毛色によって犬の寿命が変わる!?は本当か


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

さて、今日はたまたまチェックしていたニュースで気になるものがあったのでご紹介しますね。

●チョコ色のラブラドール・レトリバーは短命、研究
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/102500461/

 

これは「チョコラブ」の飼い主さんにとっては「なんんだとおおおおお!」という内容かもしれません。

 

興味のある方はリンク先の記事をじっくり読んでいただくことをお勧めしますが、簡単に言うと

 

「チョコラブが生まれるためには、両親の毛色がチョコレート色でなければならない」

 

という理由のため、交配の範囲が限られ、そのため病気にかかわる遺伝子を受け継ぐ確率が高まったのでは?という見解が述べられています。

 

チョコラブは他のラブラドールに比べると、皮膚病にかかりやすい、というデータもあり、そうしたことも寿命に関連しているのでは?という考え方もあります。

 

だからといって、チョコラブを家族に迎えることを躊躇したり、現在チョコラブと暮らしている方は、必要以上に不安を感じる必要はない、と私自身は考えています。

 

ではなぜ、わざわざこの記事を今回ご紹介したかというと、ここで大事なのは…。

 

————————————————

●犬種ごとに起こりやすい病気を前もって知っておくこと

————————————————

 

これに尽きると思います。

 

あらかじめ、自分の家の犬が「遺伝的にかかりやすい病気」を知っておくことで、病気の早期発見の手助けになります。

 

早めに発見できれば、良い状態で長く、健康を保ちながら、楽しく生活することも可能です。

 

今回の記事はたまたまチョコラブが取り上げられていますが、犬全体をぐるっと見渡すと、人の手による品種改良によって多くの犬種が作られていることが分かります。

 

そうなるとどうしても、遺伝的な問題で、ある犬種は特定の病気にかかりやすい、といったことは出てきます。

 

ただ、こうした問題はすぐには解決できません。遺伝子をそう簡単に変えられませんしね。

 

だからこそ「うちの犬の犬種によくある病気」を知っておく必要がある。

 

参考までに、代表的な「特定の犬種に多くみられる病気」をご紹介しておきますね。

 

——————-

●椎間板ヘルニア

——————-

背筋に沿って激しい痛みを感じ、動けなくなる、足がふらつくなどの症状が起こる病気です。背骨の中にある「椎間板」という部分の変形によっておこります。

 

・ダックスフント

・ペキニーズ

・プードル

 

等に多く見られます。

 

——————-

●僧房弁閉鎖不全症

——————-

 

心臓内での血流をコントロールする「弁」の故障により、血液が心臓内で逆流する病気です。

 

進行すると心不全となります。

 

・キャバリア(3~4歳でほぼ半数の犬)

・マルチーズ(7~8歳で7~8割の犬)

 

特に上記2つの犬種は僧房弁閉鎖不全症を発症しやすいことで有名です。

 

そのため、

 

この犬種はこの病気にかかりやすいんだ

 

と飼い主さんがあらかじめ知っておくことが大事。

 

そうすることで、普段の体調管理に気を付ける、獣医師の定期チェックを受けるなど、事前の対策を行うことができます。

 

——————-

●短頭種気道閉塞症候群

——————-

 

短頭種というのは、一般に「鼻ぺちゃ」という愛称で呼ばれ、その短い鼻が特徴的で愛されている犬種のことです。

 

短頭種気道閉塞症候群は、その短い鼻の構造により起こる、いびきやつらそうな呼吸が特徴の病気です。

 

・ブルドッグ

・パグ

・ボストンテリア

・シーズー

 

などに起こりやすいとされています。

 

 

ざっと3つほどご紹介しましたが、犬種によってまだまだいろいろありますよ。

 

そして、大事なのはむやみやたらに病気をおそれるのではなく

前もって知っておこう

という意志と、正しい知識です。

 

ちなみに私はラブラドール2頭の飼い主ですが、この犬種は

 

●股関節形成不全

 

という、関節の病気になりやすいことで知られています。

 

発症する場合は、1歳ころまでに、ということも知っていましたので、パピー期には歩き方におかしなところがないか?を良くチェックしていました。

 

前もって知っておけば、気を付けて観察できます。

 

病気の兆候も、早く見つけられます。

 

なので、メルマガ読者の皆さんの中で

「そうか、家の犬がかかりやすいとされている病気もあらかじめ調べておこう」

と思った方は、下記の参考書籍がお勧めなのでぜひチェックしてみてください。

イヌ+ネコ家庭動物の医学大百科改訂版

 

 

40ページから、代表的な犬種の紹介が載っているんですが、そこに「かかりやすい病気」の紹介があります。

 

それぞれの病気の紹介も「○○ページ」とすぐにみられるよう、ページ番号も載っているのではじめにそこから調べてみるのがお勧めの使い方ですね。

 

分厚い辞書のような本ですが、1冊あると何かと便利です。価値を感じられる方は購入することをお勧めします。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 
犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。