぜているので
食べないほうが良い
といった記事を読んだように思います。

加工品の添加物は表示されていますが
肉・魚・野菜といったものには
そういった表示はありません。

もちろん国が輸入を認めている以上安全である
という前提だとは思います。
また輸入品のに限らず国産についても
疑えばきりがないことですし
そこまで追求すると食べられるものが
なくなる という事態にもなりかねませんが
私たちが事実を知る手立て
それに対しての考え方などを知りたいと思います。

(まるままさん)

————————————————————-

 

まるままさん、いつもメールをありがとうございます。

 

>私たちが事実を知る手立て
>それに対しての考え方などを知りたいと思います。

 

ここは非常に大事なポイントになりますので

 

・輸入食品の安全基準は?

・検査はどこで、どのように行われている?

・基準値を超えた食品の情報はどうやって調べる

 

ということを視点で話をしていきますね。

 

手づくり食を実践されている方の場合、
スーパーに売られている食材を使って自宅で犬の食事を作ることになります。

 

ちなみに日本の食料自給率(平成28年)は、カロリーベースで38%、
生産額ベースでは68%と決して高いとは言えない水準です。

 

それだけ「外国産の食料」に頼っているわけですが
そうなると、当然犬の手作り食を自宅で作る場合も、外国産の食品に頼るケースも出てきます。

 

そうなると、外国産の食料の安全性ってどうなのかな…という疑問も当然出てくると思います。

 

もうひとつ。

 

加工食品であれば、ラベルに原材料などが記載されます。

 

そこに添加物を使用した場合は記載されていますが
野菜、とか、肉、とか、魚、など
加工を施さずに「切り身」などの状態で売られる場合は
特に記載がありません。

 

あともう一つ大事なことですが

 

・食品に供する畜産物や水産物を飼育・養殖する際に飼料に含まれる添加物
(成長促進目的で加えられる抗生物質、合成抗菌剤を含む)

 

・動物の飼育の際、病気の治療・予防目的などで使用される薬品

 

 

・食品添加物

 

とは、完全に分けて考える必要があります。

 

・食品に供する畜産物や水産物を飼育・養殖する際に飼料に含まれる添加物
(成長促進目的で加えられる抗生物質、合成抗菌剤を含む)

 

・動物の飼育の際、病気の治療・予防目的などで使用される薬品

 

これは「飼料添加物」および「動物医薬品」と呼ばれます。

 

今回、サーモンについて言われれているのは

 

「動物医薬品」

「飼料添加物」

 

についての話だと思います。

 

これについては確かに、ラベルなどに記載されていないし
どういう仕組みで規制されているかもよくわからないので、何だか心配になるな…という方は実際多いですし
そういう風に心配になるのも無理はないと思います。

 

だからこそ

 

「これらの動物医薬品や飼料添加物は、それらを使用した動物が
 食品として供給される際に
 どういう風にチェックされているのか?」

 

という仕組みを知ることが大切ですし
どういう法律で規制されているのか?を知っておくことも重要です。

 

こうした情報もネット上でちゃんと公開されていますし
アクセスの仕方、調べ方などについて
引き続き次号のメールで解説していきますので
今日はここまでにしておきますね。

 

今日のポイントとしては、

 

————–

●食品添加物

●動物医薬品

●飼料添加物

————–

この3つを、頭の中で区別して整理整頓しておいていただくことが重要です。

 

この3つを区別していただくと
次回以降のメルマガ配信記事を、スムーズにご理解いただく助けになるはずです。

本日は以上です。

●今日のメルマガが役に立った!興味深かった!という場合は
 応援クリックをしていただけると励みになります:
https://www.facebook.com/officeguri/

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。