犬のお灸:犬の病気と「長い付き合い」になりそうな飼い主さんへ


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

現在募集中のこちらの講座、引き続きたくさんのお申込みをいただいています!

募集枠が埋まるペースも結構早いので、ご検討中の方はお早めにお申し込みくださいね。

●犬のための指圧・お灸講座:オンライン版
https://menekituo1.inu-gohan.com/

講座へお申込みされた方への特別プレゼント:

・犬・飼い主さん共用で使える「棒温灸セット」(定価4,320円)
2018年6月18日(月)23:59お申し込み分まで

・書籍「犬・猫に効くツボ・マッサージ 指圧と漢方でみるみる元気になる」(1,620円相当)
2018年6月19日(火)23:59お申し込み分まで

 

————————————————————–

●私が「お灸」「指圧」を愛犬家の皆さんにお勧めする理由【2つ】

————————————————————–

 

私自身、犬の健康を家庭で守るにはどうしたらいいのじゃ?といろいろ情報を集め、模索を始めたのがちょうど12年前くらいです。

 

こうやって書くと、結構時間が経っているなあ…と感じますが、その模索の最中、結構初期の段階で

・ツボ

というものには出会っていました。

 

初めて参加したツボの講座では「指圧」の仕方やツボの探し方を習いました。

 

お灸の紹介もちょっとだけありましたが、詳しい使い方まではそこでは紹介がなかったので自分で調べたり実際にお灸を購入して、試したりしながらお灸の使い方を学びました。

 

最初に参加した講座も、先生は親切に教えてくださったのですが、困ったことに、家に帰っていざ復習すると、結構忘れてしまっていてツボの場所もうろ覚え(苦笑)

 

仕方がないので、後日、探しまくって犬の鍼灸の教科書とDVDをセットで買いました。

 

これが結構なお値段だった上に、獣医師向けの専門的な内容でしたので、理解できるようになるまで、これまた3年くらいかかりました(苦笑)。

 

でも、その内容が理解できるように、専門書を読んでみたり、東洋医学の基本を学ぶうちに、だんだん少しずつ分かるようになってきました。

 

そうなると、その書籍とDVDは本当に充実した内容で今でも私の大事なお宝資料となっています。

 

そんな風に、ツボには

「素晴らしい物なんだけど、初心者にはわかりにくい」

という弱点(私自身はこれを弱点だと思っています。あくまでも個人の考えですが)があります。

 

でも、その弱点のせいで、折角犬の身体のケアに役立つ「ツボ」が多くの犬たちに活用されないのはもったいない。

 

だから、今回の講座のように

「スマホなどで再生しながら、繰り返し、犬の身体を実際に触りながら何度でも練習できる」

というスタイルで、ツボの探し方デモンストレーション動画を附属させた形で、ツボについて、必要を感じる飼い主さんに学んでいただく機会をご提供しているわけです。

 

そもそも

「ツボ療法の何がいいか?」

というと、

「どんな場面でも、諦めずに”できることがある”」

という点。

 

具体的には、病気になって、100%の完治が望めないような場面が犬も人も往々にしてありますが、ツボ療法の場合は、そこで

「ハイ!終わり!」

とは考えません。

 

100%の完治が望めない病気でも、体の痛みを和らげるとか、不安を軽減するとか、睡眠を快適にするとか、身体の冷えの状態を改善するとか

「日常で感じるからだの不快感や不安」

を軽減するために、ツボ療法は役に立ちます。

 

そういう意味では、緩和ケアとちょっと似ているところがあると思います。

 

100%の完治が望めないからハイ終わり!ではなく、病気とは長い付き合いになりそうなんだけど、付き合っていく上で、できるだけ身体の不快感を取り除く方向で出来ることは、実はたくさんあったりします。

 

例えば、

 

・下痢

・便秘

・体の痛み

・自律神経のバランスの崩れ

・不眠

 

といった症状に対応するツボがあります。

 

下痢には「足の三里」がお勧めですし、便秘には「大腸兪(だいちょうゆ)」の指圧やお灸が良いとされています。

 

不眠であれば、気持ちを落ち着ける「三陰交」というツボがお勧めになります。

 

こんな風に、犬が訴える様々な体の不調に対して、使えるツボはたくさんあります。

 

病気が100%キレイさっぱり治ってくれればそれが一番。

 

でも、そうではなく、長い付き合いになるようなケースもありますよね。

 

そういう時、家庭でもできるケアがある、というのは、かなり心強いことだと思いますが今メールをお読みの読者の皆さんは、どう感じますか?

 

「どんな場面でも、”できることがある”」

 

そんな風に、様々な状況に臨機応変に対応できるのが「ツボの指圧・お灸」という東洋医学の知恵です。

 

これが私が、読者の皆さんに「指圧・お灸」を勧める理由その1です。

 

犬だって長く生きていれば、病気との付き合いも出てきます。

 

そんな時、家庭で出来ることを増やしたい、とお考えの場合は、ぜひツボの指圧、お灸について基礎から学んでみることをお勧めします。

 

家庭でも犬のためにできることがある、というのは、飼い主さんにとって、何より心強い味方になるはずです。

●愛犬のためのツボ指圧・お灸講座:詳細の確認とお申し込みはこちらから!
https://menekituo1.inu-gohan.com/

*募集期間は2018年4月20日(水)23:59までです。
*今期の募集人数は30名様です。

本日は以上です。

次号では「お灸・指圧がお勧めな理由:その2」について、お話ししますね。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。