アロマQ&A:苦手な香りでも体に良いので我慢して嗅ぐべき?!


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、現在募集中の講座:

 

————————————————————–

ドッグアロマセラピーとマッサージを学ぶ初心者のための入門講座
『アロマセラピーの教科書』
https://startaroma.inu-gohan.com/

————————————————————–

 

ですが、週末もたくさんのお申込みをいただきお席の方が埋まってきています。

 

この講座は、インターネット動画を観ながら自宅で講座を受けて、付録のアロマ精油を実際使いながら、愛犬のアロマケアとマッサージを学ぶ基礎講座です。

 

犬は嗅覚が鋭い動物ですが

 

アロマ=香りを体への良い刺激を与えるメッセージ

 

として利用する、犬にはぴったりの自宅で出来る自然療法です。

 

飼い主さんご自身も、好きな香りを嗅ぎながら、ご自身の身体と心のセルフケアにお役立てください。

 

楽しいことが大好きで、犬と一緒に自分も楽しみたい!という、楽しむことに積極的な飼い主さんには心からお勧めの講座です。

●ドッグアロマセラピーとマッサージを学ぶ初心者のための入門講座
『アロマセラピーの教科書』
https://startaroma.inu-gohan.com/

※定員:30名限定

※募集期間:2018年4月7日(土)23:59まで

 

————————————————–

●苦手な香りと好みの香り、
 好みで体の反応は変わりますか?

————————————————–

良くいただくご質問です。

「●●に良い香り、と書かれたアロマでも自分がその香りを好きではない場合、

または犬が好きではない場合でも、我慢してその香りを使った方が良いですか?

 

以前、認知症にアロマを活用している人間のお医者さんの本を読みました。

 

その時、アロマの香り成分も薬理成分なのだから、認知症に効果がある香りなら、嫌いでも多少我慢して嗅いだ方が良い、というようなことが書かれていたので気になっています」

 

良薬、口に苦し、という言葉があるので

 

(アロマの飲用は、Office Guriでは勧めていませんのであくまで例えですが)

 

嫌いな香りでも、効果を実感するためには我慢して使わなきゃ…

 

と考える方も時々いらっしゃいますが、個人的にはおすすめしません。

 

というのは、嫌な香り、というだけで、どんなに良い成分を含んでいたとしても、身体の方で嫌だと感じている以上、効果が発揮されにくいと考えられるからです。

 

嫌な匂い、と感じた時点で、まず体が緊張します。

 

好きな香りであれば、たくさん嗅ぎたいな、と体が反応し、呼吸も深くなり、ゆっくりになる傾向があります。

 

呼吸が深くなれば、身体もリラックスできます。

 

そもそも「プラシーボ(偽薬)」という言葉があるくらいです。

 

「プラシーボ(偽薬)」は、たとえそれが中身が飴玉だとしても薬と信じ込んで飲むことで、実際、何らかの改善がみられることを指す言葉です。

 

この言葉はラテン語の

 

●プラケーボー(「私は喜ばせる」の意)

 

に由来しています。

 

つまり、「嬉しい」という状態に体を持ってくことが、何かしらの薬理作用を及ぼし、実際に身体の調子が良くなる、という事例が多い、という意味も含みます。

 

何が言いたいかというと、身体の反応というのは

精神

が大きく関わっている、ということです。

 

飴玉でも薬と信じて飲めば、体調がよくなる、ということがあるように、逆に、いくら身体によいとされるものでも

嫌いな匂い=不快

という場合、それはなかなか効果を発揮しにくいのでは?ということです。

 

特に動物の場合、「快・不快」の反応は生きることに直結します。

 

腐った食べ物の匂いは不快に感じることで、危険な食物を口にしなくて済みます。

 

逆に、食欲をそそる香りの食べ物があれば、食べることでエネルギーになるので、おいしそう…と感じます。

 

快=良いこと、不快=悪いこと

 

というのが基本、脳にインプットされている以上、いくら犬に

 

「この香りは体にいいので我慢して嗅ごうね!」

 

といっても、犬の側では「不快=体に悪そう」と受け取っている可能性が高いです。

 

だったら、犬が心地よく感じる香りを使ってあげた方がよさそうですよね?

 

健康のために、嫌いなことを無理してやる

 

というのは、個人的にお勧めの姿勢ではありません

 

嫌いな理由を見つけて、それを無くして解決できる方法であればいいですが

 

(例えば、ウエイトオーバーで運動をするのが嫌いだけれど、どうしても運動しなくてはならない、というような場合は私であればまず、嫌だと感じない範囲内からスタートするなど工夫します)

 

でも、香りの好き、嫌いは、そういうものでは、どうにもしようがないですよね。

 

 

納豆の匂いが嫌いな人は嫌いですし、そこに理由はありません。体の反応だからです。

 

 

納豆は確かに体に良いけれど、どうしても臭いがだめ、という人は、納豆と同じような体に良い成分を含む、別のものを食べればいいだけの話です。

 

(*個人的に私は、納豆は大好きです)

 

 

長くなりましたのでまとめますが、アロマセラピーに関していうと、嫌いな匂いを無理やり

「体に良いから我慢して嗅ぐ」

という必要はないと、私自身は考えています。

 

それよりも、好きな香り、心地よい香り、嗅ぐことでリラックスできる香りなどを、色々試しながら見つけるのがいいですね。

 

そういう理由もあって、今回は講座の付録教材として

 

・ラベンダー

 

・ゼラニウム

 

・ティーツリー

 

・アトラスシダー

 

・スイートマジョラム

 

の5種類をお付けしています。

 

この5種類は初心者の方でも使いやすく、なおかつ犬の身体によい成分を含むものをピックアップして集めています。

 

アロマが初めて!という犬と飼い主さんがこの中からお気に入りの香りを見つけて、楽しんでくれれば、私もとても嬉しいです!

————————————————————-

●ドッグアロマセラピーとマッサージを学ぶ初心者のための講座
『アロマセラピーの教科書』
お申込みと詳細のご確認はこちらから!
https://startaroma.inu-gohan.com/

※定員:30名限定

※募集期間:2018年4月7日(土)23:59まで

————————————————————-

★今期お申込みの受講生向けプレゼント2種のご案内★

初めてアロマに触れる飼い主さんを応援するために、
また、アロマを好きになってもらいたい!という願いを込めて
受講生プレゼントを2つご用意しました。

————————————————————-

【1】明日まで!
  プレゼント1:精油を3ml→5mlへ無料増量キャンペーン

●2018年4月3日(火)23:59までに
講座へお申込みいただいた方限定です。

付録教材の精油3mlを5mlに無償アップグレードしてお届けします。

——————————————————

【2】プレゼント2:ローズのスキンケアハーブプレゼント!

●2018年4月5日(木)23:59までに
講座へお申込みいただいた方限定です。

犬の全身トリートメントに使用できる
ローズのドライハーブをプレゼントします!

——————————————————

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。