犬の身体によい「脂肪酸」について知ろう!(1)


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、

 

●犬のための食と健康

 

というテーマで、主に手作り食実践中の方のための講座を現在制作中ですが、その資料のひとつとして、昨日からこの本を読んでいます。

 

かなり面白いです。

●なぜ、魚は健康にいいと言われるのか?

 

「魚は身体によい」

 

ということは、何となく知っている方が多いと思います。

 

でも、

 

「何故、魚が体に良いと言われるか?」

 

と聞かれると、ただ何となくで理由まではねえ…とはっきり言えないのではないでしょうか?

 

この「理由」というのが実はかなり大事です。

 

ちなみに、

 

●EPA

 

●DHA

 

という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

 

これはサプリメントとして良く売られています。

 

血液をサラサラにするとか、頭を良くしますよ!というキャッチフレーズで人気の成分で最近では、シニア向けのペットフードなどにも良く配合されています。

 

EPAは「エイコサペンタエン酸」という「脂肪酸」です。

 

DHAは「ドコサヘキサエン酸」という「脂肪酸」です。

 

これらを犬の食生活上で、もし活かしたい場合、大切なのは…、

 

 

—————————————-

●EPAとかDHAって、結局のところ何なの??

—————————————-

 

という基本の理解からスタートすることですね。

 

もちろん、

 

「理由はよくわからないけど、DHA、EPAって体にいいんでしょう?だったら犬にあげればいいじゃない!」

 

という方法でもOKです。

 

 

一方で

 

「体に良いと言われる成分の性質や特徴をちゃんと知って、犬の健康に生かせるよう、調理法や食べさせ方などきちんと理解した上で効率よく取り入れたいわ」

 

という飼い主さんの場合は、きちんとこれらの成分について、基礎知識を持った上で、手作り食に活用するのがお勧めです。

 

というわけで、成分の基本を知りたい!という方は、

 

——————————————-

→ まず、脂肪酸の話から始めましょう

——————————————-

 

ということで、基礎から解説していきますね。

 

脂肪、という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

 

 

「脂肪酸???脂肪とどう違うの???」

 

 

と、目が点になる方も実際多いと思いますのでまずはそこから。

 

 

脂肪酸については、この資料が図解入りで分かりやすいので、ビジュアルから理解したい方はこちらをどうぞ。

●脂質と脂肪酸のはなし
https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/health_promotion/trans_fatty_acid/pdf/100910_3.pdf

 

世の中には「脂肪」と言われるものが存在します。

 

いわゆる「アブラ」です。

 

豚脂(ラード)、牛脂(ヘット)、バターも「アブラ」です。

 

オリーブオイルやごま油も「アブラ」です。

 

ただ、同じ脂でも、常温で液体だったり、固まり(個体)だったり、性質がいろいろ違います。

 

この性質を決めているのが「脂肪酸」です。

 

私たちが日常口にする「アブラ」は「脂質」とも呼ばれます。

 

この「脂質」は「グリセリン」という物質に、「脂肪酸」が3つ結合した形を取っています。

 

それが、この資料の2Pに掲載されている「図」ですね。

●脂質と脂肪酸のはなし
https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/health_promotion/trans_fatty_acid/pdf/100910_3.pdf

 

「グリセリン」というのはアルコールの仲間です。

 

「グリセリン」自体は食品添加物として、甘味料、保存料、保湿剤、増粘安定剤などの用途があります。私たちの口にする食品のなかにも結構入っています。

 

(気になる方はスーパーなどで購入した加工食品のラベルをチェックしてみてください。お菓子などに結構使われています)

 

あとは医薬品や化粧品にも使われています。

 

保湿剤・潤滑剤としての用途です。

 

私も自宅にグリセリンは常備しており、手作り化粧水や犬の身体の乾燥が気になる際の保湿剤として、手軽に使用しています。

 

薬局で普通に買えますよ。

 

そんなグリセリンに「脂肪酸」が3つくっつくと、「脂質」になる。

 

ここまではOKでしょうか?

 

その「脂質」ですが、常温でも固形でいられるラードもあれば、常温では液状のオリーブオイルのようなものもあります。

 

このような「脂質の性質の違い」を司っているのが

 

●脂肪酸

 

です。

 

なので、どういう脂肪酸を食事から体に取り入れるか?によって、体の中での働きが変わって来る、という事です。

 

そして、この脂肪酸にはいろいろな種類があり、健康上、メリットをもたらす多彩な機能を持つものが色々とわかってきていますよ、という話なのです。

 

それであれば、そのような脂肪酸の特徴や機能について知って、積極的に食事に生かすことができれば嬉しいですよね?という事です。

 

特に手作り食を実践中の方の場合、犬に色々な食材を新鮮な状態で食べさせることが可能です。

 

身体によい機能を持つ脂肪酸を含む食材はコレ、とわかれば、スーパに行って、その日から体に良い脂肪酸を含む食材を買ってきて食べさせることができます。

 

これって、手作り食の大きなメリットだと思いますが、今メールをお読みの読者の皆さんは、どうお感じになりますか?

 

では、どういう脂肪酸に、どんな機能があるのか?

 

どんな食材に含まれていて、おすすめの調理法はどんなものか?

 

これについて、次号のメールで引き続きお話ししていきますね。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。