犬のお灸:皮膚を通して犬の身体に働きかけるメリット2つ


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、今日は前回のメールで予告した通り、

 

「お灸や指圧をすることで、身体には具体的にどういうメリットがあるのか?」

 

について、皮膚と血行、という視点で考えてみようと思います。

 

———————————————————

【1】犬の皮膚に触れることそのものが、ストレスケアになる

———————————————————

 

皮膚というのは、生物にとって最大の「臓器」です。

 

「え、臓器って内臓ですよね?」

 

と、違和感を感じた方もいると思います。

 

確かに臓器というと、肝臓とか心臓とか、お腹の「中」にあるものをイメージしがちですよね。

 

でも、たまたま「外」に出ているというだけで、皮膚も立派な臓器です。

 

内臓に対して「外臓(がいぞう)」という面白い造語で呼ぶ、皮膚の専門家もいるくらいです。

 

で、この皮膚ですがセンサーとしてものすごく優秀です。

 

特に「触れられる」ということと「温度」については敏感です。

 

「触れられる」というのは私たちの感情にもリンクしています。

 

好きな相手に触れられれば、嬉しかったりドキドキしたりしますよね?

 

逆に、嫌いな相手に触れられたらいやな気持になるものです。

 

この視点で考えると、お灸や指圧といった皮膚刺激を「飼い主さん自身」が行う事には大きな意味があります。

 

信頼を寄せて、好きな相手である飼い主さんに触れてもらうことで、犬は喜びを感じます。

 

お灸や指圧は、犬の身体に直接触れて、身体によい影響を与えるポイント「ツボ」を温めたり、刺激したりします。

 

この「触れる」という行為そのものが、犬のメンタルに良い影響を与えますし、その上で、身体の様々な部分に働きかける「ツボ」を刺激して内臓や体全体に働きかけます。

 

基本的に犬は「触られるのが大好き」な生き物です。

 

そういう点で、「飼い主さん自身が犬の皮膚に触れて行う」というお灸と指圧は、犬にとても向いている家庭でのセルフケアだと言えるでしょう。

 

———————————————————

【2】お灸の温熱は血行促進につながる

———————————————————

 

お灸はぽかぽかと気持ちの良い温熱の効果で皮膚を温めます。結果として、血行が良くなります。

 

上手にお灸をすると、ぬるい温泉にゆったり浸かったような、心地良い温感を全身で感じることができるようになります。

 

血液は身体中に酸素や栄養素を運搬しています。

 

同時に体の中の老廃物を回収して、体外に排泄する働きも担っています。

 

血行が良い、というのは体内の「巡り」が良くなる、ということです。

 

血行が悪いと体全体が冷たく感じられ、何だか元気が出ない…という体調になりがちですが、身体が適度に温まり、ぽかぽかとした状態になると元気ややる気が出てくる、という経験をされた方も多いのではないでしょうか?

 

体温が適度に保たれ、血行が良い状態に保たれることで、免疫細胞も活躍しやすくなる、という視点で研究も進められています。

 

栄養素と酸素を身体中に回し、不要なものはきっちり回収して外に出す。

 

血行が良い、というのは、このような身体の代謝を適切に行うためにも重要です。

 

身体を温める、巡りを良くする、という意味でも「犬へのお灸」はおすすめです。

 

まとめると、お灸や指圧、という「皮膚」への刺激を通して

 

・ストレスケア

・リラックスを促す

・犬との信頼関係を深める

 

といった精神的なメリットを得られると同時に

 

・血行促進

 

という生理的な効果も同時に期待できる、ということです。

 

これだけでも、犬の身体全体に良い影響を与えて、身体の調子を整えるのに役立ちますがツボには、

 

「腎臓とつながるツボ」

 

「肝臓と関連の深いツボ」

 

など、体の部位に応じて、このツボを使う、というのが決まっています。

 

なので、犬の身体の状態や悩みに応じて適切なツボを選択して指圧する、お灸で温める、というったセルフケア家庭で、飼い主さんが行うことで犬の健康管理や健康増進に生かせます。

 

昔から伝わる伝統医学であるお灸と指圧は、長い歴史がその安全性を示してくれています。

 

また、世界各地でも、まだ医療設備が整っていない場所や医薬品が高価で一般の人が手軽に利用できない地域では現役の健康増進法や予防医学として活躍しています。

 

日本国内では「家庭でのセルフケア」という位置付けて、こうした伝統医学の恩恵を犬も受けられるのはとても素晴らしいことだと思います。

 

私自身は、「家庭で犬にお灸や指圧を取り入れてみたい」という方に対して、安全で正しいお灸の使い方、指圧の仕方を学んだ上でぜひトライして見て頂きたいと考えています。

 

難しく考えられがちな「ツボ」の探し方も、ちょっとしたコツをつかめばさほど難しくはないので、探し方も繰り返し練習して、マスターしていただければと考えています。

 

そこで、この「犬のお灸」をテーマにした、自宅で学べる動画講座の募集を、明日の午前10時より開始しようと思います。

 

興味のある方はぜひ楽しみにして頂けると嬉しいです。

 

*メルマガ読者の方限定の受講生プレゼント付での募集を予定していますので、これも明日のメルマガでお知らせしますね。

 

本日は以上です。

 

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。