獣医さんから犬の健康増進に、有益な情報を引き出すには?


こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて今日は

 

———————————————-

「獣医さんから有益な情報を引き出すには?」

———————————————-

 

というテーマで話していきます。

 

病院で受ける治療や説明というのは、当たり前ですが
病気の状態や治療方針についてが中心です。

 

何故なら、病院というのは

 

「病気を治すところ」

 

だからです。

 

でももし、そこから一歩突っ込んで

 

「現在の病気がこれ以上進まないよう、気を付けるべきことや家庭で出来ること」

 

「健康増進のために有効と思われることで、家でも実践可能なこと」

 

というような

 

「病気の予防」

 

「健康増進」

 

についてのアドバイスも、獣医さんから引き出せるとしたら
あなたは聞いてみたい!と思いますか?

 

実は私は、結構こうしたアドバイスをかかりつけの病院でもらっています。

 

それって、担当の先生がたまたま親切だったからでしょう?と思う方もいるかもしれません。

 

でも、我が家のかかりつけの病院は常勤の先生が3名いらっしゃり
急患として駆け込んだ場合は、どの先生に当たるかわかりません。

 

私は3人の先生全員に当たったことがありますが
すべての先生から

 

「現在の病気がこれ以上進まないよう、気を付けるべきことや家庭で出来ること」

 

「健康増進のために有効と思われることで、家でも実践可能なこと」

 

を聞きだし、実践しています。

 

聞きだす、というと特別なテクニックでもあるのか?という話になりますが
テクニカルな事は一切していません。

 

唯一していることと言えば、

 

「病気に関する説明をできるだけ早く理解するよう努めている」

 

ということです。

 

具体的には

 

「犬の身体や内臓の働き、免疫の仕組みの基礎は頭に入れて置き
 説明に割いてもらう時間は必要最低限で済ませる努力」

 

をしている、という次第です。

 

で、説明に費やしてもらう時間を短縮して、何をするか?というと
以下の質問をします。

 

「原因は何だと思われますか?」

 

「日常生活で気を付けることはありますか?」

 

「食事や運動で気を付けることはありますか?」

 

「悪化させないためにはどういう工夫が必要ですか?」

 

「もし、薬を飲んでも改善が見られない場合は、次はどういう治療をすることになりますか?」

 

「経過観察はどのくらいのスパンで考えたらいいでしょう?」

 

「どのくらいの頻度で検査をするのがいいですか?」

 

「どういう変化に気を付けたらいいでしょうか?」

 

我が家で病院に連れていく犬はラブラドールのぐりとニコ、
それに実家のラブラドールミックスのカンナ。

 

合計3匹です。

 

この3匹の、身体のどこが不調か?といった状況に合わせて
これらの質問を使い分けていますが
犬の状態によって、返って来る答えは違います。

 

共通しているのはこれらは全部

 

「家庭で犬の生活をどうケアするか?」

 

という部分ですね。

 

私はこの質問が出来るようになって以来、
家庭でのケアの幅が大きく広がりました。

 

獣医さんから食事で気を付けるとしたらこういうところ、日常生活では
こういうことはやめた方がいい、といった

 

「健康維持」

 

「悪化予防」

 

「健康増進」

 

の情報を引き出せるようになったので
それに合わせて食事や運動、ストレスケアを考えられるようになりました。

 

犬と暮らし始めたばかりの10年くらい前は、
病院に行ってもただ心配するだけ、おろおろするだけ、説明を聞いても犬が病気で動揺しているので
半分も理解できないといった有様でした。

 

それが、今では説明を聞いた後に

 

「これ以上、犬の状態を悪化させないために家庭でできることには
 どういうことがあるだろうか?」

 

と質問できるようになりました。

 

病院は基本、「病気を治すところ」です。

 

なので普通は

 

「自宅での健康維持の工夫」

 

といった

 

「予防医学的な話」

 

はあまりされません。

 

でも、たいていの場合、獣医さんは「こちら側から質問」すれば
色々アドバイスをしてくれるものです。

 

これは本当に、ただ聞いてみるだけ。

 

拍子抜けするほど簡単ですが、本当にそれだけです。

 

但し、質問をするためには獣医さんの説明をきちんと理解できる、という事が大前提です。

 

これができないと、そもそも何を質問していいかわかりません。

 

犬の身体の仕組みや、臓器の働きなど
基礎的なことが頭に入っていないと、質問をすること自体が難しいのです。

 

もっと言うと、飼い主側もある程度
犬の身体の基礎的なことについては勉強する必要があります。

 

犬の健康に関する決定は、自分も積極的に参加し
治療方針の決定も獣医師と対等な立場で話し合って決める、といった

 

「自立した意志と、ある程度の基礎知識」

 

が求められる、ということになります。

 

ただ、基礎知識と言っても、動物病院で話を理解するためには
ものすごく難しいことを勉強する必要はありません。

 

肝臓の働きは、こう。

 

腎臓の仕事は、こう。

 

という風に、本当に基礎的なことを理解するだけで
十分わかるようになります。

 

そして、こうした肝臓や腎臓の働き、あとちょっとだけ「免疫」の仕組みが分かるだけで
多くの方が難解だと感じる

 

●犬の血液検査

●尿検査

 

の数値の見方も、非常に理解がしやすくなります。

 

では、そうした臓器の働きや検査結果の数値の見方は
どうしたら勉強できるんですか?という話ですが、
市販の書籍で血液検査ガイドなどで勉強する、という方法もありますが
やはり独学でゼロから…となると難しいというのが現状です。

 

そこで昨年、私自身が

 

「犬の血液検査、尿検査について理解を深めるための基礎講座」

 

をオンラインで開講したところ、非常に多くの方が参加され
大変喜んでいただけました。

 

 

「検査の数値説明は苦手でした。

 

今も正直、すらすら理解する、というところまではいっていません。

 

でも、何の知識もなく説明を聞いていたころに比べると
獣医師の先生のお話が分かるようになってきましたし、

 

どうして今、この薬が必要なのか?とか
体の状態がこうだから、食事はこういう配慮が必要なのだな、とか
治療や指示されることの”意味”が分かってきたのはとても大きいと感じています。

 

言われてただやる、のではなく”こういう理由で必要なんだ”と理解できると
愛犬の薬や食事の管理も意味があるものだ、しっかりやろう、と思えるようになりました。

 

正直、以前はただ何となく”薬は身体によくない”というような思い込みがあって
薬を飲ませることにはあまりよい印象を持っていませんでした。

 

でも、今では”愛犬にこの薬を飲ませることの必要性と意味”が理解できて
その薬が愛犬の身体にどういう働きをして、体調を良くしてくれるのか?を納得した上で
飲ませることができるようになりました。

 

これが、とても大きいと思っています」

 

 

これはある受講生の方が話してくれたことです。

 

 

検査数値の意味をただ機械的に理解するだけでは、正直あまり意味がありません。

 

 

そうではなく、検査数値から「体の中で何が起こっているのか?」を理解し
その上で必要な治療や自宅での療養について獣医師と話し合い、決定する。

 

 

数字の上下に一喜一憂するのではなく、もっと言うと、検査結果を通してみるのは
数字ではなく、あなた自身の愛犬の「体の中」なのです。

 

それには

 

●検査数値の意味

 

にプラスして

 

●その数値が示す臓器の働きや状態

 

といった、基礎的な生理学も併せて学ぶことが必須です。

 

 

検査数値の意味だけを覚えても、それは掛け算の九九をただ暗記するのと一緒です。

 

九九=掛け算をだた暗記しただけでは、
正直あまり役に立ちませんよね。

 

掛け算を使って、自分が何をしたいか?どういう計算結果を求めたいか?まで考えるのが
日常生活では大切になります。

 

例えば、犬を毛の1本1本まで輝いた状態で撮影できる
すごいカメラのレンズがあるとします。
(実際にあります)

 

それを買うのに貯金をしたいけど、月々5,000円までなら貯金できる。

 

そうするとレンズは3万円するから、5,000円×6ヶ月で達成だから半年間頑張って貯金しよう!みたいな感じです。

 

そういういう、意味がある掛け算とそこから出てきた目標金額のためであれば
貯金を頑張れます。

 

血液検査、尿検査の数値の理解も同じです。

 

数値から見える、肝臓や腎臓をはじめとする、臓器や体全体の色々な状態がリアルに想像できる。

 

だからその内臓が弱ったり、病原菌に感染している状態を治すための投薬や
家庭でのケアに充実した気持ちに取り組める。

 

検査結果の数値を理解したい、という飼い主さんが根本的に望んでいるのは
結局のところそこだと思うのですが
今メールをお読みのあなたご自身はいかがでしょうか?

 

もし

 

「検査結果の数値をある程度理解し、
 獣医さんと数値そのものの説明以外の
 予防や健康維持について話し合いにの時間を持ちたい。

 

 その上で、薬を飲ませることや家庭でのケア、食事、運動など
 意味と必要性を理解した上で、自分自身納得して行えるようになりたい」

 

とお考えの場合は、

 

●検査数値の意味

 

にプラスして

 

●その数値が示す臓器の働きや状態

 

を同時に学べる

 

——————————————————–

●飼い主さんが手軽に学べるオンライン講座:血液検査・尿検査ガイド

——————————————————–

 

の受講がお勧めです。

 

これについては明日の午前10時に
このメルマガで受講方法のご案内をしますので
必要を感じる方はぜひ楽しみにしていてくださいね。

クリックありがとうございます

*メルマガ配信は10時開始予定ですが、すべての配信が終了するまでに3時間程度かかる場合があります。
事前にご了承ください。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。