秋は犬の「心臓病」に注意!


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

昨日のメルマガのご感想をいただいたのでご紹介しますね。

 

●昨日の記事はこちら:犬の健康を守るために「普段」から学んでおくべきことは何か
https://www.officeguri.com/archives/7445

———————————————————-

いつもメルマガやネットセミナーでお世話になっています。

 

「医療を受ける側も、病院に足を運ぶだけが医療との関わりではない。」のお話し、うなづきながら読ませてもらいました。

 

あたしは現在看護師で働いています。

 

治療がうまくいったとしても、その後を維持するのは患者さんの意思が左右するという事が理解されていないことが多いな~と感じています。

 

医者も人間。完ぺきではないし、ずっと患者さんのそばにいるわけではないから、短い時間でいかに患者さんから情報提供や検査データーが重要です。

 

でも、実際は「はい、診てください!」と自分の身体なのに人任せ・・。

 

わんこにおいても、普段の様子は獣医さんよりも飼い主さんが一番わかっている事。

 

個人的に、我が仔にとってベストな方法を選択できるのは飼い主さんだと思っています。

 

時には、知識があるゆえに混乱することもありますが(笑)

 

医師や周りが言うからではなく、「我が仔にとってベストな方法は?」という基準で選択できるようにしたいものですね。

 

共感してしまい、長々としたメッセージで失礼しました。

 

これからも、メルマガやセミナー楽しみにしています。

(ELLEさん)

———————————————————-

 

ELLEさん、いつもありがとうございます。

 

>治療がうまくいったとしても、
>その後を維持するのは患者さんの意思が左右するという事が
>理解されていないことが多いな~と感じています。

>医者も人間。完ぺきではないし、ずっと患者さんのそばにいるわけではないから、
>短い時間でいかに患者さんから情報提供や検査データーが重要です。

>でも、実際は「はい、診てください!」と自分の身体なのに人任せ・・。

 

まさに現場の生の声…。

 

人の場合でも大変なのに、動物は自分であそこが痛い、いつから調子悪いと言わないですから輪をかけて大変では?と想像します。

 

だからこそ、動物医療の世界でも生活習慣、気になることなど飼い主側からちゃんと情報提供しないと
伝わらのでは?と思います。

 

最良の結果を得るために、飼い主側も責任を持って「賢く」なる。

 

そうありたいですね。

 

そのための情報や学びを今後もご提供していきたいと思います。

 

メルマガやセミナーを、ELLEさんが楽しんで頂けると、私もとても嬉しいですよ。

 

 

さてここからようやく本編です。

 

秋に起こりやすい、犬の身体の不調シリーズ。

 

今回は、

———————————–

●循環器系疾患(心臓の不調など)

———————————–

です。

 

「僧房弁(そうぼうべん)閉鎖不全症」

 

という病気をご存知でしょうか?

 

何だか聞きなれない病名ですが、犬の心疾患のうち75~85%を占めると言われており、犬にとっては意外に身近な病気です。

 

シニア期に入った小型犬に多発します。

 

遺伝的な要因もあり、

 

●キャバリア

●マルチーズ

 

は特に高確率で起こる病気です。

 

該当する犬種の飼い主さんは、注意が必要です。

 

この病気、すごく簡単にいうと、心臓の中で血液の「流れる方向」をコントロールしている「弁」の病気です。

 

「弁」が心臓内血液の逆流を防ぐ働きをしているのですが、これに異変が起こることで、血液の逆流が起こります。

 

そうすると、

 

●呼吸困難

●運動時に座り込む

●喉にものがつかえたような咳

 

といった症状が出てきます。

 

放っておくとじわじわと心不全へと進みます。

 

で、ですね。

 

この

「僧房弁(そうぼうべん)閉鎖不全症」

 

 

この病気を患っている犬の場合、気温が急に下がり始める「秋」に症状が現れることが多いです。

 

何故かというと、急激に気温が下がることで心臓に【負担】がかかる場面が出てくるからです。

 

気温が下がると、血管が収縮します。

 

すると、血圧がぎゅっと上がります。

 

これは心臓が、ぎゅっと締った状態の血管に向けて血液を送り込むため、より多くの力を必要とすることを意味します。

 

血管が広がった状態であれば、心臓も少ない力で血液を押し出して、それでゆるゆる流れていきますからね。

 

そういう意味で、寒くなり始めの季節は要注意。

 

なので、もし気温が下がってきたと同時に

「なんかうちの犬、最近ちょっと様子がおかしいわ…」

と感じたら、早めに動物病院を受診することをお勧めします。

 

あとは、夏場に「熱い日中」を避けて、早朝散歩を習慣にしていました!という方は多いと思いますが、

心臓の状態によっては

●秋の早朝の冷え込んだ気温

が却って負担になる場合もあるのでぜひ覚えておいてください。

 

理由はすでに述べた通りです。

 

気温によって血圧が左右され、それによって心臓の負担も変化するからです。

 

心疾患がある場合は、冷え込みが始まる秋には早朝ではなく、気温が上がって温かい日中に散歩時間を変えた方が良い場合もあります。

 

(このあたりは、既にかかりつけ医で治療を行っている場合は担当の先生によく相談してみてください)

 

基本的にこの

「僧房弁(そうぼうべん)閉鎖不全症」

は治る病気ではありません。

 

そのため、できるだけ早く発見し治療を開始することが、その後の生活を、長く、良い状態で過ごすための鍵になります。

 

「気温が下がるとこういう症状が出ることがあって、それは心臓病のサインかも?」

 

と知っておくだけでも、病気の早期発見につなげられます。

 

ぜひ愛犬の身体の変化を、季節の変わり目にはチェックしてみてくださいね。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。